MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】新規参入の脅威

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

新規参入の脅威(Threat of New Entrants)とは、マイケル・ポーターの5フォース分析モデルの一部で、新たな競争者が市場に参入することによって既存の企業に影響を与えるリスクを指します。新規参入者が市場に参入すると、競争が激化し、価格競争、マーケティング活動の強化、技術革新などが求められるようになります。これは、既存企業の利益率低下につながる可能性があります。

新規参入の脅威が高い市場は、参入障壁が低く、初期投資が少なくて済む市場です。例えば、オンライン小売業界では、ウェブサイトを立ち上げることで簡単に事業を開始できるため、新規参入の脅威が高いと言えます。逆に、航空業界のように高額な初期投資や専門知識が必要な市場では、新規参入の脅威は低い傾向にあります。

新規参入の脅威を分析する際には、市場への参入障壁、既存企業の反応、規制環境、技術の進歩など、様々な要因を考慮する必要があります。例えば、規制が厳格な業界では、新規参入者は多くの法的要件を満たす必要があり、これが参入の障壁となります。

既存の企業は、新規参入の脅威に対処するために、ブランドロイヤルティの構築、独自性のある製品やサービスの提供、コストリーダーシップ戦略の実施など、様々な戦略を採用することができます。また、新規参入者が参入しやすい市場では、既存企業は市場の魅力を減少させるために価格を下げることもあります。

新規参入の脅威の分析は、事業戦略を立てる上で重要な要素です。市場の特性を理解し、競争環境を把握することで、企業はより効果的な戦略を策定し、競争優位を確立することができます。

« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/