無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

コンバージョン率の高いLPの特徴1位は「正確で信頼性の高いデータ」【リンクアンドパートナーズ調査】

コンバージョン率の高いLPの特徴1位は「正確で信頼性の高いデータ」【リンクアンドパートナーズ調査】

 ランディングページ(LP)は、製品やサービスの魅力を一目で伝え、訪問者を顧客に変えるための重要なツールだ。しかし、効果的なLPを作成するには、どのような要素が必要なのだろうか?株式会社リンクアンドパートナーズが行った「LP活用企業の実態に関する調査」から、LP成功の秘訣が明らかになった。

コンバージョン率の高いLPの特徴1位は「正確で信頼性の高いデータ」【リンクアンドパートナーズ調査】

 この調査は、自社でLPを活用している企業の担当者500名を対象に実施された。結果によると、LPを活用する企業の85%以上がその効果に満足しており、その理由として「デザイン力が高い」「構成のクオリティが高い」「コンバージョン率が高い」という点が挙げられている。

 特に、高いコンバージョン率を支える要因としては、「正確で信頼性の高いデータの表示」と「直感的なデザインと使いやすさ」が重要視されている。また、LP制作における成果の鍵は「印象的なファーストビュー」「データの信頼性」「効果的なCTA(Call To Action)の配置」となっており、これらがLP成功のための不可欠な要素であることが示された。

コンバージョン率の高いLPの特徴1位は「正確で信頼性の高いデータ」【リンクアンドパートナーズ調査】

 調査結果からは、LPを活用する目的やLPの制作や運用で直面する課題についてもまとめられている。LP活用企業が現状に満足している理由としては、デザイン力の高さや構成のクオリティ、そして高コンバージョン率が挙げられており、これらの要素がLPの成功に直結していることがわかる。

 LPを効果的に活用し、高いコンバージョン率を達成するためには、視覚的な魅力、データの信頼性、CTAの配置に注意を払う必要がある。この調査結果は、LP制作における成果を出すための重要なヒントを提供してくれるだろう。

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料