無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

NTTビジネスソリューションズ、対話型AIツール「karafuru AI(仮称)」提供へ AIが考え方をアドバイス

NTTビジネスソリューションズ、対話型AIツール「karafuru AI(仮称)」提供へ AIが考え方をアドバイス

 NTTビジネスソリューションズ株式会社は、対話型AIツール「karafuru AI(仮称)」のサービスリリースを発表した。このツールは、生成AIを活用してアンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)をチェックし、職場でのコミュニケーション改善に貢献することを目的としている。社内での100名規模のトライアルを経て、有効な結果を得たことから、ダイバーシティ経営に積極的な複数の企業と実証実験を行っている。

NTTビジネスソリューションズ、対話型AIツール「karafuru AI(仮称)」提供へ AIが考え方をアドバイス

 「karafuru AI」は、利用者が設問に対する自分の考えを入力すると、生成AIが即座にアンコンシャス・バイアス度をチェックし、考えの傾向や改善に向けたアドバイスを提示する。このサービスは、パソコンやスマートフォンから簡単に利用でき、組織全体の課題感を抽出するレポーティング機能も備えている。レポートは、DE&I(ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン)の推進に深い知見を持つ企業の監修を受けた内容で構成されている。

 サービスの特長としては、日本初の生成AIを活用した対話型ツールであること、組織全体の課題感を抽出するレポーティング機能、さまざまな切り口での設問を用意して広範な分野をカバーしていることが挙げられる。サービス提供開始予定時期は2024年7月1日で、全国で提供される予定だ。

 このサービスにより、性別や国籍、世代間ギャップを越えた多様性のある組織の構築と、DE&Iの推進に貢献することが期待されている。今後、生成AIを活用したサービスをさらに進化させ、業務支援サービスへの展開や、大規模言語モデルとの連携によるAI回答の精度や専門性の向上も検討されている。

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料