【2022年10月】動画編集スクール・講座おすすめ比較ランキング29選|社会人向けオンラインスクールも紹介

動画編集スクールおすすめ

本記事ではおすすめの動画編集スクールを様々な視点で比較紹介しています!

また動画編集スクールを受講することのメリットやデメリットに加え、スクールの選び方についても徹底解説!

自分に合ったスクールを見つけて、新たな仕事にチャレンジしてみましょう!

迷ったらココ!おすすめの動画編集スクール3選
  1. 注目studio US(スタジオ アス)
    当サイトから最も無料説明会の予約が多いスクール!

    最近話題の月4,584円~学べる動画編集オンラインスクール!未経験からプロの動画クリエイターを目指す!
    公式サイト:https://studio-us.org/


  2. 注目デジハク(DIGITAL HACKS)
    当サイトから無料相談の予約急増中!(2022年4月)
    \教材がずっと見放題/自宅からオンライン学習で『プロ動画クリエイター』を目指す!副業サポートが安心の動画制作スクール!
    公式サイト:https://digital-hacks.jp/


  3. ヒューマンアカデミー 動画クリエイター講座
    映像見放題・質問回数無制限!月6,300円から学べる人気スクールの講座!オンラインでも通学でも受講可能!
    公式サイト:https://haa.athuman.com/academy/videoeditor/


おすすめの動画編集スクール・講座【比較表付き】

おすすめの動画編集スクールを比較してみよう!

動画編集スクール
スクール・講座の特徴
コース・費用
チャットサポート
マンツーマン制
キャリアサポート
案件紹介制度
受講期間
受講形式
評判・口コミ
運営会社
おすすめ動画編集スクール「studio US(スタジオアス)」
studio US(スタジオアス)
公式サイトはこちら
・いつでもどこでも受講し放題
・受講中はプロ講師が質問を受け付け
・700本以上の豊富な動画素材
・業界で今活躍しているハイクオリティな講師陣
・大量の案件を用意があり、高単価案件にも参加可能
動画編集コース
55,000円~
ありなし未確認あり最短2ヵ月オンライン型studio US
(スタジオアス)の
評判・口コミ
株式会社AHGS

おすすめ動画編集スクール「デジハク」
デジハク
公式サイトはこちら
・未経験者を対象にしたスクール
・24時間好きな時間に受講・学習
・基礎からしっかり学べる
・副業/独立サポート
・業界最安級のオンラインスクール
デジハクコースREG
148,000円〜
ありありありあり3ヶ月~オンライン型デジハクの
評判・口コミ
UNIT BASE株式会社
おすすめ動画編集スクール「ヒューマンアカデミー動画編集講座」
ヒューマンアカデミー
動画編集講座

公式サイトはこちら
・就転職時やコンペで有利になポートフォリオ制作
・質問回数無制限
・映像見放題
・オンラインも通学もブレンドも選べる学習スタイル
・受講前から週転職までカウンセラーがサポート
6ヵ月 213,400円(税込)~ありありあり未確認6ヶ月~オンライン型
教室通学型
ヒューマンアカデミー
動画編集講座の
評判・口コミ
ヒューマンアカデミー株式会社
おすすめ動画編集スクール「MOOCRES(ムークリ)」
MOOCRES(ムークリ)
公式サイトはこちら
・講師は現役の動画クリエイター
・1クラス15名の少人数指導
・PCを受講期間中に実質無料でレンタル可能
・無制限オンラインサポート
・映像制作会社との連携で仕事の受託も可能
5ヵ月 660,000円(税込)
ありなしありあり5ヵ月オンライン型
教室通学型
MOOCRES(ムークリ)の
評判・口コミ
株式会社イケてるやつら
おすすめ動画編集スクール「MOVA」
MOVA
公式サイトはこちら
・講師は全員現役動画クリエイター
・課題動画制作やチームでの撮影など実践中心の学習
・編集スキルだけでなく撮影や企画構成を学習
・案件獲得に不可欠な提案書の作成から制作の流れまで学習
・20人の少人数授業
12ヵ月 660,000円(税込)未確認未確認未確認未確認12ヵ月教室通学型MOVAの
評判・口コミ
株式会社EWC
おすすめ動画編集スクール「デジタルハリウッド STUDIO by LIG」
デジタルハリウッド
STUDIO by LIG

公式サイトはこちら
・トレーナーによる個別指導
・撮影スキルも学べる撮影実習
・卒業後も学び続けられるコミュニティ
・オンライン・オフラインでの質問無制限
・案件紹介あり
3ヵ月 330,000円~ありありありあり3ヶ月~オンライン型
教室通学型
デジタルハリウッド
STUDIO by LIGの
評判・口コミ
株式会社LIG
おすすめ動画編集スクール「TechAcademy 動画編集コース」
TechAcademy
動画編集コース

公式サイトはこちら
・短期間で結果を出す無駄のないカリキュラム
・週2回のマンツーマンメンタリング
・毎日のチャットサポート
・回数無制限の課題レビュー
・転職サポートサービス「TechAcademyキャリア」を用意
4週間プラン
174,900円~
ありありありあり4週間オンライン型TechAcademy
動画編集コースの
評判・口コミ
キラメックス株式会社
おすすめ動画編集スクール「Internet academy(インターネット・アカデミー)動画編集講座」
インターネットアカデミー
動画編集講座

公式サイトはこちら
・「キャリアプロデューサー」が受講中はもちろん、卒業後もサポート
・受講生・卒業生限定のWeb専門の求人情報
・オンライン質問対応サービス
・母体制作会社の現場のノウハウ
・Web技術の世界最高位の団体「W3C」のメンバー
動画編集講座
184,800縁
ありありあり未確認全8回オンライン型インターネットアカデミーの
評判・口コミ
インターネット・アカデミー株式会社
おすすめ動画編集スクール「DMM WEBCAMP 動画クリエイターコース」
DMM WEBCAMP
動画クリエイターコース

公式サイトはこちら
・AdobeのサポートでCloud コンプリートプランを2ヶ月分無償提供
・マンツーマンのメンタリング
・毎日できるチャットサポート
・受講生限定の副業サポート
・返金保証制度
169,800〜ありありありなし未確認オフライン型DMM WEBCAMP
動画クリエイターコースの
評判・口コミ
株式会社インフラトップ
おすすめ動画編集スクール「プロクリ」
プロクリ
公式サイトはこちら
・最短1ヶ月で副業デビュー
・コーチング式動画クリエイター講座
・動画制作事業を行っている会社が運営
・案件獲得支援があり
・現役クリエイターが講師
未確認未確認ありなしあり未確認オンライン型DMM WEBCAMP
プロクリの
評判・口コミ
おすすめ動画編集スクール「PLAY BACK」
PLAY BACK
公式サイトはこちら
・プロのパフォーマーの動画素材を使⽤して課題の制作
・講師陣は第一線で活躍中のクリエーター
・卒業⽣同⼠が繋がるコミュニティに参加可能
・現地受講プランとオンライン受講プランあり
・受講生だけが参加できる非公開のFacebookコミュニティ
オンライン受講プラン
実写編集コース:全8回
110,000円 ~
ありなしなし未確認2ヵ月オンライン型
教室通学型
準備中株式会社EPOCH
株式会社 VIXI
おすすめ動画編集スクール「レバレッジエディット」
レバレッジエディット
公式サイトはこちら
・実践的な動画編集スキルを「体系的」に「最短」で学べる動画学習教材
・業界初、プロの編集を完全再現する学習カリキュラム
・0から、確度高く、高単価の案件が獲得できるまでの徹底サポート
・サンプルをいじるだけ・・・から卒業できる本質的な学びの体験
・講座受講生は会員限定グループへ招待
59,800円未確認なしなしなし買い切り型オンライン型レバレッジエディットの
評判・口コミ
株式会社N8tive Works
おすすめ動画編集スクール「クリエイターズジャパン プレミアプロ講座」
クリエイターズジャパン
プレミアプロ講座

公式サイトはこちら
・徹底した初心者目線のわかりやすい動画講義
・1ヶ月1日1時間でカリキュラムを1周できる
・文字テロップ、エフェクト、アニメーション等のテンプレートを提供
・楽しく切磋琢磨できるオンラインサロン
・LINE@で個別サポートにも対応
79,800円(税込)ありなしなしなし買い切り型オンライン型クリエイターズジャパン
プレミアプロ講座の
評判・口コミ
ハズム株式会社
おすすめ動画編集スクール「MovieHacks」
MovieHacks
公式サイトはこちら
・YouTube特化型の動画編集講座
・講師はYouTuberや企業からの依頼で動画編集を行っている現役プロ
・買い切り型の講座でLINEによる無制限の質問サポート
・ノウハウだけでなく実技を模倣できる
・動画編集のお仕事案内所参加権利
69,800円(税込)ありなしなしなし買い切り型オンライン型MovieHacksの
評判・口コミ
株式会社スキルハックス
おすすめ動画編集スクール「SHElikes(シーライクス)動画編集コース」
SHElikes(シーライクス)
動画編集コース

公式サイトはこちら
・多彩なジャンルのカリキュラムが「受け放題」
・学習で躓いた点や分からないことはいつでも質問可能
・SNSで目を引く、アニメーション動画を作成
・実践を交えつつ丁寧に学べる実践経験豊富な講師
・月一回のコーチング
12ヶ月プラン
税込 8,984円
ありなしなしなし月額制オンライン型 SHElikes(シーライクス)
動画編集コースの
評判・口コミ
SHE株式会社
おすすめ動画編集スクール「WINスクール」
WINスクール
公式サイトはこちら
・プロ講師陣による一人ひとりにあわせた「個人レッスン」
・デザイン業界の声を取り入れた実践的なカリキュラム
・個別キャリアカウンセリングで就職・転職サポート
・教室でもオンラインでも個人レッスンで受講可能
・講師は、現場で活躍する人材を育てるプロフェッショナル
YouTube動画制作実習プラン
65,120円~
未確認ありあり未確認3ヵ月オンライン型
教室通学型
準備中ピーシーアシスト株式会社
おすすめ動画編集スクール「LOOKTONE」
LOOKTONE
公式サイトはこちら
・日本で一番売れているAE本の著者が運営するAfterEffectsのスクール
・閑静な住宅街にある落ち着いた環境・少人数制スクール
・再受講や配信受講の永続利用に関して、別途受講料不要
・講座の修了後は無料・更新費無しで、いつまでもオンラインで受講可能
・実習時間内はFacebookの無料通話機能を活用して電話で質問可能
Master Class
770,000円
あり未確認未確認未確認全43回(12ヵ月)オンライン型
教室通学型
準備中クリエイティブラボ ルックトーン
おすすめ動画編集スクール「BYND」
BYND
公式サイトはこちら
・トレンドやモチベーションが変わらない1ヶ月という期間で習得
・実際の撮影スタジオで五感を使って学ぶスタジオ授業
・PC持ち込みで、制作環境を自分流にカスタマイズ
・セッションはライブ配信
・受講期間中はアーカイブ動画として何度でも視聴可能
ビデオグラファー
税込 96,800円~
未確認未確認未確認未確認1ヵ月通学型準備中HLYWD INC.
おすすめ動画編集スクール「セカジョブ」
セカジョブ!
公式サイトはこちら
・オンラインで受講完結
・現役クリエイター監修
・挫折させないサポート体制
・一気通貫のサポート
・受講生コミュニティ
短期コース
¥250,800(税込)
あり未確認あり未確認約3ヶ月オンライン型セカジョブ!の
評判・口コミ
株式会社MOSQIIIT

MOOV School
MOOV SCHOOL
公式サイトはこちら
・マンツーマンでプロが教える成果の高い個別指導
・一人一人の目的や要望に合わせたオリジナルのカリキュラムを作成
・時間外も安心のフォロー体制
・受講したい日時を自由に選択可能
・1講習(60分)6,000円で受講可能
1講習 6,000円〜
ありあり未確認未確認1講習60分制オンライン型準備中株式会社ロックハーツ
おすすめ動画編集スクール「宣伝会議 Web動画クリエイター養成講座」
宣伝会議
Web動画クリエイター
養成講座

公式サイトはこちら
・Web動画制作に必須の要素を網羅
・受講期間中から成果が出る『受講サイクル』
・最高の成果につながる『各講義後の実践内容』
・修了後もつながり続ける『専用コミュニティ』
・売れる動画、バズる動画を目的とした"Web動画"を作成
Web動画クリエイター養成講座
税込 99,990円
未確認なし未確認未確認全8回オンライン型準備中株式会社宣伝会議
おすすめ動画編集スクール「副業の学校 動画クリエイター講座」
副業の学校
動画クリエイター講座

公式サイトはこちら
・圧倒的コンテンツ量で体系的に学習
・未経験から動画クリエイターとして活躍するための実務指導
・テキスト学習✖️図解イラスト✖️動画で多面的にインプット
・スキルを見える化しっかり復習・知識を定着
・slackと連携し、コミュニティの力でモチベーションキープ
PremiereProコース
AfterEffectコース
月額2,980円
なしなしなしなし月額制オンライン型準備中株式会社TwinRing
おすすめ動画編集スクール「ストアカ 動画編集関連講座」
ストアカ
動画編集関連講座

公式サイトはこちら
・受講者満足度97.5%
・講座形式は、オンライン形式と対面形式のどちらにも対応
・自分専用のレッスンを先生に依頼可能
・継続的に学べるサブスクリプション型サービス
・リアルな口コミが豊富で、レッスン選びも安心
1講座1,000円〜なしなしなしなしサブスクリプション型オンライン型・対面型準備中ストリートアカデミー株式会社
おすすめ動画編集スクール「Udemy 映像制作コース」
Udemy
映像制作コース

公式サイトはこちら
・600件以上の動画コンテンツ
・1講座1,000円〜25,000円で講座が格安
・客観的に講座が評価されているので良質な講座を選択可能
・スマートフォンのアプリを利用して、外出中に学習することも可能
・講座は購入後30日以内であれば返金可能
1講座1,000円〜なしなしなしなし買い切り型オンライン型Udemy
映像制作コースの
評判・口コミ
Udemy Japan合同会社
おすすめ動画編集スクール「Schoo 動画制作・編集コース」
Schoo
動画制作・編集コース

公式サイトはこちら
・リアルタイムなコミュニケーションをとることができる参加型の生放送授業
・月額980円で、7,000本以上の授業が見放題
・PC、スマートフォン、アプリから利用可能
・あとから録画授業で自分のペースで学習可能
・対話型授業で、厳選された講師が素朴な疑問にも回答
プレミアムプラン
月額980円
なしなしなしなし月額制オンライン型株式会社Schoo(スクー)

おすすめ動画編集スクール「ジッセン!オンライン」
ジッセン!オンライン
公式サイトはこちら
・オンライン上で、いつでも、どこでも、学びたい講座を繰り返し学習可能
・実際に運用できるところまで深く学べる「実践」的に身につくスキル
・80名を超える一流講師陣
・無料会員からスタート可能
・体系的に自分にあったコースで受講、ピンポイントで受講の選べる学び方
月額 5,390円なしなしなしなし月額制オンライン型アンドデジタル株式会社
おすすめ動画編集スクール「ヒューマンアカデミー たのまな」
ヒューマンアカデミー
たのまな

公式サイトはこちら
・在宅ワークに必要な知識とスキルが自分のペースで習得
・個別サポートでしっかりフォローするから安心
・無料で受けられるスキルアップ実習&副業セミナー
・心強い選りすぐりのテキスト
・仕事や実作業に必要なAdobe Creative Cloudライセンス(12ヶ月版)付き
在宅ワーク
動画クリエイター Web動画クリエイターコース
328,900円(税込)
ありなしなしなし6ヶ月オンライン型ヒューマンアカデミー株式会社
おすすめ動画編集スクール「KAIZEN School」
KAIZEN School
公式サイトはこちら
・Webサイト/広告バナー等クリエイティブの納品経験のある方を対象
・実務に必要なスキル・知識に絞り、実行性の高い力・考え方を習得
・現役のトップクリエイターによるライブ参加型授業
・講座後半には実際の案件にチャレンジ
・現役のトップクリエイターによる個別メンターサポート
Premiumプラン
360万円(+税)
未確認ありなしなし3ヶ月オンライン型KAIZEN Schoolの
評判・口コミ
株式会社Kaizen Platform

安いけど質の高い動画編集スクール

料金が安くて質の高い動画編集・映像制作スクールはこちらにまとめていますので、費用面で選びたい方はこちらの記事を参考にしてみてください!

動画編集スクールとは?メリットを解説

動画編集スクールのメリット

気軽に動画編集ができるアプリなどが多く開発されていますが、やはりプロとして仕事をするためにはしっかりとした技術と知識を身に着けることが求められます。

その点で、動画編集スクールに通うことには様々なメリットがあります。

具体的に、独学では得られないメリットにはどのようなものがあるのか考察していきましょう。

動画編集の知識・スキルが学べる

動画関連の仕事では、クライアントさんが撮影した映像を編集する案件が多くあります。

長い尺の映像を短くまとめて魅力的な構成にすることや、字幕や効果を付けるといったものです。

単に映像を流すだけでなく、こうした編集をすることによって魅力的な動画に仕上がります。

そのためには、必要となるツールについての知識や操作法の習熟が欠かせません

また、実際にどんな効果をどこに付けるのかどんな構成にしたら魅力的な作品に仕上がるのかを知っておく必要もあります。

動画編集スクールでは、こうした実践的なスキルを丁寧に教えてくれますので、すぐに業務に携わることになっても対応できる力を身に着けられます。

動画は様々なシーンで活用されており、企業の商品PRから個人の記録映像としての動画作成など、クライアントさんごとに幅広い要望を持っています。

映像の大きさや比率、記録するファイル形式、画質といった違いも多く、業務において求められる動画の種類に応じて形式を変えるノウハウを持っていないといけません

また、どこでどんな形式が多いのかについての知識も必要となってきます。

こうした技術や知識について、スクールでは現場で実際にニーズが高い情報を基に教えてくれます

そのため、転職やフリーランスとしての仕事に役立つ実践的なスキルを身に着けたいのであれば、非常に優れた手段となるのです。

動画撮影の知識・スキルが学べる

動画制作の現場では、クライアントさんの持ち込みによる映像を加工するだけでなく、撮影の段階から関わることも多いです。

現代では気軽に動画を撮れるようになっていますが、やはりプロとしてより高度で質の高い映像を提供する必要があります

そこでスクールでは独学では習得できない撮影技術や、人を惹きつけるアイディアなどを教えていきます。

そもそもプロの現場で使う撮影機材は一般人が持っているものとは違います。

講座の中で具体的にどんな機材が用いられることが多いか、どのように操作するのかといった基礎的なこともレクチャーしてくれます。

そして、目的やシーンに応じた撮影テクニックの解説もなされます。

例えばドキュメントのような説明がメインの映像と、CMのような印象を大事にする映像とでは撮影の考え方がだいぶ違います。

細かくシーンに合った手法を学ぶことで、幅広い現場に対応できる力を着けられるのがメリットです。

また、多くのスクールでは実践を重視しています。

例となる作品の分析を行い、使用されている手法を用いた撮影を行ったあと講師に評価をしてもらうのです。

どこがプロとして合格点なのか改善すべき部分はどこなのか直接教えてもらえるので、しっかりとしたスキルとセンスを磨いていくことができます。

次第に自分で撮影した映像の質が向上していくのが分かり、楽しさと満足感を味わえるのも良い点です。

動画編集の企画・ディレクションスキルが学べる

動画編集の仕事には、企画やディレクションも含まれます。

これは、クライアントさんと打ち合わせをして、どのような構成やイメージにするのかを決めていく作業です。

CM目的であればアピールしたい商品やターゲットなどを分析し、より多くの人が興味を持つようなアイディアを提案することです。

また、イベント向けの動画を作りたいということであれば、イベント内容や来場者の層などを考慮して企画します。

スクールでは様々なタイプの依頼を想定して、実際的なノウハウを現役プロが共有してくれることが多いので、即戦力となるスキルを身に着けられるでしょう。

単に構成案を出すだけでなく、予算や期間、作業プロセスの管理なども仕事に含まれてきますし、総合的な知識や判断力も求められます。

その点スクールでは予算の出し方や、どんなプロセスで企画から納品までの予定を組んでいくかを教えてくれます。

ある程度大きな撮影・編集現場では、複数のスタッフやチームに分かれて作業を行います。

その監督をするためのスキルを教えてくれるスクールもあります。

自分で撮影するだけでなく、現場をまとめるために必要な思考パターンや、スムーズにプロジェクトを進めていくための実際的なノウハウに触れる機会を持てるわけです。

動画編集の案件獲得ノウハウが学べる

参考:【未経験OK】動画編集案件の探し方・取り方を丁寧に解説【案件獲得出来ない方必見】

動画編集スクールを受講する人の一定数は、フリーランスとして働きたいと考える方たちです。

そのため多くのスクールでは、動画制作に直接関係するスキルだけでなく、どのように案件を獲得するかについても教えています。

現役のフリーランスが、クラウドソーシングの使い方や制作会社への営業法個人として集客をするためのノウハウなどを指導します。

スキルを持っていても営業力がなければ、せっかくの腕を活かすこともできません。

営業のノウハウを学ぶことで、課程修了後も収入を得る助けとなります。

また、スクールによっては案件紹介やクライアント紹介などをしてくれるところもあります。

また、生徒が自分で見つけた案件を、カリキュラムの一つとして取り組んでいるところも多いです。

案件に応募する際にどのようにアピールしたら良いのか、承認されやすい納品レベルの目安、実際の仕事の仕方などを細かく指導してくれます。

さらに、スクールでは講義とは別にメンターによる支援を受けられる体制を整えていることも多いです。

学習についての相談だけでなく、仕事を得るためのアドバイスを求められるのが特徴です。

メンターへの相談によって、案件を獲得するための役立つ個人的なアドバイスをもらえてフリーランスとして働く上での助けを得られるわけです。

修了後も一定期間メンターとの話し合いを続けられるスクールもありますので、仕事を見つけて収入を安定させるために相談をしてもらえるというのは心強いサポートと言えるでしょう。

動画編集スクールのデメリット・注意点

動画編集スクールのデメリット・注意点

このように動画編集スクールを受講することにはたくさんのメリットがあります。

一方で生徒にとってデメリットと言える点もあり、スクール選びをする際の判断材料となります。

そもそもスクールに通うかどうかを考えるポイントともなりますので、受講の際の注意点として覚えておくと良いでしょう。

動画編集スクールは、受講費用やPC・ソフト購入の費用がかかる

参考:【みんな使う】動画編集・映像編集おすすめPCソフト有料・無料10選

当然ですが、スクールで学べば費用がかかります。

その費用はコースによって変わってきますが、事前にしっかりと料金体系を確認しておくべきなのはすべてのスクールで共通していることです。

たいていは一定の学習期間と教材、メンタリングなどのサポートがセットとなり、固定額での支払いとなります。

しかし、中にはいわゆる入学金のような初期費用と毎月の講座費に分かれて請求されるところもあります。

大事なのは、卒業するまでに総額でいくらかかるかということです。

どちらにしても、決して安い費用ではありませんので、済的な備えができていない人にはデメリットとなるものです。

もう一つのデメリットは、学習にはパソコンやソフトが必要だということです。

動画編集にはスペックの高いPCが必要で、カリキュラムの中に含まれている実習でも必須となります。

動画編集ソフトも、業務でも使用できるプロ向けのものがないといけません。

どれも高額の出費が求められることになりますので、授業料とは別に負担を考えないといけないのは大きなデメリットです。

もちろん、すでに動画編集向けのパソコンやソフトを持っていれば良いのですが、そうでない場合はスクール経由で購入することもできます。

ソフトについては学生ということで、割引がなされたアカデミーパックを買えるケースもあります。

仕事を始めれば導入が必要となるものですので、本格的にこのスキルを身に着けたいのであれば、経済的な点についてきちんと考えましょう

動画編集スクールは、数ヶ月~1年程度の学習時間の確保が必要

プロとしてやっていけるだけのスキルと知識を身に着けるためには、簡単な勉強というわけにはいきません。

カリキュラムの内容やシステムによっても違いますが、一人前のプロとしてのスキルを習得し卒業するまでには、数か月から1年程度の期間がかかります

しかも授業で勉強するだけでなく自習もかなりしっかりしないといけません

1日当たり数時間の勉強と課題制作を目安としているコースも多く、学習期間中はかなり忙しくなります。

これは現在仕事をしている人にとっては大きなデメリットと言えるでしょう。

本業や家族のための時間に加えて、毎日勉強をするための時間を作り出さないといけないからです。

少なくとも学習期間は、勉強に集中できる状況を作るようにしましょう。

スクールによって学習期間の違いがありますし、メンタリングや授業参加の曜日や時間帯のバリエーションが豊富なところもあります。

平日は仕事で忙しいということであれば、土日をメインとした学習プログラムを作れるコースを選ぶことができるでしょう。

とはいえ、どのスクールでも柔軟性のあるカリキュラムを用意しているわけではありません。

学習時間の都合を付けるのが難しい方だと、スクールの選択肢自体が少なくなってしまうというデメリットも生じます。

動画編集スクールは、卒業後・修了後に必ず動画編集案件がもらえるわけではない

動画編集スクールは、あくまでもスキル指導がメインの場です。

そのため、生徒に対して仕事の紹介や案件斡旋などをしているスクールであっても、必ずしも仕事が手に入るわけではないことを覚えておきましょう。

時期によって案件数が少なくなることもありますし、経歴や能力などによってなかなかすぐには仕事を見つけられないこともあります。

とはいえ、やはり高額の授業料を支払い、数か月も勉強に専念してきたわけですから、すぐに案件を見つけて収入を得たいものです。

案件紹介などの実績が高いスクールは、具体的な数字を挙げてそのことをアピールしていますので、スクール選びの参考にすることができるでしょう。

卒業したからといって自動的に仕事にありつけるわけではありませんので、より確率の高いところで学ぶというのは大事なことです。

また、卒業後に案件を紹介してもらって仕事をスタートしても、ずっと同じように紹介してもらえるわけではないのもデメリットです。

単発の案件を終えたら、今度は自分一人で仕事を見つけて応募しなくてはなりません。

長期的に継続してもらえる案件というのはそう多くありませんので、自分で上手に案件を獲得するノウハウを身に着けて努力しないといけないわけです。

動画編集スクールの選び方

動画編集スクールの選び方

動画編集スクールに通うことに決めたら、今度はどのスクールに行くかを考えることになります。

多くの受講生を集めているところであれば、質の高いカリキュラムを用意していますので学べる内容について心配することはそうありません。

しかし、それぞれに学習スタイルや生徒向けに行っているサポートの体制などの違いが見られます。

後悔のないスキル習得をするためには、様々な要素を考えて慎重に検討することが大事です。

ぜひとも考えておきたい、いくつかの選び方のポイントをチェックしてみましょう。

受講形式で動画編集スクールを選ぶ

受講形式としては、校舎に直接通うスタイルオンラインかという違いがあります。

校舎に通うメリットは、講師と対面ですし仲間がいますので集中して勉強できることや、分からないことが出てきたらすぐに聞けるといった点を挙げられます。

一方で、通うための時間と交通費が負担となることもありますし、そもそも近くに校舎がなければ通えません。

一方でオンラインの場合は、自宅で自由に学べますので楽に勉強を続けられるのがメリットです。

しかし、自宅だとだらけてしまうとか、仲間が一緒にいないのでやる気が続かないという心理的なデメリットもあります。

また、家だと家族がいるのでどうしても時間を取ったり集中したりするのが難しいと感じる方もいることでしょう。

他の要素としては、マンツーマングループ指導かという違いもあります。

マンツーマン指導は疑問点をすぐに聞けるとか自分のペースに合わせて教えてくれるといった良さがあります。

グループの場合は仲間の努力が見られてやる気が出てくるとか、マンツーマン指導よりも費用がずっと安いといったメリットもあります。

受講形式はいろいろな組み合わせができることもあるので、自分に合ったスタイルを考えて選びましょう。

コース内容で動画編集スクールを選ぶ

コースの違いとしては、まず学習期間の差が大きいでしょう。

短いところだと2カ月くらいにカリキュラムを集中しているところがありますし、長いところだと1年くらいの期間を設定しています。

短期集中が良いのかじっくり学ぶ方が合っているのか検討してみましょう。

短期集中型は、それだけ毎日勉強する時間が増えることになりますので、確実に時間を取り分けられる方でないと厳しいです。

長期の場合はゆっくり学べますが、その分仕事デビューできるのが遅くなります。

コースによってどこまで学ぶかの違いも出てきます。

あらかじめ用意された映像を編集するだけのクラスや、撮影も含めた動画制作を学べるコースもあります。

さらに、企画や予算組み、ディレクションなど総合的な動画スキルを徹底して学べるコースもあります。

当然、多くの内容が含まれるコースは費用が高くなりますし、期間も長くなる傾向にあります。

他にも動画編集そのもののスキルに限定されているコースや、フリーランスとして活動するための案件獲得法や営業の仕方などを学べるカリキュラムが用意されているコースもあります。

単に転職をしたいだけであれば、どこまで学べるのかを確認しておく必要があります。

ポートフォリオ作成ができる動画編集スクールを選ぶ

卒業後に転職するにしてもフリーランスとして働くにしても、自分のスキルをアピールすることで仕事を得ることに変わりはありません。

クリエイターの仕事獲得においては、実績やセンス、実際のスキルが重視されます。

ほとんどの人は実務ということに関しては未経験ですので、いかにして自分の技術やセンスをアピールできるかということが鍵となってきます。

そこで重要なのがポートフォリオ、つまり自分で制作した動画作品です。

「自分のスキルでここまでできます」ということを作品にして見せることで、採用担当者に納得してもらえるのです。

こうした業界特有の習慣がありますので、多くの動画編集スクールでは講義の一環として、ポートフォリオ作成を組み込んでいます

学んだことを実技という形で実践し、それを作品に仕上げることで学習と仕事獲得の両方を成し遂げられるわけです。

講義内で作れる動画の種類やレベル、講師による添削などの違いによって完成作品の質が大きく変わってきます。

特に講師が作品のチェックをしてくれるかは重要です。

プロ目線で実務に耐えられるだけのレベルとなっているかを見て、もし作りが甘いようならダメ出しをして改善点を教えてくれます。

これを繰り返すことで、確実に質の高い作品を制作できるわけです。

質の高いポートフォリオ作成はその後の仕事獲得に大きな影響を与えるものなので、単にポートフォリオを持てるというだけでなく、高いレベルでの制作ができるかも見ましょう。

案件獲得・ディレクションが学べる動画編集スクールを選ぶ

卒業後には、スキルを活かして副業をしたい、フリーランスとして活躍したいと思っているのであれば、案件獲得についてのノウハウを学べるかどうかは重要な点です。

動画編集の案件は、制作会社から直接依頼を受けたり、クラウドソーシングで依頼を見つけたりして獲得します。

この業界にもたくさんのクリエイターがすでに存在していますので、積極的に自分を売り込んでいかないと仕事につながっていきません

特に未経験者であれば、仕事を依頼してくれる企業は少ないものです。

そのため、どこでどのように案件をサーチして応募するのかというのは、仕事を得るために欠かせない知識です。

そして、応募の際の自己PRの仕方を知っておくことも大切です。

仕事を請けたら、クライアントさんと良い関係を築く方法、納品に当たっての注意点なども覚えておく必要があります。

こうした実務的なノウハウを指導してくれるスクールだと、とても助かります。

さらに、ディレクションまで仕事に含めたいのであれば、コースの中にカリキュラムが含まれているかをチェックしましょう。

一般的に動画編集コースといった場合は、ディレクションまでは含まれていないことが多いです。

別にディレクション向けのコースを取るとなると手間がかかりますし、費用も余計にかかってしまいます。

最初からディレクションも含まれているコースを探した方が効率的でしょう。

ディレクション自体は特にしなくても良いと思っていても、スキルとして身に着けておくことにはメリットがあります

転職をする際などには、ディレクションスキルもある人材は、より採用に有利となるからです。

また、動画制作の流れを知る上でもディレクションを学んでおくことは力となりますので、高いレベルでの学習をしたいのであれば検討の価値があります

就職支援が手厚い動画編集スクールを選ぶ

単にスキルを習得するだけでなく、就職支援をしてくれるところの方が卒業後に有利です。

スクールによっては、運営している会社が人材派遣紹介の事業を行っている自ら動画編集事業をしているケースがあります。

こうしたところでは、より手厚い支援をしてくれて、生徒に対して案件を紹介したり、中途採用者を求めている企業をマッチングしてくれたりします。

もしくは、自分たちのプロジェクトの一部を切り取って案件をくれるケースも見られます。

このような支援をしてくれると、すぐに仕事を始められるのでとても楽です。

ここまで手厚い支援でなくても、講座の中で案件を実際に探して申し込み、作業を体験してみるといったカリキュラムが組まれているスクールもあります。

実体験ができますし、実務経験ありとして転職活動ができることになります。

より就職を有利にしてくれるものですので、やはり卒業後の就職活動がしやすくなります

こうした就職支援に力を入れているスクールは、ホームページなどで実績を公表していることが多いです。

データを挙げて卒業生の就職状況を公開しているなら、支援が手厚いと考えても良いでしょう。

また、スクール運営会社についてもリサーチしてみると良いです。

事業の中に、人材派遣とか職業斡旋が含まれていれば、卒業生への求人紹介サポートをしっかりとしてくれることが分かります。

さらに、キャリアコンサルタントが別にいて、就職サポートをしてくれるとしているスクールは、この面を重視していることが分かります。

そのため、講師とは別に就職のプロがいるスクールというのは、その分質が高く手厚い支援をしてくれるということになるのです。

講師で動画編集スクールを選ぶ

どんなものでもそうですが、理解しやすいか、集中して勉強できるかというのは講師に大きく依存しているものです。

特に、動画編集の場合は、センスやアイディアといった感覚的な部分も含まれていますので、それを上手に伝えるためには質の高い講師でないといけません。

それだけに、講師のレベルはじっくりと検討すべきです。

スクール側でも講師の質が評判に大きな影響があることを知っていて、積極的に講師の情報を公開しています。

多く見られるのが、現役のクリエイターが講師として活躍しているというものです。

動画編集の現場は、技術やアイディアが日進月歩で変わっていくものですので、最新技術を学ぶためにも現役プロというのはアドバンテージとなります。

といっても、自分として技術を持っていても教える能力がなければ意味がありません。

そこで、講師のプロフィールを見るだけで満足せず、講義の様子をチェックしてみると良いでしょう。

多くのスクールではトライアルで講座を体験できたり、短い講義の様子を動画にして公開したりしています。

こうしたものを活用することで、自分にとって分かりやすい仕方で教えているかを見極められるでしょう。

ホームページなどに、講師のプロフィールを顔写真やそれぞれのコメント付きで掲載しているケースも多いので、一度目を通しておくと良いでしょう。

女性向けのコースを提供しているスクールでは、講師も全員女性となっているなどの配慮をしていますので、そうした点も確認しておきたいところです。

動画撮影スキルが学べる動画編集スクールを選ぶ

動画編集コースと、動画撮影を学べるコースが分かれているスクールもあります。

その場合、単に動画編集コースとしか示されていない場合、撮影スキルについてはほぼ触れません。

そのため動画編集コースと表示されている場合は、そこに撮影に関するカリキュラムが含まれているかもチェックしましょう。

もし編集と撮影が別のコース設定になっているのであれば、どちらも取らないといけません。

二重に費用と時間がかかってしまいますので、同じコースの中でまとめて勉強できるスクールの方が有利です。

動画撮影スキルが学べるといっても、どこまでの学習かによっても習得度合いが変わってきます。

動画編集がメインで、撮影については軽く知識程度に触れるだけというコースも中にはあります。

逆に、機材の解説から実際の撮影手法、ポートフォリオの作成までをじっくりと教えてくれる講座も存在します。

それによって学習内容の配分や期間が変わってくることもありますので、いくつかのコースを比較して考えた方が良いです。

まずは、自分の中で動画についてのスキルと言っても、どこまで学びたいのかをはっきりとさせて、それに合ったスクールやコースを選ぶようにしましょう。

動画広告やクリエイティブ、Webマーケティングが学べる動画編集スクールを選ぶ

多くの動画制作会社では、クライアントさんから頼まれた映像を編集して終わりというだけでなく、一歩進んだサービスを提供するようになっています。

動画を使ったマーケティング戦略の支援という分野です。

動画は今やネットで広告として使われることが非常に多くなっています。

また、企業のサイトやSNSなどに公開して、商品やブランドの重要なアピール手法として用いるケースも多くなっています

そこで、動画制作会社ではWebマーケティングの中で、どのように動画を使っていったら良いかをアドバイスしたり、導入や運用の代行をするサービスを提供したりしているのです。

こうした事情がありますので、制作会社としても単に動画をいじれる人というだけでなく、オンラインマーケティングの分野でのスキルや知識がある人材を優先的に登用する傾向が強くなっています。

そこで、動画を使ったマーケティング手法についての講義がカリキュラムの中に含まれているか、という点をスクール選びの基準にすることもできます。

現役のクリエイターが講師として活躍しているスクールでは、現場でのマーケティング手法の実際を解説してくれることもあり、即戦力となるスキルを身に着けられます。

オンラインマーケティングのノウハウは、直接動画制作のスキルとは関係がないと思うかもしれません。

しかし、この業界ではとても重要なスキルとなっているという事実は覚えておいた方が良いです。

このスキルがあるかどうかで、転職採用のチャンスがぐっと上がることもあるからです。

面接の際に自己PRのポイントが一つ増えるということは、ライバルとの差を付けることにもなりますので、積極的に学び、それを活かした転職活動をしていきたいものです。

動画編集を学ぶべき理由

動画編集を学ぶべき理由

そもそも、動画編集を学ぶのは、キャリアや収入の面でメリットがあるのでしょうか。

未経験の方でもこの分野のスキルを磨いておくことで、これからの時代において活躍できる仕事に就けるからです。

また、収入をアップして生活を安定させるのにも役立ちます

このように言えるいくつかの現実的な理由を考慮してみましょう。

動画編集は、成長市場で将来性がある

参考:【2022年】動画編集・映像制作の需要や将来性、市場について徹底調査!

動画編集という仕事は昔から存在していましたが、インターネットの普及や撮影、編集ツールの進歩によって事情は大きく変わってきています。

昔はプロとして映像を作っていた人、もしくは趣味としてこだわってやっていた人だけが動画編集に携わっていたのですが、今では誰もが気軽に扱えるようになっています。

その上、YouTubeをはじめとする動画投稿サイトによって、動画関連市場は爆発的な成長を見せています

スマホを使って簡単に動画を撮り、それを世界中の人に公開できるようになっているのです。

しかもそれで高収入を得ることも可能です。

こうした世界中の状況の変化によって、個人でも企業でも動画を作り公開するというのは、かなりハードルが低いものとなっています。

特に企業にとっては、動画を使ったマーケティングというのは欠かせないものとなりつつあります

そうなると、動画編集のプロに仕事を依頼することも相当増えてくるわけです。

このような事情から、動画編集というのは成長が激しい市場で、これからもさらにその傾向が続くのは確実です。

素人でも気軽に動画を作れるとはいえ、やはりプロによる編集はより質の高いものですので、依頼が切れることもありません。

実際に、クリエイターとして活躍する人も増えていますし、手がける会社やクラウドソーシングにおける依頼も多くなっています。

新たにクリエイターとして参入して仕事をもらう点でも、まだまだ見込みと将来性がありますので、スキルを学びこの業界に飛び込むことには大きなメリットがあるのです。

動画編集は、求人案件数・委託案件数が多い

動画編集は上記のように成長が目立つ市場というだけあって、求人が多くその種類もたくさんあります。

その中には、未経験者を募集する求人も多くて、動画編集スクールでしっかりとスキルを身に着けた人が、実務経験なしでスタートしやすい状況が見られます。

しかも、求人が多い分、採用条件も高い水準で推移しています。

より良い人材を求めて給料などの面で待遇を良くする企業が増えているからです。

これは東京や大阪などの大都市だけでなく地方都市でも見られる傾向です。

そのため、オンラインでスキルを習得して、地元に近いところで仕事を見つけるというのも可能になっているのです。

動画編集は企業に採用されて社員として働くスタイルだけでなく、委託案件を請けて個人として仕事をするのにも適したジャンルです。

動画制作会社が受託した依頼の一部を委託フリーランスに回したり、大きなプロジェクトの一部を切り取って依頼したりすることが多くなっているからです。

委託業務だと単発の仕事よりも安定して働けますし、特定の制作会社とお付き合いができますので、より楽に仕事を続けられるというメリットがあります。

やはり委託業務においても、案件のバリエーション、数共に豊富に見つけられます。

ドキュメント系やネット動画向けの作品、資料用動画など、自分の得意とするジャンルでの案件に取り組めるので効率よく働けるのが利点です。

動画編集は、副業・フリーランスが活躍しやすいスキル

参考:動画編集の副業の始め方と収入を得る具体的方法【未経験・初心者向け】

企業に直接雇われて社員として働いたり、企業と業務委託契約を結んだりする他にも、動画編集のスキルがあるといろいろな働き方ができます。

その一つが副業です。

本業としてどこかの会社に勤めている方が、務終了後の夜の時間帯や休日などを使って、仕事をすることができるのです。

というのも、動画編集の案件はクラウドソーシングでも簡単に見つけられ、個人でも常に仕事を獲得できるからです。

しかも、大きな案件だけでなく、個人からの小さな動画作成の依頼なども多いので、短時間でも取り組めるという良さがあります。

週に数時間だけの副業ということでも、単発の案件を見つけられますので無理なく働けます。

将来への備えや生活費の足しにするために、時間を有効に使って副業をしたいという人にぴったりの仕事なのです。

また、フリーランスとして独立して働きやすいスキルでもあります。

上記のようにクラウドソーシングには、常にたくさんの案件が出ていますので、自分のペースに合わせて受託して収入を得られます。

様々な案件をこなしていくことで評価が高まり、より大きな規模の動画制作や割の良い案件にも取り組めるようになります

高収入を期待するという意味でも優れた仕事と言えるでしょう。

多くの依頼主はオンラインで動画編集サービスを探して依頼しています。

そのため、自分でサイトを立ち上げて、自分で作った作品を公開するなどして、仕事の依頼を受け付けることも可能です。

ダイレクトに依頼を受け付けられれば、より高い報酬を得られますので高収入に直結します。

こうした事情がありますので、実際に動画編集スクールに通う生徒のうち多くは、副業やフリーランスとして働きたいという希望を持っています。

それに合わせて、スクール側でもこうした働き方を成功できるように実践的な指導をしています。

副業やフリーランスとしての働き方を今までしてこなかった方でも、スクールを通してノウハウを学べるので、無理なく新しい働き方にチャレンジできるというわけです。

フリーランスの動画編集者になるには?仕事の取り方や年収相場フリーランスの動画編集者になるには?仕事の取り方や年収相場も解説

動画編集は、未経験・初心者でも始めやすい

非常にニーズがあるジャンルでプロが求められるわけですが、実は動画編集というのは初心者でも取りかかりやすいスキルなのです。

というのも、現代のほとんどの人は、スマホを使って動画を撮影したり編集したりといったことを自然としているからです。

また、動画編集ソフトの発達によって、複雑な操作をしなくても高度な編集ができるようになっているという事情も大きく関係しています。

もちろん、しっかりとした基礎の学習とツール操作の実践は必要です。

しかし、スクールで数か月みっちりと勉強すれば、プロとして働けるだけのスキルを十分に身に着けられるわけです。

動画制作にはセンスやアイディアというものも求められます。

その点、どのスクールでも、単なる技術だけでなくセンスを磨くカリキュラムを準備しています。

しかも、感覚に頼るのではなく分かりやすい理論に基づいて教えられるよう、カリキュラムが研究され尽くしています。

そのため、センスという感覚に頼るものというイメージがあるスキルでも、講義を通してしっかりと習得できるようになっているのです。

こうした指導方法やツールの進歩というものも、未経験者や初心者でも気軽に動画編集をマスターできる要因となっています。

実際に、ほとんどのスクールで初心者歓迎としていますし、生徒の多くが未経験者です。

新しい分野へのチャレンジというのは不安が付き物ではありますが、丁寧に指導をしてくれますので安心して始められます

動画編集スクールが無駄と言われる理由

動画編集スクールが無駄と言われる理由

参考:動画編集スクールが「無駄」「意味ない」「やめとけ」と言われる理由

多くの人が動画編集スクールに行きスキルを身に着けてきましたが、中にはこうしたスクールに行くのは無駄だと言う人がいるのも事実です。

その主張にはいくつかの理由があります。

まず、カリキュラムを受けたからといって、すべての人が仕事をもらって働けているわけではないという点です。

確かに、動画編集スクールは転職エージェントではありませんので、授業を行いますがすべての生徒に職を保証しているわけではありません。

しかし、スキルを身に着けた人は、確実に転職を成功させたり副業などで案件を獲得したりする確率が高くなります

また、そもそもスキルがあるとしても、仕事を見つけて望み通りの働き方ができるかどうかは、それぞれの仕事探しにかける努力や姿勢の違いが大きいものです。

スクールに意味がないということではなく、本人次第という点も大きいことは覚えておきましょう。

また、動画編集のスキルは独学でも磨けるのに高額の受講料を払うのは無駄だと考える人もいます。

実際に、どのスクールでも費用は決して安いとは言えません。

また、インターネットにあらゆる情報があふれている中、自分でも動画編集について勉強することはできます。

しかし、現場ですぐに役立てる実践的な能力を身に着けるためには、やはりノウハウをプロの講師から教えてもらうことには意味があります

特に、どのスクールでも実際に生徒が作品を制作して、それをレビューし改善していくという過程を設けているのは大きな点です。

独学では知識を身に着けられても、自分で試した編集内容が正しいのかプロとしての水準に達しているかを確かめることはできません

スクールでは、卒業するまでに現場で確かに役立てられる人材となるために、知識も実際の技術やセンスもしっかりと習得できます。

自分に自信を持てますし、仕事ですぐに使えるというメリットもあるのです。

もう一つは、数か月のスクールに行ったくらいでは、プロレベルのスキルは身に着かないという意見です。

もちろん、何年、何十年とこの業界で活躍しているクリエイターと比べると、スクールで学べる点は初歩クラスと言えるでしょう。

しかし、仕事で実際に使える技術や専門知識は確実に得られます

それは、動画制作会社への転職をしたり、フリーランスとして案件を獲得したりする点でも同じです。

どのクリエイターも、マスタークラスのスキルというのは現場で様々な経験をしながら磨き上げてきたものです。

ですから、スクールではクリエイターとしてのスタートを切るための基礎を学び、それを活かして現場で経験を積んでいくことを目指しています。

未経験者であっても即戦力として役立てられるだけのスキルを身に着けられますので、そこから先は本人が仕事をしながらブラッシュアップしていくものと言えるでしょう。

社会人におすすめ!オンライン型の動画編集スクール

オンライン型の動画編集スクール

オンライン型のスクールは、通学スタイルにはないメリットがあります。

近くに望みのスクールがなくても楽に勉強できますし、自宅の落ち着いた環境でも学習を続けられるという点が大きいです。

また、オンラインだと時間の調整が付きやすいので、日中は仕事などで忙しいとしても最後までしっかりと勉強できるのがメリットです。

そのため、たくさんのスクールがオンライン形式で動画編集についての講座を開いています。

そのうちの特に人気の高いおすすめのスクールをご紹介します。

それぞれに特徴が違いますので、自分に合ったところを見つけられるようにしましょう。

studio US(スタジオアス)|未経験からプロの動画クリエイターを目指す

動画編集スクール「studio US」

\お申し込みはこちらから/

studio US(スタジオアス)の公式サイトはこちら

※未経験からクリエイターへ

スクール / コース名 studio US(スタジオアス)
通学形式 オンライン型
受講形式 オンライン講座受講
校舎 なし
公式URL https://studio-us.org/videocreater/
案件紹介 動画編集案件の紹介あり
転職・就職支援 未確認
入学金 なし
受講費用 最短2ヵ月・55,000円~
運営会社 株式会社AHGS

studio US(スタジオアス)は、株式会社AHGSが運営するスクールで、マーケティングやクリエイター関連のオンライン教育を得意としています。

特に動画制作講座については、全くの未経験の人が短期間でプロとして活躍できる程度までの能力を身に着けるカリキュラムを用意しているのが特徴です。

実際に現場で使われている編集ツールを動かして、すぐに仕事に使えるテクニックを磨きます。

studio US(スタジオアス)学ぶことができるスキル一覧

そして、学べるスキルは幅広く映像編集からディレクション、画像加工などがあります。

こうしたものに加えて、リテラシーやマーケティング戦略などについても学び、動画を使ったあらゆるニーズに応えられる人材へと成長できるようサポートしていきます。

動画教材は常に最新の情報にアップデートされていますので、今使われている最新技術を取り入れられるのがメリットと言えます。

受講期間中は、オンラインで講師に気軽に質問や相談ができるようになっています。

そのため、講義で分からないところが出てきたり、作品を作る上で悩んだりしたらすぐに助けを求められるわけです。

特にこのスクールでは、最低でも15本、最大で50本程度の動画を演習として作るカリキュラムを設けています。

とにかく実践することで、学んだ点をアウトプットして覚えられるのが強みです。

また、話を聞くだけでは身に着かない映像センスなどを磨き上げていけるのもこのスクールならではの良さでしょう。

同スクールでは転職やフリーランスとして独立したい人副業として収入を得たい人などに向けた、実践的な指導をしています。

案件を獲得するためのノウハウや業界特有の商習慣なども解説して、実務面でのノウハウも得られるようにします。

動画関連コースとしては、まず動画編集コースがあり、55,000円の受講料となっています。

同時にこうした作った作品はすべてポートフォリオとして利用できますので、転職活動にも有利です。

また、動画クリエイターコースは99,000円、動画クリエイター総合コースは165,000円となっています。

動画関連コースとしては、まず動画編集コースがあり、55,000円の受講料となっています。

また、動画クリエイターコースは99,000円、動画クリエイター総合コースは165,000円となっています。

コースによっては継続受講料を月額で支払うと、期間の制限がなく引き続き学べる制度が採られています。

\無料相談はこちら/

studio US(スタジオアス)の公式サイトはこちら

※未経験からクリエイターへ

参考:studio USの評判・口コミ

デジハク|未経験から最短で動画を仕事にする動画編集オンラインスクール

動画編集スクール「デジハク」

\無料説明会はこちらから/

デジハクの公式サイトはこちら

※2021年おすすめ動画スクールNo. 1

 

スクール / コース名 デジハク
通学形式 オンライン型
受講形式 オンライン講座受講
校舎 なし
公式URL https://digital-hacks.jp/
案件紹介 動画編集案件の紹介あり
転職・就職支援 転職・就職支援あり
入学金 なし
受講費用 3ヶ月・148,000円〜
運営会社 UNIT BASE株式会社

デジハクはUNIT BASE株式会社によって運営されていて、クリエイター向けのメディア運営やオンラインスクール経営を行っています。

特にフリーランスや副業といった形で独立して案件を獲得できるよう、プロレベルの動画制作スキルを教えるのに強いスクールです。

基礎からしっかりと学べるように、編集ソフトを実際に使いながら体系的に学習を進めていきます。

デジハク 3つのステップで動画編集スキルを身につける

ツールの操作法や、特定の操作をするとどんな効果に仕上がるのかなど、分かりやすく順序立てて教えていくため、あまり勉強に慣れていない人でも迷わず学べるのが強みです。

このスクールでは、動画編集スキルにプラスして、業務フローの作成法や案件を得るための営業の仕方などを指導するリテラシー講座も設けています。

修了後にすぐ仕事を見つけられる、充実した支援がなされているのが特徴です。

また、グラフィック講座もあわせて提供していて、動画制作の幅を広げられるようにしています。

こうして学んだ点は、実際に制作活動を通して実践できるのもポイントです。

ジャンルの違う様々な動画を作っていきますので、その中で自分の得意なもの、好きなジャンルを見つけられるのもうれしいところです。

ここで作った作品は講師が丁寧に添削をしてフィードバックします。

プロレベルの仕上がりになるまで徹底的に指導するので、自信を付けられるでしょう。

また、質の高い演習作品をポートフォリオとして副業案件獲得のために提示できるというのもメリットです。

確実に習熟度を上げられるように、講師がチャットでの質問対応を無制限に行っていますし、モチベーションを最後まで保てるように個別面談も実施しています。

デジハク 6つの手厚いサポート

さらに、副業を始めるための相談を受け付ける窓口も設置していたり、運営会社経由での映像制作会社からの案件共有やコンペの紹介などもしたりしています。

学ぶと同時に仕事を見つけられる場でもあるのです。

コースは2つあり、90日間で学ぶデジハクコースREGは148,000円となっています。

幅広いスキルを学べるデジハクコースPROは248,000円です。

デジハク 2つのコース

\無料説明会はこちらから/

デジハクの公式サイトはこちら

※2021年おすすめ動画スクールNo. 1

参考:デジハク 評判・口コミ、インタビュー記事

TechAcademy(テックアカデミー)動画編集コース|Premire Proで動画編集スキル習得

TechAcademy動画編集コース

\説明会無料動画配信中/

TechAcademy(テックアカデミー)の公式サイトはこちら

※Adobe Creative Cloud コンプリートプランを3ヶ月分無償提供

スクール / コース名 TechAcademy(テックアカデミー) 動画編集コース
通学形式 オンライン型
受講形式 オンライン講座受講
校舎 なし
公式URL https://techacademy.jp/course/videoediting
案件紹介 動画編集案件の紹介あり
転職・就職支援 転職・就職支援あり
入学金 なし
受講費用 4週間・174,900円~
運営会社 キラメックス株式会社

TechAcademyは、キラメックス株式会社が運営しているスクールで、Web系や動画、AI関連の幅広いスキルについて講座を提供しています。

その中に動画編集コースも設けられていて、特にIT技術を駆使したスキルを身に着けられるようにカリキュラムが作られています

Techacademy(テックアカデミー)こんな方におすすめ

Adobe Premiere Proという動画編集ソフトをメインに学んでいき、制作現場でどんな形で作業をしていくのかをイメージしながらスキルを習得できます。

理論だけに終わらず、ツールを使った実践的なカリキュラムなので最後まで楽しく学べるのがメリットです。

講座の中では、オリジナル動画を作ることを重視し、インタビュー動画の編集や道案内動画の制作、YouTubeで人気の高いトリック映像の作り方などを取り上げます。

Techacademy(テックアカデミー)オリジナル動画を作成

明確にテーマが決まっている演習で楽しくできますし、どれも仕事として役に立つテクニックを身に着けられるのがメリットです。

映像教材を使ってオンライン学習を進めていくのですが、マンツーマンのメンタリングが週2回取り決められています。

そこでは学習についての質問や、進路についての相談ができます。

毎日いつでもチャットでメンターに質問できる制度もあり、疑問点を放置することがありません。

課題はレビュー回数が無制限ですので、プロ水準の仕上がりになるまで課題を繰り返せます。

もちろん制作した動画はポートフォリオとして使えますので、就職に役立てることができます。

このコースは期間によってプランが分かれていて、174,900円の4週間プラン、229,900円の8週間プラン、284,900円の12週間プランの3つがあります。

どれも分割払いに対応していますので、無理なく支払いできます。

\説明会無料動画配信中/

TechAcademy(テックアカデミー)の公式サイトはこちら

※Adobe Creative Cloud コンプリートプランを3ヶ月分無償提供

参考:TechAcademy 動画編集コースの評判・口コミ

DMM WEBCAMP 動画クリエイタースクール|Adobe Creative Cloud コンプリートプランを2ヶ月分無償提供

DMM WEBCAMP トップ画像

\コース申込みはこちらから/

DMM WEBCAMP 動画クリエイタースクールの公式サイトはこちら

※Adobe Creative Cloud コンプリートプランを2ヶ月分無償提供

スクール / コース名 DMM WEBCAMP 動画クリエイタースクール
通学形式 オンライン型
受講形式 オンライン講座受講
校舎 なし
公式URL https://web-camp.io/courses/videoEditing/
案件紹介 未確認
転職・就職支援 未確認
入学金 なし
受講費用 4週間・169,800円〜
運営会社 株式会社インフラトップ

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースは、株式会社インフラトップが運営しているスクールのコースの一つです。

動画編集スキルだけではなく、「構成」「編集」「納品」の一連の流れを通じ、実践的な動画を制作していきます

週2回のメンタリングや、毎日15〜23時のチャットサポートなど細やかなサポート体制が整っており、短期間でのスキル習得が可能となっています。

また、アドビ社のサポートも含まれており、Adobe Creative Cloud コンプリートプランを2ヶ月分無償提供しています

カリキュラムは「構成」「編集」「納品」の一連の流れを重視しており、インタビュー動画制作や企業VP(ビデオパッケージ)制作、オリジナル動画制作など、さまざまな案件に対応できるように組まれています

インタビュー動画制作では、インタビューの素材を元に効果的な素材の使い方、動画の編集を学習していきます。

企業VP(ビデオパッケージ)制作では、カフェの素材を元にプロモーションとして効果的な素材の使い方など学習します。

オリジナル動画の制作では、用意された素材を元に、オリジナルの動画を制作する実案件に近い工程を体験します。

さらに、Premiere ProやAfterEffectsの基本的な使い方、クライアント要件である構成書を元にして動画制作を実施したり、実業務に即した依頼から計画、構成、編集、納品までの知識を学んでいくことができます

DMM WEBCAMP カリキュラム内容

また、サポート体制についてはマンツーマンでのメンタリングでは学習サポートとして1回25分、週に2回の定期メンタリングを実施しています

疑問点の解消や学習方法のレクチャーはもちろん、1週間の振り返りなど、一人ひとりに合わせたサポートを行ってくれます

もちろんメンタリング以外の体制も整っており、学習中の疑問点がすぐに解決できるよう、チャットで現役エンジニアにいつでも質問できるようになっています(対応時間:毎日15~23時)。

学習上の疑問を随時質問できる上、学習中に出される課題に対するレビューも無制限で受けることが可能です。

他には、学習を習慣化させるために、専用のシステムを導入。

学習進捗状況を可視化して目標まで到達できるよう、それぞれの自律的な学びを支えてくれます。

また、独自メソッド「ITスキル習得の3ステップ」を導入しています

DMM WEBCAMPでは、「自己調整学習理論」に基づき、ITスキル習得に必要なプロセスを3つのステップに分解。

それぞれのプロセスに必要な学習環境を整えることで、自律的な学びへと導いてくれます。

料金は4週間から設定されており、最長16週間となっています。

返金保証制度も充実しており、利用していない期間分は返金対応をとってくれます

期間 料金
4週間 169,800円(税込)
8週間 224,800円(税込)
12週間 279,800円(税込)
16週間 334,800円(税込)

 

\コース申込みはこちらから/

DMM WEBCAMP 動画クリエイタースクールの公式サイトはこちら

※Adobe Creative Cloud コンプリートプランを2ヶ月分無償提供

参考:DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースの評判・口コミ

Internet academy(インターネット・アカデミー)動画編集講座|転職・副業・フリーランスに最適

インターネットアカデミー

\無料カウンセリングはこちらから/

Internet academy(インターネット・アカデミー)公式サイトはこちら

※受講料の最大70%(56万円)が支給されるコースあり

スクール / コース名 Internet academy(インターネット・アカデミー)動画編集講座
通学形式 オンライン型
受講形式 オンライン講座受講
校舎 なし
公式URL https://www.internetacademy.jp/course/design/chair_vi.html
案件紹介 未確認
転職・就職支援 転職・就職支援あり
入学金 なし
受講費用 全8回・184,800~
運営会社 インターネット・アカデミー株式会社

Internet academy(インターネット・アカデミー)動画編集講座は、インターネット・ビジネス・ジャパン株式会社によって運営されています。

この会社では、Webデザインやプログラミングなどの幅広いスキル教育を行っています。

その中の一つとして、クリエイター系の講座ジャンルに動画編集講座が設けられています。

この講座では特にWebサービスの中で動画を使うことに特化した知識や、編集技術を学べます。

IllustratorやPremiereなどの編集ソフトの使い方から、様々な編集技術の実践まで体系的にカリキュラムが組まれています。

オンラインコンテンツの制作に特化しているため、YouTube動画のテロップや効果の付け方など、具体的な授業があるのは生徒にとってありがたい内容です。

また、実践講座では30秒CMを作るなど、実際の現場でよくある課題を取り上げていきます。

他にも、ウエディングムービーを作るなど、幅広い現場に対応できるよう力を付けていきます

このように、副業やフリーランスとして働くことを意識して、徹底して実用的なスキルを指導しているのがこのスクールの特徴と言えます。

修了に当たっては、案件を獲得したりWeb業界で就職、転職できるように支援を提供しています。

人事採用スタッフが直接、どのように就職活動をしたら採用のチャンスを高められるのかなどをアドバイスしてくれるといった支援です。

さらに、講義中に作ったポートフォリオをどのようにアピールしたら効果的かや、面接対策なども行います。

受講中に企業での現場体験ができるよう、インターンシップの制度もあります。

運営会社のネットワークにはWeb業界専門人材サービスがありますので、そこを通じて求人をマッチングしてもらえるというのもうれしいところです。

この動画編集コースは、全8回で16時間から32時間の授業が目安となっています。

もちろん、無制限の講師への質問やカウンセリング、就職支援などのサービスが付いてきます。

受講料は税込みで184,800円となっています。

同スクールでは、様々な講座を組み合わせることで、より幅広いスキルを習得できるのも特徴ですので、必要に応じてコースを追加してみましょう。

職業訓練の給付金支給対象となっている講座もありますので、最大で70パーセントの支援を受けられる可能性もあります。

\無料カウンセリングはこちらから/

Internet academy(インターネット・アカデミー)公式サイトはこちら

※受講料の最大70%(56万円)が支給されるコースあり

参考:インターネット・アカデミーの動画編集講座の評判・口コミ

セカジョブ!|3ヶ月でスキル習得&動画編集で副収入獲得を目指す

セカジョブ

\無料カウンセリングはこちら/

セカジョブ!の公式サイトはこちら

※※3ヶ月でスキル習得が可能

スクール / コース名 セカジョブ!
通学形式 オンライン型
受講形式 オンライン講座受講
校舎 なし
公式URL https://sekajob.jp/
案件紹介 未確認
転職・就職支援 転職・就職支援あり
入学金 なし
受講費用 約3ヶ月・¥250,800(税込)~
運営会社 株式会社MOSQIIIT

セカジョブ!は株式会社MOSQIIITによって運営されているスクールで、Web系やプログラミングの講座を開催しています。

その中に動画編集コースが設けられていて、3ヶ月で未経験者から即戦力となるクリエイターまで成長するよう助けてくれます

現役のクリエイターがカリキュラムを監修していて、最新の技術とアイディアを使った動画制作ができるようになります。

オンラインでの講義は映像教材や講師によるサポートなどで構成されています。

オンラインだと孤独感を覚える人もいますが、同スクールでは受講生のコミュニティを作っているので、生徒同士で励まし合ったり仲間を作ったりできるのがメリットです。

最後までしっかりとモチベーションを保てるように、Zoomなどを使ってスタッフがメンタリングをしたり、講義についての質問に対応したりします。

さらに、動画制作そのものについてのスキルに加えて、案件を獲得するステップについての講座が開催され、仕事を始めるための準備ができます。

さらに、副業やフリーランスとして働く上で必要な、税金の話や予算の組み方などを教えるマネーリテラシー講座もあります。

独立して働くために充実した支援を受けられるのが特徴と言えるでしょう。

3ヶ月の短期コースとなっていて、1か月ごとにステップを踏みながらスキルを上げていきます。

最初はPremiere Proを使った制作活動、次にAfter Effectsを使って動画広告の作り方、最後に実務的な幅広い講座が設けられています。

この短期コースは税込み250,800円となっています。

\無料カウンセリングはこちら/

セカジョブ!の公式サイトはこちら

※※3ヶ月でスキル習得が可能

参考:セカジョブの評判・口コミ

MOOV SCHOOL(ムーヴスクール)|最短でプロを育てるオンライン動画編集・映像制作スクール

moov-school

\オンライン無料相相談はこちらから/

MOOV SCHOOL(ムーヴスクール)の公式サイトはこちら

※入会金無料キャンペーン実施中

スクール / コース名 MOOV SCHOOL(ムーヴスクール))
通学形式 オンライン型
受講形式 オンライン講座受講
校舎 なし
公式URL https://rh-moov.jp/moov-school/
案件紹介 未確認
転職・就職支援 未確認
入学金 10,000円
受講費用 1講習 6,000円〜
運営会社 株式会社ロックハーツ

MOOV SCHOOL(ムーヴスクール)、株式会社ロックハーツが運営するスクールです。

運営会社自体が、WEBコンテンツ事業や映像制作事業などを行っていますので、その現場で使っているノウハウをそのままスクールで指導してくれるのが特徴です。

最新の技術や業界事情を学び、即戦力として活躍できるスキルを磨いて卒業できるのがメリットです。

MOOV SCHOOL(ムーヴスクール)の大きな特徴は、プロがマンツーマンで指導することにあります。

多くのオンラインスクールは準備された映像教材を見るだけか、グループレッスンです。

しかしここでは丁寧で一人一人に合った指導を受けられるのです。

Zoomを使って学んでいきますので、自宅にいながらにして対面授業と同じ感覚で学習を進めていけます。

また、それぞれの目的や目標に合わせてカリキュラムを組んでいきますし、個々の学習ペースに合わせて進めていくこともできます。

たとえば、よくあるインタビュー動画などは不要で、YouTube動画の制作だけを学びたいといった希望にも対応できるわけです。

レッスン以外の時間にも、メールや電話で講師に直接質問できる体制が作られています。

自習や課題演習で疑問点が出てきたら、すぐに確認できて助かります。

このスクールのもう一つの大きな特徴は、1講習当たりの料金体系が採られているということです。

最低月額料金として1講習当たりの料金6,000円がかかり、講習を増やすごとに費用を支払うことになります。

予算やそれぞれのペースに合わせて学び、費用負担をすれば良いのがメリットです。

入会費用は10,000円ですし、教材費は無料ですのでコスパの良いスクールと言えるでしょう。

\オンライン無料相相談はこちらから/

MOOV SCHOOL(ムーヴスクール)の公式サイトはこちら

※入会金無料キャンペーン実施中

宣伝会議 Web動画クリエイター養成講座|実務に役立つと人気の動画編集スクール

宣伝会議 Web動画クリエイター養成講座

\特別体験講座はこちらから/

宣伝会議 Web動画クリエイター養成講座公式サイトはこちら

※「実務に役立つか」という質問に対しての満足度 4.49点/5点!

スクール / コース名 宣伝会議 Web動画クリエイター養成講座
通学形式 オンライン型
受講形式 オンライン講座受講
校舎 なし
公式URL https://lp.sendenkaigi.com/webmovie_creator
案件紹介 未確認
転職・就職支援 未確認
入学金 なし
受講費用 全8回・税込 99,990円
運営会社 株式会社宣伝会議

株式会社宣伝会議が提供する講座が、このWeb動画クリエイター養成講座です。

動画制作に関するスクールは多いですが、ここでは企業案件の動画制作や、広告会社が出すWeb動画の制作に特化した講義を行っています。

そのため、一般的な資料映像やイベント動画というよりも、広告向けの動画を作りたいという人に向いているのが特徴です。

カリキュラムでは、動画広告として必要な要素を座学で学び、魅力的に見せる撮影の方法や編集の仕方などを実践しながら習得していきます。

同時に、クライアントの依頼に合わせて企画をして、シナリオを作ったり担当者と話し合ったりする状況を想定した授業もあります。

こうすることで、本番さながらの雰囲気で学び、卒業後はすぐに現場で活躍できる人材としてスキルを伸ばせるのです。

また、Web業界の事情についても解説があり、マーケティング戦略の立て方についても学べます

その流れで、SNSやYouTube、スマホ向け動画など、ユーザーに合わせた動画形式での制作、企画をすることもできます。

講座は基本的に全8回となっていて、毎週金曜日に開催されます。

しかし、時期によってこの予定は調整されることもありますので、講座の開催ごとに予定を確認する必要があります。

受講料は99,990円となっていて、入会金なども含んでいます。

\特別体験講座はこちらから/

宣伝会議 Web動画クリエイター養成講座公式サイトはこちら

※「実務に役立つか」という質問に対しての満足度 4.49点/5点!

副業の学校 動画クリエイター講座|動画編集スキルで副業をしたい方向け

副業の学校 動画クリエイター講座

\お申し込みはこちらから/

副業の学校 動画クリエイター講座の公式サイトはこちら

※月額2,980円で始められる

スクール / コース名 副業の学校 動画クリエイター講座
通学形式 オンライン型
受講形式 オンライン講座受講
校舎 なし
公式URL https://fukugyou-gakkou.jp/all-course/video-creator/
案件紹介 なし
転職・就職支援 なし
入学金 なし
受講費用 月額制・月額2,980円
運営会社 株式会社TwinRing

副業の学校は、株式会社TwinRingによって運営されているスクールで、名称からも分かるように副業として行えるIT系のスキルを指導しています。

ネットコンテンツについての様々な講義が用意されていて、200以上の内容から選べるのが特徴です。

その中には、動画クリエイター講座があり、基礎からプロとしてのスキルまでを短期間で習得できるカリキュラムが用意されています。

主に、Premiere ProやAfter Effectsといった編集ツールを使った編集技術を学んでいくことができます。

初心者に焦点を合わせたコースとなっていますので、基本的な操作方法から学びたいという人にピッタリです。

丁寧にそれぞれのツールの使い方や、効果の付け方、現場で使われているテクニックなどを教えていきますので、付いていきやすいのがメリットです。

また、課題演習にも力を入れていて、それぞれのステップで学んだことを、実際に動画制作を通して覚えていきます。

手を動かしてすぐに復習ができますので、短期間でも充実した学習ができます

副業の学校 実習の環境

また、課題は講師がしっかりと添削をして、どこをどう改善したら良いかを指摘します。

しかも、課題添削は無制限となっていますので、実際の現場でどのレベルになると採用されるのかといった基準を知る助けとなります。

また、自分の弱点などを見つけて、着実にスキルを伸ばせるのもメリットです。

このコースでは、企画やマーケティング戦略などの授業は用意されておらず、動画編集にフォーカスしたものです。

そのため、とにかく制作スキルだけを学びたいという人に向いています。

コースはレベルや学ぶ内容に応じてプラン分けされています。

たとえば、Premiere Proコースでは、29,800円の受講料がかかり、After Effectsコースでは49,800円となっています。

これらの二つを同時に取得する場合には、69,800円となります。

これらの受講料に加えて、月額で2,980円の会費がかかります。

自分の好きな内容だけを選んで学ぶことで費用を抑えられますし、短期間で集中して学ぶことで月額費用を減らせるというのもメリットです。

\お申し込みはこちらから/

副業の学校 動画クリエイター講座の公式サイトはこちら

※月額2,980円で始められる

教室通学型ありの動画編集スクール

教室通学型ありの動画編集スクール

動画編集スクールはたくさん存在していますので、自分に合ったものを見つけていくことが重要です。

いくつものおすすめのスクールがありますが、その中でも教室に実際に通って学ぶスタイルのところをピックアップしています。

教室通学型は直接講師とコミュニケーションを取れることや、生徒仲間と励まし合えること、自習室などの勉強に集中できる物理的な環境が用意されているといったメリットがあります。

こうした特徴を押さえつつ、自分に合ったスクールを探してみましょう。

ヒューマンアカデミー 動画編集講|未経験から動画編集スキル習得!転職・副業・スキルアップ

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座

\無料相談はこちらから/

ヒューマンアカデミー 動画編集講座の公式サイトはこちら

※教育訓練給付制度利用可能

スクール / コース名 ヒューマンアカデミー 動画編集講座
通学形式 オンライン+通学型
受講形式 集合型 + マンツーマン型
校舎

【北海道】
・札幌校 北海道札幌市中央区北3条西2−1NC北専北3条ビル5F【東北】
・仙台校 宮城県仙台市青葉区中央3-1-22エキニア青葉通りビル7F【関東】
・柏校 千葉県柏市柏4-5-10 サンプラザビル6F
・千葉校 千葉県千葉市中央区富士見2-7-5富士見ハイネスビル3F
・大宮校 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5ソニックシティビル24F
・新宿校 東京都新宿区新宿3丁目1-13京王新宿追分ビル8F
・銀座校 東京都中央区銀座6-13-16ヒューリック銀座ウォールビル6F
・横浜校 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-17-1相鉄岩崎学園ビル2F

【東海】
・静岡校 静岡県静岡市葵区紺屋町11-4太陽生命静岡ビル5F
・浜松校 静岡県浜松市中区鍛治町140番地浜松Cビル6F
・名古屋校 愛知県名古屋市中村区名駅3-26-8KDX名古屋駅前ビル9F

【関西】
・京都校 京都府京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670番地 京都フクトクビルディング3F
・大阪梅田校 大阪府大阪市北区芝田1-1-4阪急ターミナルビル10F
・大阪心斎橋校 大阪府大阪市中央区南船場4-3-2ヒューリック心斎橋ビル9F
・天王寺校 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5−1あべのルシアス9F
・三宮校 兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目9−1三宮センタープラザ東館5F

【中国・四国】
・岡山校 岡山県岡山市北区中山下1-8-45NTTクレド岡山ビル15F
・広島校 広島県広島市中区鉄砲町5-7広島偕成ビル2F
・高松校 香川県高松市サンポート2-1高松シンボルタワー15F

【九州・沖縄】
・福岡校 福岡県福岡市中央区天神4丁目4-11天神ショッパーズ福岡6F
・熊本校 熊本県熊本市中央区上通町6-22上通中央ビル2F
・鹿児島校 鹿児島鹿児島市西千石町17-3太陽生命鹿児島第2ビル1F
・那覇校 沖縄県那覇市牧志1-19-29D-naha8F

公式URL https://haa.athuman.com/academy/videoeditor/
案件紹介 未確認
転職・就職支援 転職・就職支援あり
入学金 11,000円(税込)
受講費用 6ヵ月 213,400円(税込)~
運営会社 ヒューマンアカデミー株式会社

ヒューマンアカデミー動画編集講座は、幅広い教育活動を行っているヒューマンアカデミー株式会社が運営している講座です。

全国各地に校舎を持ち、IT系のクラスだけでなく資格取得や生活に役立つ講座までかなり広いジャンルでの講座を展開しています。

それだけに、未経験者や初心者を指導してスキルを向上させるサポートの高度なノウハウを持っているのが強みです。

ヒューマンアカデミー 6つの特徴

この動画クリエイター講座でも、全く未経験の状態から仕事で使えるレベルまで短期間で持っていくことができます。

この講座については、23の校舎が大都市だけでなく地方都市にもありますので、最寄りの場所に通って学べるという利点があります。

この講座では、現役の動画クリエイターが監修した映像教材による講座を受けますが、映像学習は見放題となっています。

また、いつでも学んだ点についての質問ができて、その回数に制限がありませんので心配な点を残すことなく確実に学習を進めていけます。

コースを取る前から転職を成功させるまで、カウンセラーが付いて親身になってサポートをしてくれます。

学習状況についての悩みや、就職についての相談などを気軽にできます。

カリキュラムの中ではポートフォリオを制作する部分があります。

フリーランスが案件に応募する際のコンペで使用することもできますし、転職活動でアピールに使うことも可能です。

高い質の作品となるように、仕上がりのチェックもこまめに行ってくれますので安心して制作に取り組めます。

こちらでは、3つのコースがあります。

基礎を学ぶ「動画クリエイターコース」は、6か月で受講料は193,270円です。

本格的な技術を磨ける「動画クリエイター総合コース」は、6か月の受講期間で31,0640円となっています。

一般的な動画編集スキルにとどまらずWeb制作まで加えた「Web動画クリエイターコース」は、12カ月の期間設定で745,800円です。

どれも受講料に加えて、11,000円の入学金が必要です。

分割払いにも対応していますので、ゆとりを持って支払いができるのがうれしいところです。

\無料相談はこちらから/

ヒューマンアカデミー 動画編集講座の公式サイトはこちら

※教育訓練給付制度利用可能

参考:ヒューマンアカデミー 動画編集講座の評判・口コミ

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG ネット動画ディレクター専攻|6ヶ月で未経験からプロの動画クリエイターを目指す

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

\説明会予約はこちらから/

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの公式サイトはこちら

※月額5,400円から

スクール / コース名 デジタルハリウッド STUDIO by LIG
通学形式 オンライン+通学型
受講形式  映像教材と直接指導を併用した学習スタイル
校舎 【東京】
・上野校 東京都台東区小島2-20-11 LIGビル
・池袋校 東京都豊島区南池袋1丁目19-12山の手ビル東館 6F
・北千住校 東京都足立区千住4-18-11 2F【埼玉】
・大宮校 埼玉県さいたま市大宮区仲町2丁目25松亀プレジデントビル 301号室【神奈川】
・川崎校 神奈川県川崎市川崎区砂子1-1-10 夏原ビル 2F
公式URL https://liginc.co.jp/studioueno/video_creator/
案件紹介 動画編集案件の紹介あり
転職・就職支援 転職・就職支援あり
入学金 なし
受講費用 3ヶ月330,000円(税込)~
運営会社 株式会社LIG

デジタルハリウッド株式会社が運営するスクールで、主にWebサービス系の講座を展開しています。

オンラインでのスクールに加えて校舎も持ち、通学式の講座を展開しています。

デジタルハリウッド こんなあなたにおすすめ

同社では、デジタルハリウッド大学と大学院を運営していて、高度なITデザインの教育を得意としているのが特徴です。

こうした教育機関で提供されるカリキュラムの中でも、それぞれのジャンルに絞った講座を行っていて、その一つが「動画編集・ネット動画クリエイター専攻コース」です。

このスクールの特徴は、未経験の状態からでも集中的に学習を進め、最短で1か月でスキルを身に着けられるという点です。

動画教材を使った講義の他に、現役の映像クリエイターによる講義が用意されていて、現場で即使えるノウハウを聞けるのが人気です。

Web系のサービスに強いという特徴を活かして、YouTubeや動画広告についての実践的な技術を教える講義も設けられています。

こうした最新のトレンドを教えるスクールなのが特徴と言えます。

学習は現役クリエイターでもある講師が直接指導してくれますので、学習の中で分からない点や突き止めたいポイントなどを直接聞いて学べるのが強みです。

常にアウトプット課題に取り組むようにカリキュラムが組まれているので、学んだ点をすぐに手を使って覚えていけるのも特徴です。

プロが使う機材やソフトを使って課題をしていくので、現場に入っても戸惑うことがありません。

デジタルハリウッドSTUDIOでは、校舎に通う学び方とオンライン学習を組み合わせることが可能です。

仕事の忙しさなどに合わせて自由に調整できるのでとても便利です。

このコースは基本が4か月となっていて、受講料が385,000円に設定されています。

集中して勉強に取り組むことで、期間を短縮することも可能です。

授業料には入学金や設備費などの費用がすべて含まれていますので、それ以上の負担はありません。

料金体系が分かりやすいですし、プロが現場でも使っている専用ソフトなどを割引料金で購入できる制度もありますので、お得に学び仕事に備えたいという人にも向いています。

\説明会予約はこちらから/

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの公式サイトはこちら

※月額5,400円から

参考:デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの評判・口コミ

MOOCRES(ムークリ)|現役動画クリエイターから学ぶ映像クリエイター養成スクール

動画制作が学べる少人数制スクール「MOOCRES(ムークリ)」の評判や特徴をご紹介

\個別相談会参加はこちらから/

MOOCRES(ムークリ)の公式サイトはこちら

※受講期間中PCは無料レンタル可能

スクール / コース名 MOOCRES(ムークリ)
通学形式 オンライン+通学型
受講形式 集合型
校舎 【東京】
・東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8F【大阪】
・大阪府大阪市中央区備後町3丁目6-2 中央会計セミナールーム
公式URL https://moocres.com/
案件紹介 動画編集案件の紹介あり
転職・就職支援 未確認
入学金 なし
受講費用 5ヶ月 66万円(税込)
運営会社 株式会社イケてるやつら

MOOCRES(ムークリ)は、株式会社イケてるやつらが運営する要請サロン型のスクールです。

校舎は大阪と渋谷に設けられています。

未経験から最短期間でのプロクリエイターを養成することをモットーとしていて、5か月間のカリキュラムが組まれています。

最前線で働く動画クリエイターが講師となり、実務を中心とした講義を展開していくのが大きな特徴です。

そのため、一般的な知識ではなく、現場で実際に使っているテクニックをそのまま指導する形となっています。

1クラス当たり10人のみの生徒という少人数制の講座で、すべて直接指導を行っています

月に1回以上はツーマンセル授業を講師と生徒のみで実施しているのも特徴です。

このように、密着型の指導をすることによって、オンライン授業では学べない細かなニュアンスなども伝えられるのを強みとしています。

moocres(ムークリ)を選ぶべき6つの特徴

さらに、講義が終わった後も、グループチャットによって質疑応答をしています。

自習中に疑問に思ったことなどをすぐに尋ねられて、疑問点を放置しておくことがありません。

また、オリジナルの動画素材を生徒に公開していて、自由に活用できます。

ポートフォリオを作る際などに、この素材ライブラリから参照することで、より質の高い作品に仕上げられるのがメリットです。

また、授業では、実際に講師たちが行った実際の案件に取り組むクラスも設けられます。

仕事に就いたら、どんな形で依頼が来るのか、そのレベルで仕上げないといけないのかなどを体験できて大きな財産となります。

こうした案件は、企業PR動画やアニメ動画など、様々なジャンルに及びますので対応力に秀でたクリエイターとなるように助けられます

このメインコースでは授業料を税込み60万円と設定しています。

これには入学金や設備利用料などがすべて含まれていますので、追加費用はかかりません。

1週間に2時間の講義を2回受けることができて、オンライン相談や質問は無制限となっています。

もちろん、映像資料や素材ライブラリなどは使い放題ですので、自習をするのも楽で期間中勉強に集中できます。

運営会社として動画制作会社と提携をしていて、修了後に案件の紹介を受けられるチャンスもあります。

そのまま仕事に結びついていくこともありますので、メリットは大きいでしょう。

\個別相談会参加はこちらから/

MOOCRES(ムークリ)の公式サイトはこちら

※受講期間中PCは無料レンタル可能

参考:MOOCRES(ムークリ)の評判・口コミ

MOVA|フリーランスの動画クリエイターを目指す学校

動画制作・編集スクール「MOVA」とは

\無料相談会に申し込む/

MOVAの公式サイトはこちら

※オンラインと教室の両方で授業が受けられる

スクール / コース名 MOVA
通学形式 教室通学型
受講形式 集合型
校舎 【東京】
・東京都渋谷区神宮前2-19-13 VORT原宿3F
公式URL https://www.mova-excite-world.com/
案件紹介 未確認
転職・就職支援 未確認
入学金 なし
受講費用 12ヵ月・660,000円(税込)
運営会社 株式会社EWC

MOVAは株式会社ミライノベが運営しているスクールで、動画クリエイターを養成する講座をメインとしています。

特にフリーランス育成に力を入れていて、独立して一人でも案件を受け作品を納品できるまでの一連の作業を完成できるよう指導します。

mova 稼げるフリーランスのクリエイターになれる

MOVAでは講師を全員現役で働くクリエイターとしていて、最新のテクニックやトレンドを学べる環境を作っているのが特徴です。

また、フリーランスとして活躍するためには、今どんなスキルを身に着けるべきなのかをリアルで学べます。

このスクールでは、動画編集だけでなく撮影や企画、ディレクションなど制作に必要なすべてのプロセスについて学習できるのが強みです。

しかも、単なる座学ではなく、個人やチームでの撮影や編集を行っていき超実践的な教育を受けられます。

案件を受注することを目指して、講座の中ではクライアント向けの提案書や企画書の作成、予算の出し方など業務に欠かせないフローについても取り組みます。

総合的な内容を学べるのがMOVAのメリットと言えるでしょう。

MOVAはオフラインでの通学スタイルと、オンラインでの講義を受けることができます。

通学の場合は渋谷区にある校舎に通うことになります。

受講期間は12か月となっていて、3ヶ月スパンでレベル分けをして段階的にスキルを身に着けるスタイルが採られています。

費用は月々26,800円からとなっていて、学ぶ内容や期間によってバリエーションがあります。

オフラインでの講義は毎週日曜日の午後からに設定されています。

自習室については平日であれば毎日19時から22時まで自由に使うことができます。

未経験であっても1年でフリーランスとして、幅広い分野の動画関連の案件に携われるようになり、案件獲得のための充実した支援プログラムも組まれています

\無料相談会に申し込む/

MOVAの公式サイトはこちら

※オンラインと教室の両方で授業が受けられる

参考:MOVAの評判・口コミ

Videographer Class|少人数制や撮影実践形式、案件獲得サポートが特徴の動画編集スクール

Videographer Class トップ画像

\個別説明会参加はこちら/

Videographer Classの公式サイトはこちら

※月額21,000円から

スクール / コース名 Videographer Class
通学形式 通学型
受講形式 少人数型
校舎 ・渋谷
・新大久保
公式URL https://www.pfm-company.com/
案件紹介 未確認
転職・就職支援 サポート体制あり
入学金 なし
受講費用 4ヶ月・月額21,000円〜
運営会社 PFM inc.

Videographer Classは、PFM incが運営しているスクールで、動画撮影と編集に特化したカリキュラムとなっています。

Videographer Classは未経験から4ヶ月で映像関係の仕事ができるように、生徒が学ぶべき必要なことに集中して学習するようになっています。

各授業6名の少人数制の授業で行われ、かつ対面での実践型授業となっています。

講師から丁寧に教わることが可能ですので、1人1人に十分な実践の時間があります

未経験の方でも4ヶ月の期間で映像を仕事にするためのスキルを身に着けることができるのがポイントです。

動画編集はもちろんのこと、撮影の実践がメインとなっているカリキュラムです。

将来的に仕事にするからこそ、逆算してスケジュールを組み、仕事に直結するような映像ジャンルとスキルに絞って学びます。

スキルアップの近道は繰り返すこと。

何度も繰り返し学習していくことによって、4ヶ月という短い期間で仕事ができる状態を目指していきます。

さらにカリキュラムの中には毎週1本の映像作成が組み込まれており、技術を高めることができるようになっています。

Videographer Class カリキュラム内容

教室のような場所で授業を聞くという時間はほとんどなく、各授業ごとにその日のテーマに沿った撮影場所で実践していくスタイルです。

実際の商品やモデルがいる中で撮影が行われるため、現場に限りなく近い環境で練習できるようになっています

また、4ヶ月の間しっかりとサポートも受けることができます。

授業内はもちろん、オンラインでいつでも質問できるので、疑問をすぐに解消していきましょう

個別キャリアサポートも実施されており、専門スタッフと今後の活動の進め方を一緒に計画していきます。​

さらに卒業3ヶ月は現役クリエイターが一緒に案件サポートを行ってくれるため、安心して初案件に取り掛かることができます

料金は4ヶ月コースで月額21,000円からとなっています。

\個別説明会参加はこちら/

Videographer Classの公式サイトはこちら

※月額21,000円から

Videographer Classの評判・口コミ

VIDEO LEGENDS(ビデオレジェンズ)|マーケティングも学べるビジネス特化型の動画クリエイター育成スクール

VIDEO-LEGENDS トップ画像

\無料説明会参加はこちら/

VIDEO LEGENDS(ビデオレジェンズ)の公式サイトはこちら

※日本最大級の動画スクール

スクール / コース名 VIDEO LEGENDS(ビデオレジェンズ)
通学形式 オンライン+通学型
受講形式 オンライン受講型+対面型
校舎 撮影現場
公式URL https://neo.video-legends.com
案件紹介 未確認
転職・就職支援 サポート体制あり
入学金 未確認
受講費用 未確認
運営会社 株式会社VisLive

VIDEO LEGENDS(ビデオレジェンズ)は、株式会社VisLiveが運営しているスクールで、ビジネス特化型動画クリエイターになれると謳っています。

ビジネス特化型動画クリエイターとは、「ビジネスをオンライン化させるために必要」な動画制作が出来る動画クリエイターの呼び方です。

ビジネスのオンライン化を進めていきたいと思っている全国の中小企業や個人事業主は多いはず。

特に動画に興味を持っていても、「どんな動画を取り入 れたら良いのか?」「誰に動画制作を頼んだら良いのか?」が分からず成果を出せていないと感じる事もあるのではないでしょうか。

そんな疑問を解消することができるスクールとなっています。

VIDEO LEGENDS(ビデオレジェンズ)では制作・撮影スキルだけではなくマーケティング・営業・動画の企画構成全てを学ぶことが可能となっており、お客様に本当に求められる、単価の高い仕事が出来る動画クリエイターを目指すことができます。

未経験の方でも安心して受講できるように講座の中には『PCの基本設定』という講座も用意されています。

未経験ではないがスキルアップのために受講されている方でも満足できるように、講座で学ぶ内容はトレーラー動画やプロモーション動画のような動画編集の高度な技術を必要とするものや、某有名TV番組のメインカメラマンをしていたような講師のカメラ講座も用意されています。

また、せっかく入ったものの仲間との交流がないというスクールもある中で、質の高い仲間に出会える事もメリットの一つでしょう

同じ生徒の仲間にも某有名番組のメインカメラマン、プロのマーケッター、広告運用者、WEB制作のプロ、モデルなど様々な分野のプロフェッショナルが在籍しています。

様々な生徒コミュニケーションを取ることで、良い刺激を受けることができます。

そして、実戦の場である撮影現場には先輩が連れて行ってくれます。

撮影のレクチャーだけではなく、実際に自分の手でプロが使うカメラで撮影したり、インタビューをしたり、ドローンを操縦する機会を与えてもらえます

無料のカメラ、周辺機器レンタルも行っているので存分に活用することをお勧めします。

プロが使うカメラや付随する部品はとても高額で、カメラマン初心者が揃えるにはお金がかかります。

ですが、スクールではVGH5・三脚・3点照明・ピンマイクなどを無料レンタルすることができます

送料だけは自己負担となっていますが、本物のカメラを触ることができるチャンスです。

サポート体制については、ChatWorkを使って講師と常にコミュニケーションできる環境となっています。

そのため、必要な時にいつでもサポートを受けることができます。

20名弱在籍する講師から、質問の際には必ず回答を貰える上、それでも分からないことがあった場合には、zoomでの面談も可能です。

これは回数制限などはなく、クライアント受注したの仕事内容などについても相談することが出来ます

\無料説明会参加はこちら/

VIDEO LEGENDS(ビデオレジェンズ)の公式サイトはこちら

※日本最大級の動画スクール

PLAY BACK(プレイバック)|業界初!プロのパフォーマーの撮影素材を使用しての課題制作

PLAY BACK

\お申し込みはこちらから/

PLAY BACK(プレイバック)の公式サイトはこちら

※業界初!プロのパフォーマーの撮影素材を使用しての課題制作

スクール / コース名 PLAY BACK(プレイバック)
通学形式 オンライン型・ 教室通学型
受講形式 集合型
校舎 【東京】
・Laugh Out 渋谷 〒150-0041 東京都渋谷区神南1-7-7渋谷公園通りNNビル
公式URL https://play-back.net/
案件紹介 未確認
転職・就職支援 あり
入学金 なし
受講費用 2ヵ月・110,000円 ~
運営会社 株式会社EPOCH  株式会社 VIXI

PLAY BACK(プレイバック)は、株式会社EPOCHと株式会社VIXの2社で運営されているスクールです。

どちらの会社も自身で映像制作や企業のマーケティングサポートを行っていて、有名番組やアイドルグループのプロモーションビデオを作るなど実績が豊富です。

そうした制作現場で蓄積したノウハウとアイディアを武器に、生徒たちに使えるスキルを身に着けられるように指導しているのが特徴です。

PLAYBACK(プレイバック)3つの特徴

同スクールでは、土曜日に通うSATクラスと日曜日に通うSUNクラスの2つが設けられていて、土日の時間を使って勉強をしたい人向けとなっています。

そのため、仕事をしながら学習をして転職や独立の目標を達成したい人にぴったりです。

また、オンラインでの受講スタイルも採用しています。

コースは実写編集コースモーション編集コースに分かれていて、映像分野によって選択することになります。

クリエイターとして活躍している講師が実際に現場で使われている編集ソフトを使って教えていくのが基本となっています。

基本的な使い方を講義した後は、生徒が手を動かしながら実践し、講師がそれをフォローアップする時間が設けられています。

こうしてすぐに体を使って覚えることで、短期間でも確実にスキルを蓄えていくことができます。

レベルが進むと、パフォーマーが撮影した動画を見て、どのように構成を組み立てて仕上げるかを話し合い、実際に編集作業をしていくといった現場さながらの講座となります。

より実用的なスキルと体得できるので、現場でも頑張れるという自信を付けられます。

オフラインでの受講スタイルの場合、受講料は220,000円となっています。

校舎は渋谷区にあり、駅からも近いので無理なく通える便利な立地です。

校舎には生徒が利用できるPCも用意されていますので、身軽に勉強できるのもメリットです。

\お申し込みはこちらから/

PLAY BACK(プレイバック)の公式サイトはこちら

※業界初!プロのパフォーマーの撮影素材を使用しての課題制作

WINスクール|全国に教室がある動画編集スクール

Winスクール

\無料体験・説明会はこちらから/

WINスクールの公式サイトはこちら

※年間17,000人が受講

スクール / コース名 WINスクール
通学形式 オンライン型・教室通学型
受講形式 マンツーマン型
校舎

【北海道エリア】
北海道 札幌駅前校 札幌市 邦洋札幌N4・2ビル 3F

【東北エリア】
岩手県 盛岡校 盛岡市 マリオス 5F
宮城県 仙台駅前校 仙台市 三井住友銀行仙台ビル 4F

【北関東エリア】
栃木県 宇都宮校 宇都宮市 明治安田生命宇都宮大通りビル 2F
埼玉県 大宮校 さいたま市 ソニック・シティ 21F
茨城県 水戸校 水戸市 COM BOX 310 2F
つくば校 つくば市 つくばセンタービル 2F
群馬県 高崎校 高崎市 高崎ウェストワンビル 9F

【都内・南関東エリア】
東京都 新宿本校 新宿区 松岡セントラルビル 3F
渋谷校 渋谷区 渋谷こうゆうビル(旧 川昌渋谷ビル) 4F
池袋校 豊島区 第一真下ビル 6F
銀座校 千代田区 東京交通会館ビル 3F
秋葉原校 千代田区 第3東ビル 7F
北千住校 足立区 エクセル33ビル 5F
町田校 町田市 サニーサイドビルディング 3F
立川校 立川市 立川三菱ビル9F
千葉県 千葉校 千葉市中央区 塚本大千葉ビル 8F
柏校 柏市 第5彰栄ビル 2F
船橋駅前校 船橋市 KDX船橋ビル 1F
神奈川県 横浜校 横浜市 ヨコハマ・ジャスト1号館 7F
藤沢校 藤沢市 三井生命藤沢ビル 4F

【北陸・甲信越エリア】
新潟県 新潟駅前校 新潟市 カープ新潟ビル 6F
石川県 金沢アピタ校 石川金沢市 アピタ金沢店 2F

【東海エリア】
静岡県 静岡校 静岡市 エクセルワード静岡ビル 10F
浜松校 浜松市中区 浜松第一生命日通ビル 4F
愛知県 名古屋駅前校 名古屋市 第三堀内ビル 12F
栄校 名古屋市 栄町ビル西館 3F
刈谷イオンタウン校 刈谷市 イオンタウン刈谷店 1F
豊田校 豊田市 T-FACE A館 8F
三重県 四日市アピタ校 四日市 アピタ四日市店(トナリエ内) 3F

【近畿エリア】
滋賀県 草津校 草津市 エルティ932・ガーデンシティ草津(hikariya) 3F
京都府 京都駅前校 京都市下京区 京都駅前SKビル 4F
四条校 京都市下京区 京都三井ビル 3F
奈良県 奈良西大寺校 奈良市 サンローゼビル 4F
大阪府 梅田校 大阪市北区 大阪梅田ツインタワーズ・ノース(旧:梅田阪急ビル オフィスタワー)21F
なんば校 大阪市中央区 難波駅前四丁目ビル(旧 ヒューリック難波ビル)14F
天王寺校 大阪市阿倍野区 あべのルシアス 6F
大日校 大阪府門真市 ベアーズ 1F
兵庫県 神戸三宮校 神戸市 マークラー神戸ビル 12F
姫路イオンタウン校 姫路市 イオンタウン姫路 2F

【中国エリア】
岡山県 岡山校 岡山市 第一セントラルビル1号館 6階
広島県 福山校 福山市 明治安田生命福山駅前ビル 3F
広島本校 広島市 合人社広島紙屋町ビル 5F
山口県 宇部校 宇部市 ゆめタウン宇部店 2F

【四国エリア】
香川県 高松駅前校 高松市 パシフィックシティ高松 5F
愛媛県 松山校 松山市 日本生命松山市駅前ビル 4F

【九州エリア】
福岡県 北九州小倉校 北九州市小倉北区 小倉KMMビル 1F
八幡黒崎イオンタウン校 北九州市八幡西区 イオンタウン黒崎店 2F
博多駅前校 福岡市博多区 博多新三井ビルディング 7F
福岡天神校 福岡市中央区天神 アクロス福岡 3F
長崎県 長崎校 長崎市 興善町イーストビル 1F
熊本県 熊本水前寺校 熊本市 えきマチ1丁目水前寺(旧フレスタ水前寺)2F
鹿児島県 鹿児島中央駅前校 鹿児島市 南国センタービル 1F

公式URL https://www.winschool.jp/guidance/design/
案件紹介 未確認
転職・就職支援 あり
入学金 税込19,800円
受講費用 3ヵ月・税込65,120円~
運営会社 ピーシーアシスト株式会社

WINスクールは、ピーシーアシスト株式会社が運営しているスクールで、Web系やCAD系の講義を中心にしています

全国にいくつもの校舎を設置していますので、大都市でなく地方に住んでいる人でも通学式の動画編集スクールに行けるのがメリットです。

また、個人向けの給付金制度の対象となっていますので、費用負担を軽減したい人にも向いているスクールです。

WINスクール 個人給金制度利用可能

WINスクールでは様々なコースがありますが、動画編集向けとしては「グラフィックデザイン・映像デザイン」というコースが用意されています。

その中にさらに、「動画制作・映像デザインコース」というものがありますので、動画編集をメインとする方はこれを選びます。

講座を受ける人の9割以上が未経験者ということもあり、基礎からしっかりと学べるカリキュラムを組んでいるのが特徴です。

運営会社は年間で1,500社以上の企業研修を行っていますので、そこで培った企業向け動画制作のノウハウを指導してくれるのが強みです。

また、個人だけでなく企業を対象とした研修をすることも可能です。

プロ講師による個人レッスンを実施するのが同スクールの特徴で、確実に身に着くまで繰り返し学習をしていきます。

また、資格取得サポートを積極的に行っていて、クリエイター能力検定では、90パーセント以上の一発合格率の実績を持ちます。

プランはスキルごとに細かく分かれているのも特徴で、YouTube動画制作実習プランは税込み65,120円、動画編集ツール特化のプランとYouTube動画制作をミックスしたプランは、受講料が171,600円などとなっています。

他にも映像合成について学ぶAfter Effects CC講座は120,560円に設定されています。

それぞれの必要に応じて、プランを選択して無駄なく学習できるのがメリットと言えるでしょう。

\無料体験・説明会はこちらから/

WINスクールの公式サイトはこちら

※年間17,000人が受講

LOOKTONE(ルックトーン)動画制作|大人のための少人数制クリエイティブデザインスクール

LOOKTONE

\お申し込みはこちらから/

LOOKTONE(ルックトーン)の公式サイトはこちら

※大人のための少人数制クリエイティブデザインスクール

スクール / コース名 LOOKTONE(ルックトーン)
通学形式 オンライン型・教室通学型
受講形式 集合型
校舎 ・東京都渋谷区上原 2-32-3 Y-2ビル 801
公式URL https://looktone.jp/ae_total_course.html
案件紹介 未確認
転職・就職支援 未確認
入学金 なし
受講費用 12ヵ月・770,000円
運営会社 クリエイティブラボ ルックトーン

LOOKTONE(ルックトーン)は、アーティストの高橋篤史氏が個人で運営するスクールです。

LOOKTONE(ルックトーン) 高橋篤史 学長

同氏は大手デジタルハリウッド大学院教授を務めた経歴を持つほか、様々な有名アーティストのミュージックビデオの映像制作を担当するといった実績を持っています。

その知名度とノウハウを活かして、動画制作に関するスクールを立ち上げたわけです。

このスクールの特徴は通学生と呼ばれる制度で、一度受講を始めたら修了という概念はなく、クラスに空席がある限りはいつでも来て受講できます。

再受講をする際には費用が発生しませんので、いつまでも学び続けられるのがメリットです。

指導法もオリジナルのもので、それぞれの生徒が望むイメージの作品を作れるように、個性を大事にした教育をしていきます。

ツールに頼ることなく、誰でも簡単に習得できる実践的な映像デザインスキルを磨けるカリキュラムを用意しています。

講師は映像クリエイターとして活躍してきたプロで、数々の有名企業からの依頼を受けて映像作品を作り上げてきた実績を持っています。

人材育成に力を入れて、丁寧に自分たちが磨き上げてきたテクニックを伝えることを重視して教えているため、プロ養成スクールとしての評判も得ています

また、少人数制のクラスを作っており、落ち着いた環境で勉強に集中できるように校舎を整えています。

講師への質問や相談も気軽にできるシステムとなっていて、他にはないアーティストが考えるオリジナルの理論を学べる機会を持てます。

いくつかのコースを設けていますが、動画制作コースでは毎週水曜日に通うクラスと、日曜日に通うクラスの2つが設けられています。

LOOKTONE(ルックトーン) 動画制作講座アフターエフェクト

どちらも、既定のカリキュラムでは全23回の6か月間を目安としています。

料金は税込み385,000円で、銀行振込とカード決済が可能です。

校舎は渋谷区にあり駅から歩いて着ける便利な立地です。

\お申し込みはこちらから/

LOOKTONE(ルックトーン)の公式サイトはこちら

※大人のための少人数制クリエイティブデザインスクール

BYND(バインド)|1ヶ月で動画とモーショングラフィックが学ぶスクール

BYND

\無料説明会はこちらから/

BYND(バインド)の公式サイトはこちら

※1ヶ月後は動画クリエイターに

スクール / コース名 BYND(バインド)
通学形式 通学型
受講形式 集合型
校舎 ・BYND青山(スタジオ名:STUDYO X 青山)
・東京都港区赤坂7-4-12 2FBYND  神宮(スタジオ名:STUDYO X 神宮)
・東京都渋谷区千駄ヶ谷5-4-9 第20スカイビル5F
公式URL https://hlywd.co.jp/bynd/
案件紹介 未確認
転職・就職支援 未確認
入学金 なし
受講費用 1ヵ月・税込 96,800円~
運営会社 HLYWD INC.

BYND(バインド)は株式会社HLWDによって運営されているスクールで、映像デザイン関連の講座をメイとしています。

その仕組みはメインコースとして組まれている、ビデオグラファーコースかモーショングラフィッカーコースのどちらかを選択してスタートするというものです。

どちらも受講時間は20時間程度となっていて、日数としては4日間設けられています。

これに講座内で制作した生徒たちの発表会が別に予定されています。

その後、希望に応じてさらに高度で幅広いスキルを学べるオプション講座を取ることもできます

スケッチ・フォー・ビデオ」というものと、「チューン・オブ・モーション」という2つのオプション講座が設けられています。どちらも10時間程度の講座で、2日間で修了します。

最短で1か月程度で、未経験の状態から動画編集のスキルを身に着けられる内容となっていて、短期集中型のスクールと言えるでしょう。

開講は1か月半ごとになされていますので、始めたいと思ったらすぐに申し込んでスタートできるのもメリットです。

校舎は青山と神宮にあって、コースによって通う場所が違います。

通学スタイルのクラスでは、専任講師が生徒の学習状況を常にウォッチして、それぞれに対して対面でカウンセリングをしているのが特徴です。

より効率よくスキルをアップさせる方法を教えたり、これから仕事を始める上での悩みなどについてアドバイスをしたりしています。

クラスを通して仲間と一緒に学ぶスタイルを重視しているのもこのスクールの特徴で、仲間を得てお互いに教え合いながら楽しくプロへの道を歩んでいけるのが魅力です。

また校舎には本格的なプロ仕様のスタジオが設けられています。

そこで、現場の雰囲気を感じながら様々な撮影スキルを体験できるのも、このスクールならではのメリットでしょう。

このスクールは、メインコースとオプションとでいろいろな組み合わせができます。

そのため、選んだ内容によって講座料も変わってきます。

実写もアニメもすべて学べるコンプリートパックでは、税込み251,680円の料金設定がなされています。

メインコースのビデオグラファーのみの受講であれば、税込み96,800円となっています。

予算やそれぞれの学びたい内容に応じて、組み合わせを変えられるのが特徴的です。

\無料説明会はこちらから/

BYND(バインド)の公式サイトはこちら

※1ヶ月後は動画クリエイターに

買い切り型の動画編集スクール・講座(Youtube特化あり)

 

動画編集を学ぶスタイルとしては、校舎に通ったりオンライン講座に参加したりするだけでなく、買い切り型の講座に申し込むという手段もあります

買い切り型にもいろいろなパターンがありますが、基本的には動画教材などをまとめて購入して学んでいくというスタイルです。

講座を受けるために、定期的に決まった時間を作ったり講師と対面で会ったりする必要がなく自分のペースで学べるのがメリットです。

転職サポートや、メンタリングなど個別のサポートが付いているスクールもあります。

スクールによる受講形式や提供されるサービスの違いが大きいスタイルでもありますので、それぞれのスクールの内容をしっかりと把握して選ぶことが大事です。

MovieHacks(ムービーハックス)|YouTubeに特化した人気の動画編集講座

ムービーハックスとは

\お申し込みはこちらから/

MovieHacks(ムービーハックス)公式サイトはこちら

※Youtube特化型スクール

スクール / コース名 MovieHacks(ムービーハックス)
通学形式 オンライン型
受講形式 オンライン講座受講
校舎 なし
公式URL https://skill-hacks.co.jp/moviehacks/
案件紹介 なし
転職・就職支援 なし
入学金 なし
受講費用 買い切り方・69,800円(税込)
運営会社 株式会社スキルハックス

MovieHacks(ムービーハックス)は、株式会社スキルハックスが運営しているスクールで、IT系の幅広い講座を提供しています。

ブログ講座やプログラミング講座などもあり、オンラインサービス関連の副業や転職を考えている人からの支持が厚いです。

その中に動画編集講座も設けられています。

動画編集講座としては、YouTube動画制作に特化したものや、フリーランスや副業をする上で案件を獲得することを目指した総合的な講座があります。

他にも、ホワイトボードアニメなど、アニメーション編集に特化した講座もあります。

このように、MovieHacksでは動画制作に関係して、欲しいスキルに応じてピンポイントで学べるというメリットがあります。

その分、費用も学習期間も省けますので効率よく学び、短期間で仕事を始められるようになります

どの講座でも、その道のプロが講師として指導をしていますので、実践ベースでの教育を受けられるのがメリットです。

講座の進め方としては、事前に用意された映像教材を見てテクニックを学んでいきます。

生徒はメッセージツールを使った講師への質問をすることができ、時間帯や回数の制限がありませんので納得行くまで勉強できます。

買い切り型といっても、単に教材を受け取って終わりということではなく、講師からのサポートがあるのがうれしいところでしょう。

YouTube動画制作特化の講座は、料金が69,800円、案件獲得型の講座は99,800円、アニメーション制作講座は59,800円となっています。

どの講座でも、MacでもWindowsでも受講することができます。

アニメーション制作などについては、制作用のツールが必要となりますので、所有していない人については別途使用料がかかります

LINEによる講師への質問などは、追加費用がかからず講座本体の購入だけで済むので分かりやすい料金体系です。

\お申し込みはこちらから/

MovieHacks(ムービーハックス)公式サイトはこちら

※Youtube特化型スクール

ムービーハックスとは【2022年】MovieHacks(ムービーハックス)の評判・口コミ調査!悪評や稼げないという噂は本当?

レバレッジエディット|YouTubeやWebアニメーション動画が学べる動画講座

レバレッジエディット

\お申し込みはこちらから/

レバレッジエディットの公式サイトはこちら

※受講者数200名突破

スクール / コース名 レバレッジエディット
通学形式 オンライン型
受講形式 オンライン講座受講
校舎 なし
公式URL https://leverage-learning.com/leverageedit/
案件紹介 なし
転職・就職支援 なし
入学金 なし
受講費用 買い切り型・59,800円
運営会社 株式会社N8tive Works

レバレッジエディットを運営している会社は、株式会社N8tive Worksで、YouTubeに関連したツール開発や、そこで培ったノウハウを教える講座を提供しています。

動画編集講座も、YouTube動画制作に強いのが特徴で、プロのクリエイターによるテクニックを学べます。

実際にプロがどのように映像を編集しているのかを教材として扱い、現場での制作過程を確認できるのがメリットです。

また、未経験者からフリーランスとして案件を獲得して安定した収入を上げるまでのプロセスを徹底指導しているのも特徴と言えます。

動画を編集するに当たって、テロップや構成などの基本的なスキルから入り、アニメーションの制作・編集方法などまでをカリキュラムで扱います。

さらに、YouTube動画で多くの登録者を得るためのサムネイルやキャッチコピーの作り方なども講義の中で取り上げます。

こうして、単なる編集技術だけでなくマーケティング戦略の実践的なノウハウを得られるのもメリットとなっています。

生徒には、編集素材としてテロップやエフェクトなどが無料で提供されます。

そのまま、自分の作品に使用できますので、仕事を始めてからの作業が楽になります。

買い切り型のスクールですが、生徒が作成した動画の添削を行い、フィードバックを繰り返すことで実践的なスキルを向上するプログラムも用意されています。

丁寧な指導でしっかりとしたテクニックを体で覚えていけるのもポイントです。

受講費用は59,800円となっていて、教材費などの追加費用はかかりません。

一度教材を購入したら、閲覧期限なしでずっと利用を続けられます

教材は定期的にアップデートされますので、最新のアイディアや技術を習得し続けられるのがうれしいところです。

好きなタイミングで講座を受け始められますので、時間を無駄にせずスキル習得に取り組めます。

\お申し込みはこちらから/

レバレッジエディットの公式サイトはこちら

※受講者数200名突破

レバレッジエディットの評判・口コミ【SNSで話題】レバレッジエディットの評判・口コミ、特徴を解説!副業・フリーランスにおすすめの動画編集講座

クリエイターズジャパン プレミアプロ講座|動画編集スキルでフリーランスを目指す

クリエイターズジャパン

\お申し込みはこちらから/

クリエイターズジャパン プレミアプロ講座の公式サイトはこちら

※1ヶ月で動画編集スキルをマスターできる

スクール / コース名 クリエイターズジャパン プレミアプロ講座
通学形式 オンライン型
受講形式 オンライン講座受講
校舎 なし
公式URL https://creators-jp.com/jtd46k/
案件紹介 なし
転職・就職支援 なし
入学金 なし
受講費用 買い切り型・79,800円(税込)
運営会社 ハズム株式会社

クリエイターズジャパン プレミアプロ講座は、ハズム株式会社が提供している講座で、短期間で動画編集のスキルを習得できるのが特徴です。

1日1時間の勉強で、未経験であっても1か月でマスタークラスのスキルを手に入れられるというのがモットーとなっています。

Premiere Proの操作法や、ツールを使った効果的な編集の仕方などを体系的に学べる講座で、常に最新のテクニックを使った情報にアップデートされているため、現場ですぐに使える技術を身に着けられます。

動画編集そのものについての講義の他にも、YouTube動画を作り人気を得るためのコツや、フリーランスもしくは副業の案件を取って収入をアップさせるためのポイントなど、実務的なノウハウも教えてくれます。

さらに、スクールを受講した生徒やOBなどと交流を持てるオンラインサロンを開設しています。

ここでは、学習についての疑問点を尋ねたり、仕事上の相談をしたりできます。

ここから仕事の案件を紹介してもらう機会もありますので、多くの人が参加しています。

このスクールでは、プロが実際に編集した動画のファイルを参考にして授業を進めていくところがあります。

また、自分の作品にも使用できるオリジナルテンプレートを提供しています。

こうした実際的な指導がなされますので、すぐに現場で役立てられる知識を手に入れられるわけです。

生徒は受講期間中にオリジナル動画を制作して提出すると、講師による添削を受けられます

改善点や良い点をフィードバックしてくれますので、プロレベルの作品がどのようなものかを把握するのに役立つでしょう。

この講座は買い切り型で、税込み79,800円となっています。

開始から3か月目以降は、サロン運営費などで月額1,480円がかかってきます。

\お申し込みはこちらから/

クリエイターズジャパン プレミアプロ講座の公式サイトはこちら

※1ヶ月で動画編集スキルをマスターできる

クリエイターズジャパンの評判・口コミやメリット・デメリットを解説【フリーランス・副業向けの最短1ヶ月で動画編集スキルが身につくスクール】

買い切り型の動画編集講座・コース

買い切り型の動画編集講座・コース

買い切り型の動画編集講座には、講師によるサポートなどをカットして、よりシンプルな内容にしたものもあります。

その分、費用が安かったり、学びたいところを絞って勉強したりすることができます。このスタイルで講座を提供しているいくつかのスクールをチェックしてみましょう。

ストアカ 動画編集関連講座|満足度の高い先生から選べる

ストアカ

\お申し込みはこちらから/

ストアカの公式サイトはこちら

※入会金0円!

スクール / コース名 ストアカ
通学形式 オンライン型・対面型
受講形式 マンツーマン型
校舎 なし
公式URL https://www.street-academy.com/online/camera
案件紹介 なし
転職・就職支援 なし
入学金 なし
受講費用 1講座1,000円〜
運営会社 ストリートアカデミー株式会社

ストアカは、登録した講師が個々に講座を開催しているサービスです。

それぞれの講師が持つスキルや知識を活かして、独自の講義をしているのが特徴で、対面だったりオンライン会議システムを使ったレッスンをしたりすることがあります。

また、買い切り型の映像教材を使った講座を提供しているケースもあります。

非常に多くの講座があり、講師によって、その教え方やレベルの高さ、深掘りする分野などが違います。 

また、単発講座であれば、1つ当たり数千円程度の費用で済みます

そのため、学びたいと思っているスキルだけを選んで徐々に勉強していくことも可能です。

さらに、講師とのフィーリングなどを見て、講師を基準にして選んでいくこともできます

より自由度の高い学び方ができますので、自分のペースで勉強したいという人にぴったりです。

中には、60分程度の動画編集講座で1,000円のみという、格安のものも存在します

費用の面で心配があり、本格的なスクールに通うだけの余裕がないという方でも、気軽にスキルを身に着けていけるのがメリットです。

ごく初心者向けのものから、プロ向けの高度な技術について教えるものまで幅広く講座が作られているのもポイントです。

ストアカ カテゴリー

ずっと学び続けられるサービスですので、一度どんな内容で講座が組まれているのかを見てみると良いでしょう。

\お申し込みはこちらから/

ストアカの公式サイトはこちら

※入会金0円!

Udemy 映像制作コース|基礎から応用まで動画編集・映像制作が学べる動画講座

\お申し込みはこちらから/

Udemy 映像制作コース公式サイトはこちら

※183,000のオンラインビデオコースから選択可能

スクール / コース名 Udemy 映像制作コース
通学形式 オンライン型
受講形式 オンライン講座受講
校舎 なし
公式URL https://www.udemy.com/
案件紹介 なし
転職・就職支援 なし
入学金 なし
受講費用 1講座1,000円〜
運営会社 Udemy Japan合同会社

Udemyは、サービスに登録した講師が、映像教材やテキストなどを使って講義を提供する買い切り型のスクールです。

通常は、オンデマンドビデオと解説用のダウンロード教材がセットになっています。

UdemyではIT、クリエイター関連のありとあらゆる講座が存在していて、講師の数も相当数に上ります。

映像制作関連のコースだけでも把握できないほどのレッスンが提供されています。

個々の編集用ツールの使い方を解説するだけのものから、映像撮影や編集などの総合的なテクニックを教えるものまで多岐にわたります。

そのため、自分が今学びたいと思っているものだけをチョイスして、気軽に学べるのが強みです。

Udemyは日本語でも当然学べますが、海外の講師が提供している外国語のものもあります。

海外で受ける動画の作り方などを学びたいという要望にも、Udemyなら叶えられますので、幅広い使い方ができます

講座はそれぞれのコースで料金が違い、1,000円程度で購入できるものもあります。

それぞれに、講座の内容や提供されるオンデマンドビデオや教材の量などが公開されていますので、コスパの良い講座かどうかを確かめた上で購入しましょう。

また、実際に購入したユーザーからのレビューも多く寄せられていますので、良い判断材料となります。

Udemyは一度会員登録すれば、全ての講座を自由に購入できるようになります

そのため、最初は初心者向けの簡単な講座を取り、徐々に難しい内容のコースを購入していくことができます。

プロとして独立してからも、最新技術の習得や新たなアイディアを求めて学ぶといったこともできます。

\お申し込みはこちらから/

Udemy 映像制作コース公式サイトはこちら

※183,000のオンラインビデオコースから選択可能

参考:Udemy 映像制作コースの評判・口コミ

サブスク型の動画編集講座・コース

サブスク型の動画編集講座・コース

多くの動画編集スクールは、それなり高額の費用がかかります。

そのため、手持ちの資金がないと勉強したくてもできないというケースも出てきます。

そこで便利なのがサブスク型のスクールです。

月額料金さえ支払えば、大きな出費をしなくて済みますので、気軽に始められるのが大きなメリットです。

また、自分の好きなだけ学習を続けられたり、逆に短期集中で一気にスキル習得をしたりできます。

こうしたサブスクタイプの動画編集スクールも増えていますので、いくつかご紹介します。

Schoo(スクー)動画制作・編集コース|人気のオンライン動画講座

Schoo

\今すぐ無料会員登録する/

Schoo(スクー) 動画制作・編集コース公式サイトはこちら

※生放送授業への参加は無料!

スクール / コース名 Schoo(スクー) 動画制作・編集コース
通学形式 オンライン型
受講形式 オンライン講座受講
校舎 なし
公式URL https://schoo.jp/
案件紹介 なし
転職・就職支援 なし
入学金 なし
受講費用 月額制・プレミアムプラン月額980円
運営会社 株式会社Schoo(スクー)

株式会社Schoo(スクー)が提供しているサブスク型のスクールで、オンラインコンテンツに関係した非常に幅広い分野の講座を提供しています

schoo(スクー)大人向けのライブ配信型スクール

その学び方は、サブスク会員として登録すると、サイト上に公開されている動画講座を自由に観られるというものです。

講師によるリアルタイムの講座もありますし、過去に提供された講座の録画版もあります。

そのコースの中には、動画制作に関連したものも多く、編集ツールの使い方に特化したものや、特殊効果の付け方、YouTubeで多くのフォロワーを得るためのノウハウなど、実にバラエティー豊かな内容が用意されています

具体的には、Premiere Proを使った動画編集の実際を、アニメや講師による実演によって学ぶ講座、スマートフォンだけを使って高度な編集をする講座などがあります。

他にも、プロが実際に動画を編集していくプロセスを流して、そこから現場ではどのように作業をしているのかを見られるといったユニークな講座も存在します。

常に、新しい講座が公開されていきますので、興味のあるものを好きなだけ見られるのはとてもうれしいサービスです。

Schooは、入会するだけなら無料で会員登録できます

無料会員でも参加できる講座もありますが、やはり動画制作についてしっかりと学びたいのであれば、プレミアムプランを申し込むのがベストです。

このプランは月額980円となっていて、それ以上の追加費用はかかりません。

これだけで、放送中の動画を毎日見放題となりますし、過去の録画版もすべて閲覧できます。

自分のペースで期間を定めず学び続けられるのが大きなメリットと言えます。

\今すぐ無料会員登録する/

Schoo(スクー) 動画制作・編集コース公式サイトはこちら

※生放送授業への参加は無料!

ジッセン!オンライン|月額制の動画講座

ジッセン!オンライン

\お問い合わせはこちらから/

ジッセン!オンラインの公式サイトはこちら

※500社以上の企業が導入中

スクール / コース名 ジッセン!オンライン
通学形式 オンライン型
受講形式 オンライン講座受講
校舎 なし
公式URL https://jissen.me/
案件紹介 なし
転職・就職支援 なし
入学金 なし
受講費用 月額制・月額 5,390円
運営会社 アンドデジタル株式会社

ジッセン!オンラインは、アンドデジタル株式会社によって運営されているオンラインスクールです。

このスクールはeラーニングスタイルの講座を提供していて、幅広いジャンルで200を超えるコンテンツを有しています

特にWebサービスやプログラミングなどに強く、デジタルコンテンツ作成スキルを指導しています。

その中に動画制作関連の講座もあり、現場で使用されるソフトを使った編集テクニックを解説しています。

動画制作講座では、Premiere ProとAfter Effectsについての講義がメインとなっていて、基本的な操作方法からコマンドの使用によってどんな効果が出てくるのかを丁寧に説明しています。

初心者でもすぐに理解できるよう、プロセスを一から説明した動画教材となっているため、理解度が高いのがメリットです。

ジッセン!オンラインは、サブスクリプション形式での講座提供を行っています。

無料会員として登録することもでき、無料提供動画であれば見放題となります。

まずは、ジッセン!オンラインのサービスがどんなものかをチェックするために、無料登録してみるのも良いでしょう。

しっかりとジッセン!オンラインで学習を続けたいということであれば、プレミアム月会員に登録することになります。

有料会員となるとすべての講座を受け放題となりますので、自分のペースで自由に学んでいけます。

料金は月額5,390円です。

動画制作だけでなく、IllustratorやWebデザインを始めとする、オンラインコンテンツ作成に関係するあらゆる講座も追加費用で受けられますので、幅広いスキルを磨いていくのに役立つスクールとなること間違いなしです。

\お問い合わせはこちらから/

ジッセン!オンラインの公式サイトはこちら

※500社以上の企業が導入中

主婦・女性向けの動画編集スクール

主婦・女性向けの動画編集スクール

クリエイター系のスキルは特に女性からの人気が高いため、主婦や女性に特化したスクールも存在します。

もちろん、学べる内容はプロレベルまで引き上げてくれる充実したものですが、受講スタイルや講師陣などの違いがあります。

一般的なスクールとの差を意識して、自分に合った講座なのかを確かめてみましょう。

SHElikes(シーライクス) 動画編集コース|主婦・ママ・女性におすすめ

SHElikes(シーライクス)の特徴や評判・口コミは?

\無料体験レッスンはこちらから/

SHElikes(シーライクス)動画編集コースの公式サイトはこちら

※女性限定

スクール / コース名 SHElikes(シーライクス)動画編集コース
通学形式 オンライン型・通学型
受講形式 オンライン講座受講・集合型
校舎
SHE Aoyama

〒107-0062 東京都港区南青山3-7-21

SHE Ginza
〒104-0061 東京都中央区銀座3-7-6 3F
SHE Nagoya
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3-12-14 今井ビル3階
SHE Umeda
〒530-0011 大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA 13F
公式URL https://shelikes.jp/
案件紹介 なし
転職・就職支援 なし
入学金 税込 162,800円
受講費用 12ヶ月プラン・ 税込 8,984円~
運営会社 SHE株式会社

SHElikes(シーライクス)動画編集コースは、SHE株式会社によって運営されているスクールで、女性専用の講座を展開しているのが大きな特徴です。

様々な講座を設けていますが、デザインや動画編集などのクリエイター系のスキルや、マーケティング、ライティングといった講座も用意されています。

女性がフリーランスとして働いたり、副業をしたりするためのスキルを身に着けるよう応援するスクールとなっています。

そのため、受講生は女性ばかりですし、講師も女性です。

オフラインでもオンラインでも受講することができて、校舎に通うことができれば対面での勉強も可能です。

現役プロ講師による講義に加えて、月に1回のメンタリングを設けているのも特徴です。

最後まで学習を終えられるように、学習状況の確認をしたり悩みを相談したりできます。

受講期間中、勉強をしていて分からないことがあったらすぐに講師に質問できる体制ができていますので、学習についていけないといった不安を抱えることがありません。

さらに、案件を獲得して仕事デビューできるように、実際的なサポートもあります。

運営会社の中で実務の練習をする機会も提供されますので、現場に出る前の準備をしっかりできるのがメリットです。

動画編集コースは、編集ツールの使い方や演出、構成方法を学び実技で動画を作っていく流れです。

初めての方でも、SNSに投稿する魅力的な動画の作り方やアニメーション動画の編集の仕方などを短期間で覚えられるようになります。

SHElikes(シーライクス)動画編集コース特徴

SHElikes(シーライクス)では、すべてのレッスンが受け放題になるプランと、月に5回まで受講できるプランとがあります。

受け放題プランの場合は、6か月間で月額14,134円、12か月で月額12,334円となります。

5ヶ月プランの場合は、6か月申し込みで月額9,134円、12か月で月額8,167円となります。

動画編集のみならず、Webデザインやマーケティングなどのレッスンも受けられますので、総合的なスキルを身に着けたい方にぴったりです。

\無料体験レッスンはこちらから/

SHElikes(シーライクス)動画編集コースの公式サイトはこちら

※女性限定

参考:SHElikes 動画編集コースの評判・口コミ

通信講座型の動画編集スクール

通信講座型の動画編集スクール

教材を購入して勉強を進める通信講座型のスクールは、手軽に始められることや、自分のペースで勉強できるといったメリットがあります。

また、まとめて教材をもらえることから、一気に勉強を進めたい人にも自分のペースで勉強したい人にも人気です。

実際にどんな通信講座があるのかを調べてみましょう。

ヒューマンアカデミー たのまな|自宅で学べる動画編集の通信教育

たのまな

\お申し込みはこちらから/

ヒューマンアカデミー たのまなの公式サイトはこちら

※250の資格取得・技術取得の講座が揃う

スクール / コース名 ヒューマンアカデミー たのまな
通学形式 オンライン型
受講形式 オンライン講座受講
校舎 なし
公式URL https://www.tanomana.com/product/startpack/homepage_movie_web.html
案件紹介 なし
転職・就職支援 なし
入学金 なし
受講費用 6ヶ月・328,900円(税込)
運営会社 ヒューマンアカデミー株式会社

株式会社ヒューマンアカデミーが運営している講座で、かなり幅広い範囲のスキル養成をしています。

ヒューマンアカデミーは校舎での通学スタイルのスクールでも大手で、どのジャンルでも豊富な指導ノウハウを持っているのが強みです。

そのため、動画編集に関するコースでも、初心者であっても分かりやすく体系立てて学んでいけるカリキュラムが組まれています

また、常に最新の技術や知識に更新されていますので、仕事デビューしたらすぐに現場で使えるスキルを培えるのがメリットです。

ヒューマンアカデミー たのまなでは、動画制作に関係したいくつもの講座が存在します。

たとえば、WEB動画クリエイターコースや、動画制作コースといったものがあります。

他にも、編集用ツールの操作や実践的な編集方法を学べるアドビオンライントレーニングコースもあります。

動画制作コースでは、特に在宅ワークで求められる知識やスキルを、それぞれのペースで習得できるというのが特徴です。

映像やテキストを使った教材で学習を進めますが、システム上から疑問点について講師に質問できる制度も設けています。

また、実習の時間も設けられていますし、案件を獲得するためのノウハウを学ぶセミナーも開催されています

通信講座と言っても、一般的なオンラインスクールとそう変わらない手厚いサポートがありますので、充実した学習ができるでしょう。

標準的な動画制作コースの場合、学習期間は6か月で、328,900円(税込)の料金となっています。

これには編集に必要なAdobeのソフトが入っていますので、自分でソフトを動かしながら勉強できるのがメリットです。

また、修了後すぐにそのソフトを使って仕事を始められるというのも利点と言えるでしょう。

編集ソフトはとても高額なものですが、通信講座の教材と一緒に購入することでお得に手に入れられますので、実質的にはコスパの良いコースとなります。

\お申し込みはこちらから/

ヒューマンアカデミー たのまなの公式サイトはこちら

※250の資格取得・技術取得の講座が揃う

法人向け動画編集スクール

法人向け動画編集スクール

動画編集スクールの中には、法人を対象としたところもあります。

複数の社員に対して合同で研修をするなどして、社員のスキルを押し上げるためのサポートを行っています。

法人向けということで、それぞれのビジネスに合った内容のカリキュラムを提供しているのが特徴です。

具体的にどんな形で講座を提供しているのかを見てみましょう。

KAIZEN School|法人向けの動画制作オンラインスクール

KAIZEN School

\お申込みはこちらから/

KAIZEN Schoolの公式サイトはこちら

※YouTube, Instagram, Facebookの認定パートナーであるKAIZEN PLATFORMが運営

スクール / コース名 KAIZEN School
通学形式 オンライン型
受講形式 オンライン講座受講
校舎 なし
公式URL https://kaizenplatform.com/school
案件紹介 なし
転職・就職支援 なし
入学金 なし
受講費用 3ヶ月・360万円(+税)
運営会社 株式会社Kaizen Platform

株式会社KAIZEN Platformが提供している養成講座で、FacebookやYouTube、Instagramなどの認定パートナーとして活動している実績とノウハウを活かして、高度なスキル育成を行っています。

法人向けの動画広告クリエイター育成講座を開催していて、現役のトップクリエイターが指導をします。

ある程度の動画制作や編集の経験がある人を対象としていて、より実務で成果の出る動画を作れるように研修するのが目的です。

そのため、講座ではメディアごとの効率的な動画の作り方や、同じ内容の動画でも効果を改善させるための分析法などを学びます

また、単に動画制作スキルを向上させるだけでなく、作業スピードを上げるための方法についてもレクチャーします。

現場で大量の作品を作らないといけない状況でも、少数チームで効率よく作業をするコツを、実践を交えながら教えていきます。

講師が参加型の授業を行い、手を動かしながら動画を作りスキルを磨くスタイルとなっています。

また、個別のメンタリングも実施していて、すべての社員が高いモチベーションを保って勉強し、より良いスキルを身に着けられるように支援していきます

kizen school 効果的なスキル

講座は最大30名となっていて、基本価格は360万円プラス税となっています。ただし、人数や内容によって変動しますので要相談となります。

\お申込みはこちらから/

KAIZEN Schoolの公式サイトはこちら

※YouTube, Instagram, Facebookの認定パートナーであるKAIZEN PLATFORMが運営

まとめ

まとめ

動画編集のスキルは、就職や転職、フリーランスや副業としての働き方にとても役立つものです。

そのため、短期でプロレベルの知識や技術を身に着けるために、スクールに通う人が多くいます。

スクールはオンライン、通学型、買い切り型、サブスク型などいろいろなスタイルがあります。また、それぞれにカリキュラムの詳細や指導法が異なるものです。

そのため、自分としてどんな形で学ぶのが効率的かを考えつつ、複数のスクールを比較してみましょう。

そうすることで、より自分に合ったスクールを見つけられて、目標を達成するために役立つ学びの機会を得られるでしょう。

頑張ってスキルを習得し、長続きできるやりがいのある動画編集という仕事を楽しめるようにしましょう。