第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

ニュース記事の編集方針

MARKETIMES(マーケタイムズ)のニュース記事における編集方針や公開フローを紹介します。

ニュース記事の編集方針

ニュースソースの信頼性を重視

私たちは、ニュース記事の元となるソース情報の信頼性を重視しています。情報元の企業の実態調査や直近の発信内容を調査した上で、独自の信頼性判断基準でニュース記事化しています。

当サイトではニュース記事の正確な情報発信に努めます。

報道の中立性を重視

私たちは、パブリッシャーという立場上、高い中立性を保つ必要があると考えています。また、当然のことですが法令やルールの遵守も徹底し、自覚と責任を持って報道していきます。

不適切な情報・コンテンツ排除を重視

私たちは、以下の情報・コンテンツを掲載しないよう徹底した運用を実施します。

法令違反

  • 犯罪または犯罪の助長にあたる情報・コンテンツ(犯罪・自殺予告、犯罪・自殺助長、恐喝、詐欺、フィッシングなど)
  • 著作権違反などの知的財産やその他の権利を侵害する情報・コンテンツ
  • プライバシーの侵害にあたる情報・コンテンツ

公序良俗に反する内容

  • わいせつな内容や不快、下品な内容を含む情報・コンテンツ
  • 暴力的な内容を含む情報・コンテンツ
  • 特定の個人(公人を含みます)に対する人権侵害、誹謗・中傷に該当しうる情報・コンテンツ
  • 特定の地域や家柄、障がい者、性別、職業、LGBTなどへの差別的な内容を含む情報・コンテンツ
  • 特定の民族や国に対する差別やヘイトスピーチにあたる情報・コンテンツ

悪質な批判

  • 被害者・被害者の親族、加害者・加害者の親族および関係者などに対する人権侵害、誹謗・中傷に該当しうる情報・コンテンツ
  • 根拠のない批判や全否定的な情報・コンテンツ

商用・宣伝目的

  • 特定のサイトへの誘導など、広告を目的とした情報・コンテンツ
  • 宣伝行為や布教活動、抗議活動の扇動、またはそれに準じる行為

その他

  • 当社が不適切とみなす情報・コンテンツ

ニュース記事の編集・公開フロー

ステップ1
ニュース記事ソースの探索
編集部のニュース担当チームによりマーケティング・広告に関連するニュースソースを毎日探索しています。大手プレスリリースサイトや業界リーダーのコーポレートサイト、当サイトに寄せられた情報などを元に、ニュース記事の元になる情報を見つけます。
ステップ2
ニュース記事ソースの選定
編集部内で、当サイトのコンセプトや業界注目度、編集方針に沿った記事ソースの選定を行います。
ステップ3
ニュース記事の作成・編集
担当の編集スタッフがニュース記事のソースや取材内容を入念に確認した上で、最も伝えるべき内容にまとめていきます。
ステップ4
ニュース記事の校正・推敲
担当の編集スタッフがニュース記事の作成・編集後、専用の記事校正・推敲ツールを使用して誤字脱字や表現の統一感、推敲作業を実施します。
ステップ5
ニュース記事の編集長チェック
編集スタッフが作成・編集した記事を公開前に編集長が目視チェックを実施します。
ステップ6
ニュース記事の公開
厳格なステップを経て、ニュース記事が公開されます。

MMD

MMD-banner