MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】SCM(サプライチェーンマネジメント)

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

SCM(サプライチェーンマネジメント)は、製品やサービスが消費者に届くまでの一連の流れを効率的かつ効果的に管理するためのアプローチです。具体的には、原材料の調達、生産、流通、販売に至るまでのプロセスを統合的に最適化することを目的としています。

SCMの重要性は、市場競争が激化する中で、企業が効率性とコスト削減を追求しながら顧客満足度を高めるために不可欠です。例えば、製品の生産に必要な原材料の調達コストを削減しつつ、製品の品質を維持することは、SCMの重要な側面の一つです。

SCMを成功させるためには、複数の関係者が協力し合う必要があります。これには、サプライヤー、製造業者、物流会社、小売業者など、サプライチェーンに関わるすべてのステークホルダーが含まれます。これらの関係者間での情報共有と協調が、SCMの効率性を高める鍵となります。

また、SCMはデジタル技術の進展によって大きく変化しています。たとえば、IoT(モノのインターネット)技術を利用して、製品の製造から配送までの各段階をリアルタイムで追跡し、需要の変動に迅速に対応することが可能になっています。

このようにSCMは、単にコスト削減や効率化を目指すだけでなく、顧客満足度の向上やビジネス機会の創出にも大きく貢献する戦略的な管理手法です。将来的には、さらに進化するデジタル技術と組み合わせることで、よりダイナミックかつ革新的なサプライチェーン管理が期待されています。

同義語
サプライチェーン管理, サプライチェーンマネージメント, Supply Chain Managemen
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/