無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

ショート動画サービスの利用率1位はYouTubeショート 視聴頻度ではTikTokが1位【ADKホールディングス調査】

ショート動画サービスの利用率1位はYouTubeショート 視聴頻度ではTikTokが1位【ADKホールディングス調査】

 株式会社ADKマーケティング・ソリューションズは、ショート(縦型短尺)動画に関する最新の調査結果を発表した。この調査は、YouTubeショート、Instagramリール、TikTokなどの利用実態および縦型短尺動画広告の効果を把握することを目的としている。

 調査結果によると、YouTubeショートやInstagramリールの利用率がTikTokを上回っていることが明らかになった。特に、多くの性年齢層でYouTubeショートの利用率が首位となっており、女性15歳~29歳ではInstagramリールの利用率が高くなっている。これは、YouTubeやInstagramが既に確立した支持基盤を持っているため、ショート動画機能に限定してもTikTokより多くの利用者が存在することを示している。

ショート動画サービスの利用率1位はYouTubeショート 視聴頻度ではTikTokが1位【ADKホールディングス調査】

 また、TikTok利用者の過半数が「ほぼ毎日」TikTokを視聴しており、視聴頻度と視聴時間においてリードしていることが分かった。これは、TikTokがプラットフォームとしてのリーチが限定的であっても、広告配信および最適化の機会が豊富にあることを意味する。

ショート動画サービスの利用率1位はYouTubeショート 視聴頻度ではTikTokが1位【ADKホールディングス調査】

 さらに、YouTubeショートでは「アニメ」や「ゲーム」、Instagramリールでは「ファッション」や「料理」などの動画が他のプラットフォームと比較してよく視聴されている。これは、利用者の性年齢や興味が反映されていると考えられ、視聴したい内容によってプラットフォームが使い分けられている可能性がある。

 広告の評価に関しては、TikTokやInstagramリールが「つい見てしまう」「印象に残る」といったポジティブな項目で高く評価されている。広告接触後の行動についても、これらのプラットフォームは「広告の商品について話した」「購入した」といった経験につながっている傾向が見られる。

 この調査は、株式会社インテージによるインターネット調査で、全国の15歳~49歳の男女かつ対象アプリで週1回以上動画を視聴している人を対象に実施された。調査期間は2023年11月6日から11月9日までで、スクリーニング調査10,091名、本調査4,426名が参加した。

 ADKマーケティング・ソリューションズは、今回の調査結果を踏まえ、ショート動画広告の効果的な活用を追求し、クライアント企業のビジネス成果への貢献を目指している。

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料