無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】代替品の脅威

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

代替品の脅威(Threat of Substitutes)は、マーケティングにおける競争分析の一環で、マイケル・ポーターの5フォース分析モデルの一つです。この概念は、市場に存在する製品やサービスが他の製品やサービスに置き換えられる可能性、及びその置き換えによる影響を指します。代替品の存在は、顧客が製品やサービスを選択する際の選択肢を広げ、結果として既存の市場における競争圧力を高めることになります。

代替品の脅威が高まると、顧客は類似の機能を持つ他の製品やサービスに切り替える可能性が高まります。これにより、企業は価格競争に巻き込まれたり、製品の差別化を図るための追加的なコストが発生したりすることがあります。

たとえば、音楽業界においては、CDからデジタル音楽配信サービスへの移行が代替品の脅威の一例です。また、乗用車市場では、伝統的なガソリン車から電気自動車やハイブリッド車への移行も同様に代替品の脅威を示しています。

企業は、代替品の脅威に対処するために、製品の独自性を高める、顧客ロイヤルティを構築する、価格戦略を見直すなどの方法を取ります。また、製品の品質向上や顧客サービスの改善を通じて、顧客が代替品に移行する理由を減らすことも重要です。

代替品の脅威は、市場環境が変化するにつれて変動するため、企業は常に市場の動向を注視し、柔軟な戦略を持って対応する必要があります。この分析は、持続可能な競争優位を築き、長期的な成功を達成するための重要な要素です。

« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る