無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

SEOコンサルタントとは?仕事内容や将来性、資格、年収を解説

SEOコンサルタントとは?仕事内容や将来性、資格、年収を解説

SEOコンサルタントは、企業のウェブサイトの検索エンジン上位表示を実現するための戦略立案と施策提案を行う専門家です。Google検索の仕組みを熟知し、常に最新の動向を捉えながら、企業の目標達成に向けた質の高いコンサルティングを提供することが求められます。

本記事では、SEOコンサルタントの役割や業務内容、必要なスキルセットなどの基礎知識から、実際のキャリアパスや将来性、年収まで、幅広くお伝えしていきます。

目次(クリックしてジャンプ)

SEOコンサルタントとは?

SEOコンサルタントとは、一体どんな存在?

SEOコンサルタントとは、企業のウェブサイトの検索エンジン上位表示を実現するためのコンサルティングサービスを提供する専門家のことです。企業は自社サイトへの集客力向上を目指し、SEOコンサルタントに施策の立案や実行を依頼します。SEOコンサルタントはGoogle検索の仕組みを熟知し、最新のアルゴリズム変更にも素早く対応できる高い専門性が求められます。

SEOコンサルタントの仕事内容とは?

SEOコンサルタントの主な業務は、企業の課題や目標に合わせてSEO戦略を立案し、実行プランを提案することです。具体的には、キーワード選定、サイト構造の改善提案、コンテンツの質の向上、外部・内部対策など多岐にわたります。実行後は効果測定を行い、PDCAサイクルを回してさらなる改善につなげます。企業の目標達成に向けて戦略を練り上げる頭脳労働と言えるでしょう。

SEOコンサルタントに必要とされるスキルは?

SEOコンサルタントに求められるスキルは非常に幅広く、マーケティング理論、Webディレクション、データ分析力、SEO対策の技術知識など様々です。また、クライアントとのコミュニケーション能力や、提案力、課題解決力、論理的思考力なども欠かせません。SEOは常に進化を続けるため、最新のGoogle動向や業界トレンドを確実に取り込む姿勢も重要視されます。

SEOコンサルタントの業務フロー

サイト運営目的を聞いて、SEO戦略を立案する

SEOコンサルタントの業務は、まずクライアント企業のサイト運営の目的や目標を確認することから始まります。コンバージョン獲得なのか、ブランディングや認知度向上なのかによって、SEO戦略は大きく変わってきます。競合他社の状況や自社リソースなども考慮に入れ、効果的な全体戦略を検討します。キーワード選定やコンテンツ方針、内部/外部対策の割合など具体的な計画を練り上げていきます。

具体的なSEO施策を考え、実装へとつなげる

施策の実行に入る前に、クライアントと戦略の共有を行い、承認を得ます。その後、各施策を詳細に設計し、スケジュール化してプロジェクトとして実装していきます。コンテンツ制作、サイト構造の改修、リンクビルディングなど様々な施策がありますが、確実に計画を遂行し、定期的にクライアントへ進捗報告を行います。なお、効果測定は施策開始後から随時行われ、必要に応じて戦略の見直しも図られます。

SEOコンサルタントになるための具体的な方法

どこで、SEOコンサルタントとして活動すべきか?

SEOコンサルタントとしての選択肢は大きく分けて3つあります。ウェブマーケティング会社や専門のSEOベンダー企業に所属する方法、SEOコンサルタントとしての個人事業主となる方法、企業の社内SEOとして働く方法です。それぞれメリット・デメリットがあり、自身のキャリアプランやスキルセットに合わせて選ぶことが重要です。実務経験を積める企業所属が王道ですが、独立後のインカムゲインを狙う人も多くいます。

SEOコンサルタントに未経験からなるには

SEOコンサルタントは未経験からでも目指せる仕事です。しかし、充分な知識とスキルを身につける必要があります。SEO関連の書籍や動画講座を活用して基礎知識を得るのはもちろん、Webマーケティングの基本や、サイト構築、analytics解析など幅広い分野のスキルが要求されます。経験者の下で実践を重ね、確実に経験値を上げていくことが未経験からのベストな道筋でしょう。

資格よりも業界知識やスキルと実績を重視

SEOコンサルタントに特化した資格は存在しませんが、Webマーケティングや分析関連の民間資格を取得することで、基礎的な知識が身につきます。ただし、SEOコンサルタントの世界では、資格以上に実務経験から得られる実践的な知識やノウハウ、確かな実績が重視されます。「自分のSEOコンサルで、どれだけサイトの改善に貢献できたか」が最も大切な評価基準となるのです。

実践的なSEOコンサルタントへの道

幅広いスキルを身につけ、オファーの絶えないSEOコンサルタントになろう

SEOは検索エンジンのアルゴリズム変更に伴い、常に進化を続ける分野です。そのため、SEOの技術的な側面だけでなく、マーケティングの理論、データ分析力、プロジェクトマネジメント力など、多岐にわたるスキルが要求されます。将来的にオファーが途切れることのないSEOコンサルタントを目指すなら、自身のスキルを磨き続け、質の高いコンサルティングを提供し続ける責務があります。

SEOのスキルを身につけると、個人でも会社員でも稼ぎ続けられる

SEOのスキルさえ身につけておけば、個人事業主として活躍できるだけでなく、企業に雇われて活躍することも可能です。SEOは全てのビジネスに関わるスキルだと言えるでしょう。ウェブサイトを持つ企業であれば、SEOの要員を積極的に求めています。会社員として安定した収入を得ながら、副業でコンサルティングも行うなど、柔軟なキャリアを描くこともできるのがSEOのメリットです。

SEOコンサルタントは将来性が高いが、80%の人材が消える理由

SEOコンサルタントという職種自体に将来性は高いと言えます。ただし、傲慢になり、スキルの陳腐化を許してしまうと、簡単に人材として見放されてしまう可能性もあります。近年、SEOツールの発達により、SEOコンサル人材の80%は不要になると指摘されているほどです。Google動向に敏感でなければ、ただのコンサルタントに過ぎなくなってしまうのです。常に最新の知見を取り入れ、クライアントに確実な成果を出し続けることが何より大切です。

SEOコンサルタントとその他の職種との比較

WebマーケターとSEOコンサルタントとの違いは?

WebマーケターとSEOコンサルタントはよく似た仕事のように見えますが、明確な違いがあります。WebマーケターはWebサイト全体の集客戦略を立案する役割で、SEOだけでなく、リスティング広告やSNSマーケティングなど様々な手法を用います。一方、SEOコンサルタントは、検索エンジンからの集客に特化した専門家です。SEOコンサルタントはWebマーケティング全般の知識は必要ですが、業務範囲がSEOのみに特化していると言えます。

SEMコンサルタントとSEOコンサルタントとの違いは?

SEMとは「Search Engine Marketing」の略で、リスティング広告による検索エンジンマーケティングを指します。SEOコンサルタントはSEO(検索エンジン最適化)に特化しているのに対し、SEMコンサルタントはリスティング広告の運用が主な業務となります。リスティング広告はWeb上の商業広告で、広告主が検索キーワードに対して入札し、上位に広告が表示されるしくみです。SEMとSEOでは全く異なるスキルセットが要求されますが、組み合わせて実施することで最大のWeb集客効果が期待できます。

SEOディレクターとSEOコンサルタントの違いは?

SEOディレクターは、SEOの実務をディレクションする立場の人材です。主にWeb制作会社に所属し、制作フェーズからサイトのSEO対策をリードしていきます。一方のSEOコンサルタントは、企業の外部から客観的立場で課題を分析し、施策の提言を行います。SEOディレクターはコーディングやフロント実装の技術的なスキルが高い必要がありますが、SEOコンサルタントは戦略立案能力やコミュニケーション力が求められます。役割は異なれど、SEO対策においては車の両輪の存在と言えるでしょう。

SEOコンサルタントの年収

SEOコンサルタントの年収は経験年数と実績により大きく変動する

SEOコンサルタントの年収は、経験年数や実績によって大きく変動します。未経験で就職する場合は、Web制作会社やSEOベンダーなどで年収300万円前後が一般的でしょう。しかし、実務経験を3年以上積み重ね、確かな実績を持つようになれば、年収500万円を超えるケースも多くなります。優秀なSEOコンサルタントであれば、年収700万円以上も夢ではありません。

SEOコンサルタントとして独立開業すれば高年収も可能だが、リスクも高い

SEOコンサルタントが独立開業し、個人事業主としての道を選ぶ場合も少なくありません。これには大きなメリットがあり、顧客開拓次第では非常に高収入を得ることが可能です。実力次第で年収1,000万円以上を稼ぐスーパーコンサルタントも存在します。ただし、独立には営業力や経営ノウハウが必要不可欠で、事業リスクも高くなります。専門性の高さと起業家精神の両方が問われる道と言えるでしょう。

大手Webコンサルの社員になれば800万円以上も

一方で、大手のWebマーケティング会社に社員として勤務するケースでは、経験者で年収800万円以上の待遇を得ることも珍しくありません。大手ならではの教育体制の下で着実にスキルを磨き、幹部職へとキャリアアップできるため、コンサルタントとしての高年収が期待できます。ただし、企業により年収水準は差があり、業績次第では減給のリスクもあります。安定性とインカムゲインのどちらを重視するかによって選択が分かれるでしょう。

SEOコンサルティングの理解

SEOコンサルティングとは?

SEOコンサルティングとは、企業のWebサイトの検索エンジン上位表示を実現するための専門的な提案やサービスを指します。SEOコンサルタントが実施するコンサルティングには、キーワード選定、改善提案、コンテンツ対策、リンク対策など様々な施策が含まれます。

企業側としては、自社内で完結するのが難しいSEOの専門性について、外部のコンサルタントに依頼し、成果を出すための協力体制を組むことになります。

自社に適したSEOコンサルティング会社に依頼して、満足できる成果を出そう

SEOコンサルティングを依頼する際は、会社の規模、業種、予算に合わせて最適なSEOコンサルティング会社を選ぶ必要があります。大手のWebマーケティング会社であれば、高額な報酬が必要になりますが、確かな実績とリソースを期待できます。個人のフリーランスコンサルタントであれば、コストを抑えられる反面、稼働に制限がある場合もあります。自社サイトへの期待値を明確にした上で、新規契約の前には必ず事例などを確認しましょう。

SEOコンサルタントのキャリアパス

ファーストキャリアが【SEOコンサルティング会社】であるメリット

キャリアの土台を築くうえで賢明な選択だと言えます。実践を重ねることで、SEOの深い専門知識と確かな実務スキルを身につけることができるのです。そうした経験を糧に、次のキャリアステップとして独立やWeb制作会社などでのディレクター職を視野に入れることができます。SEOベンダーでの実務から始めることで、その後のキャリアパスの選択肢が広がるメリットがあります。

SEO対策の重要性と今後の動向

Googleの検索シェア拡大により、SEOの重要性は高まる一方

近年のGoogleの検索シェア拡大に伴い、SEO対策の重要性はますます高まっています。2022年時点でGoogleの国内検索シェアは85%を超え、検索エンジンの事実上の標準として君臨しています。つまり、多くの人々がGoogleで情報を探しており、企業がGoogle上位に表示されなければ見られる機会を失ってしまうのです。そのためSEOは企業の認知拡大やWeb集客に不可欠な要素となっており、今後さらにその重要性が増していくことは間違いありません。

AIの進化でSEOも変化、SEOコンサルティングの価値が高まる

一方で、AIの技術進化によりSEOの手法自体も進化を遂げています。GoogleのAIアルゴリズムが高度化するにつれ、従来のテクニカルなSEO対策のみではなく、コンテンツの質の向上といった新たな要素が重視されるようになってきました。このようにAIの影響を受けてSEOの在り方が変化する中で、高度なコンサルティング力を発揮できるプロフェッショナルの価値がこれまで以上に重要視されていくことでしょう。

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料