SEO内製化は実現できる?「1問1答」でよくある疑問を解決!【ナイルのSEO相談室】

SEO内製化は実現できる?「1問1答」でよくある疑問を解決!

自社サイトへの流入を増やすには、SEO対策が重要です。SEOはプロに外注する以外に、自社でSEOを行う「SEO内製化」を目指す方法があります。

SEO内製化(=インハウスSEO)のメリットは、自社サイトにおけるSEOの知見が社内で蓄積できること、外注費削減などが挙げられます。しかし、SEO施策は多岐にわたるため、SEO担当者を確保し、きちんと計画を立ててから実行することが重要です。

この記事では、【ナイルのSEO相談室】がSEO内製化に関するよくある質問を「1問1答」形式でわかりやすく解説。SEO内製化を実現するための必要なリソースやツール、プロセスを詳しく説明します。

SEO内製化できる企業の条件は?

まずは、SEO内製化が実現できる企業の条件を確認しましょう。

1. SEO担当者をつけられる

SEO業務は、多くの作業時間と専門知識が必要です。また、自社サービスの理解はもちろん、業界のトレンドを把握し、適切なキーワード選定と企画を作らなければいけません。そのため、他の業務とSEOの兼務をしながら成果に繋げることは難しいでしょう。本気でSEO内製化を目指すのであれば、SEOの専任者を置くことは必要不可欠です。

2. SEOの重要性が社内で理解されている

SEOに取り組むことで「自社にとってどのようなメリットが生まれるのか」といった、SEOの重要性を社内で理解してもらうことはとても重要です。

SEO内製化を目指すのであれば、SEO担当者の配置や、サイト改善に関するリソース管理も発生するでしょう。また、SEOには長期的に実施することで効果を発揮する施策も多いため、上長だけでなく、経営層から理解を深め、社内全体の理解を得ることも必要です。

こうしたポイントを明確にしておかないと、「SEOに取り組んだけどなんか効果が出なかった…」といったことに繋がることも。周囲の理解を得るためにも、自身の中で「SEOに取り組む意味」「取り組むことで得られるメリット」は明確にしておきましょう。

3. 日常的にSEOの情報収集をすることができる

SEOを外注する場合は、ベンダーから定期的な「SEO最新情報」「他社の施策事例」といった情報が共有されるのが一般的です。しかし、自社でSEOを行う場合には、自ら積極的に国内外の情報を収集しなければなりません。Googleの最新動向は、SEO対策には欠かせない情報です。ウェビナーへの参加なども効果的でしょう。

SEO内製化のメリットは?

SEOは、多くの知見や技術が必要であり、日々の順位変動に対応するか否かを判断できるような経験も必要になります。そのため、自社ですべてのSEO業務を行うことは、とても難易度が高いです。一方で、SEOを自社で行うメリットも、その分大きいのです。

スピーディーなSEO施策が可能

SEOを外注している場合、社内決裁が必要ですが、自社で行えばその必要はありません。また、SEO施策はマーケター、エンジニア、編集者、ライターといった多くの人と連携しながら進行していきます。すべての工程を自社で行えば、その分コミュニケーションコストを下げ、実施スピードを早めることができます。

SEO外注費の削減

当たり前ですが、SEOを外部委託すれば外注費が発生します。施策内容によって変動はしますが、月平均で数十万、またはそれ以上かかる場合もあるでしょう。自社でSEOを行えば、外注費は削減できます。しかし、社内の人件費はかかりますので、どちらの方が費用対効果が高いのかしっかり確認しておきましょう。

社内にSEOの知見を溜められる

SEO内製化のメリット2つ目は「社内にSEOの知見を溜められる」ことです。SEO担当の人材育成をしつつ、継続的に効果的なSEOを実施できるようになります。SEOが広告と異なり、中長期的な施策だからこそ、日々自社でのノウハウを積み重ねることは、大きな財産になっていくでしょう。

コンテンツの品質が担保できる

SEO対策コンテンツは、専門性のある信頼できる情報を届けることが重要です。自社のサービスや専門知識を持たない人よりも、業界や顧客ニーズを熟知した自社スタッフがSEOコンテンツを手掛けることで、より有益なコンテンツを届けることができるでしょう。

SEO内製化にデメリットはあるの?

SEO内製化のデメリットは、「自社で情報収集しなくてはならない」ことです。有効なSEO施策をするには、自社でWebマーケティングの最新情報をキャッチし、アップデートしなくてはいけません。

SEO内製化はどのようなステップが必要?

SEO内製化の実現に向けた具体的なステップをご説明します。まずは、インハウスSEOに協力的な外部のコンサルティングサービスを探しましょう。弊社(ナイル株式会社、以下ナイル)のSEO内製化サービスを例にあげると、「検討期」「導入期」「運用期」「卒業期」4つのステップで進めていきます。

SEO内製化に協力してくれるコンサルを検討した後、導入期では貴社の目指す内製化の定義を定め、実現に向けたリソースや費用を明確にした上でスケジュールを決めていきます。運用期は、プロのコンサルからコーチを受けながら、知見を付けていきます。そして最終的に、卒業期には一人立ちして運用を行うプロセスです。

SEOの内製化に必要なリソースは?

「インハウスSEOって何人くらい必要ですか?」と良く質問されます。しかし、どれほどの人手が必要なのかは、会社やサイト規模によって変わるため明確な回答はできません。ただ、繰り返しになりますがSEO業務は多岐にわたるため、正直いくらいても足りないくらいなのです。

インハウスSEOに必要な業務を大きく5つに分けると、「目標設定」「社内折衝」「サイト改善」「コンテンツ制作」「コンバージョンの最適化」です。まずは、社内リソースを、どこにどれだけ割けるのか考慮し、コンサルに相談してみましょう。現在すべてのSEOを外部に委託しているのであれば、段階的にリソースを増やしながら内製化していくことも有効でしょう。

SEO内製化にツールは必要?

自社でSEOを行うには、いくつかの解析ツールやキーワード調査ツールが必要になるでしょう。無料ツールから有料ツールまで7つのツールを紹介いたします。

コレだけは欠かせない!マストなツール2選

まずは、SEO内製化に必要不可欠な「効果計測用ツール」を2つ紹介します。

効果計測ツール

・Googleアナリティクス

Googleアナリティクス

Google提供の無料アクセス解析ツール

・Google Search Console(グーグルサーチコンソール)

Googleサーチコンソール

同じくグーグル提供の無料ツールで、サイト訪問前のユーザーの動きもチェックできる

使って欲しい!ツール3選

マストなツールが揃ったら、次はSEO担当者に使って欲しいツール3選を紹介します。

キーワード調査ツール

・Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナー

関連ワードを入力すると、候補が提案される。検索ボリューム、競合性などが一覧で見ることができるが、Google広告に一定額の広告出稿しないと、詳細データは取ることができない仕組み

・Googleトレンド

Googleトレンド

検索キーワードの検索回数を測定し、文字通りトレンドを読み取ることができる

・ラッコキーワード

ラッコキーワード

関連キーワードを調査するツール

必要に応じて活用!有料ツール2選

最後は、必要に応じて使って欲しい有料ツール2選を紹介します。

有料ツール

・ahrefs(エイチレフス)

ahrefs(エイチレフス)

被リンク調査や、競合のサイト分析、検索ボリューム調査など幅広く分析ができる

SEMRush(セムラッシュ)

SEMRush(セムラッシュ)

これ一つで完結できるほど、必要な機能がまとまっている世界的に有名なSEOツール

一部を内製化することも可能?

SEOの技術的な知見が増えても、コンテンツ制作に割けるリソースまですべて自社で体制をつくることは難しいでしょう。そのため、SEOすべてを内製化するのではなく、一部のSEO施策のみを外部に委託する「セミインハウスSEO」という方法もあります。自社の状況に合わせたステップを踏み、うまく併用しながら、タイミングを見ながら完全なインハウスSEOを目指すことも可能です。

SEO内製化の費用対効果は?

SEOを自社で行うことのメリットに、外注費削減をあげました。では、一体どのように費用対効果を測ればいいのでしょうか。費用対効果は、「費用対効果(ROI)=利益(売上ー売上原価ー投資額)÷投資額×100%」で算出可能です。

例えば、売上500万、売上原価350万円、投資額100万の場合は以下の通り。

(500万ー350万ー100万)÷100×100%=50

ROIの数値が高いほど、費用対効果が良いということになります。インハウスSEOの場合は、外注費を含めた「投資額」を抑えられ、アウトソースの場合は売上原価となる「人件費」を抑えられます。費用対効果は、トータルの利益と投資額を把握して比較してみるといいでしょう。

SEO内製化(インハウスSEO)のまとめ

では、最後にSEO内製化に関する要点をまとめておきましょう。

  • SEO内製化の条件は「SEO専任者をつける」「SEOに対する社内理解がある」「情報収集できる」
  • メリットは「外注費削減」「社内の知見が増える」「スピーディーな施策実行」「信頼性のあるコンテンツ制作」
  • 初めからSEO全てを自社で行う「インハウスSEO」を目指すより、まずは外注と併用し「セミインハウスSEO」から実行する方法もある
  • 「費用対効果(ROI)=利益(売上ー売上原価ー投資額)÷投資額×100%」で、費用対効果の算出が可能

【ナイルのSEO相談室】を運営するナイル株式会社では、SEOのコンサルティングサービスはもちろん、「SEO内製化支援サービス」も行っています。貴社の状況をヒアリングした上で、インハウスSEOの実現に向けて何が必要なのか、どのように進めればいいのか、ご提案させていただきます。

◇無料相談はこちら:
https://www.seohacks.net/contact/

◇「SEO1問1答・全30問」の資料ダウンロードはこちら:
https://www.seohacks.net/ebook/11119/

◇SEOに関してより詳しく知りたい方はこちら:
https://www.seohacks.net/blog/1066/