MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】バリューチェーン(Value Chain)

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

バリューチェーン(Value Chain)とは、製品やサービスが顧客に届けられるまでの一連の活動を、価値創造の観点から系統的に分析する概念です。この理論は、1985年にマイケル・ポーターによって提唱されました。バリューチェーン分析では、企業の内部活動を「主要活動」と「支援活動」の2つに大別し、それぞれの活動がどのように製品やサービスの価値向上に寄与しているかを評価します。

主要活動は、製品の製造や販売に直接関連する活動で、具体的には「内部物流」「生産」「外部物流」「マーケティングとセールス」「サービス」の5つに分類されます。これらは製品の開発から顧客に届けるまでのプロセスに直結しています。

支援活動は、主要活動を効率的に遂行するために必要な裏方の活動です。これには「企業インフラ(経営管理、財務、法務など)」「人事管理」「技術開発(研究開発)」「調達」が含まれます。

バリューチェーン分析の目的は、これら各活動を通じて生み出される付加価値を明確にし、競争優位を確立するための戦略を立てることです。企業は各活動の効率化や差別化を図ることで、製品やサービスの独自性を強化し、市場における競争力を高めることができます。

例えば、ある企業が「生産」活動で高度な効率化を実現しコスト削減に成功した場合、それによって生まれた余剰資源を「マーケティングとセールス」に投資し、ブランド価値を高めることが可能です。また、技術開発に注力することで、製品自体の独自性を強化し、市場での差別化を図ることもできます。

バリューチェーン分析は、単に内部プロセスの効率化を図るだけではなく、外部環境や顧客ニーズに対する深い理解に基づき、戦略的な意思決定を行うための重要なフレームワークです。現代の競争が激しいビジネス環境において、バリューチェーンを通じて継続的な価値創造と革新を目指すことが、企業の持続的な成長の鍵となります。

同義語
バリューチェーン, Value Chain
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/