無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】ティーザー広告(ティザー広告)

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

ティーザー広告(ティザー広告)とは、商品やサービスの全貌を明らかにせず、消費者の好奇心や興味を引きつけるための広告手法です。この手法の主な目的は、特定の製品やイベントに対する期待や話題を生み出すことにあります。

ティーザー広告の特徴は、情報を限定的にしか提供しないことにあります。この手法では、製品名、機能、発売日などの重要な情報を意図的に隠し、視聴者に「もっと知りたい」という感情を抱かせます。この結果、製品やイベントの公開時には、消費者の間で高い関心が生まれ、大きな注目を集めることができます。

例えば、新製品の発売に先立ち、その製品の一部分のみを映した映像や、製品の機能をほのめかすようなメッセージを含んだポスターなどがあります。これらは視聴者に対して、何が発表されるのか、どのような製品なのかという好奇心を刺激し、議論を呼び起こす効果があります。

ティーザー広告の効果的な活用例として、映画業界が挙げられます。多くの映画では、予告編の数ヶ月前に短いティーザー映像が公開され、映画の雰囲気やテーマを予感させる内容となっています。これにより、映画への期待感が高まり、公開時の興行収入に大きく貢献することがあります。

この広告手法は、新製品の発売、イベントの開催、映画の公開など、様々な分野で用いられています。特にソーシャルメディアの普及により、ティーザー広告はより大きな影響力を持つようになり、消費者の間での話題作りに一役買っています。

同義語
ティーザー広告, ティザー広告
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る