MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】代替財

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

代替財とは、消費者が他の商品やサービスに対して置き換えて使用できる商品やサービスを指します。これらは互いに似た機能や価値を提供し、一方の商品が手に入らない場合や価格が高騰した際に、もう一方の商品で代用が可能です。

例としては、バターとマーガリンの関係が挙げられます。両者は料理やパン作りで使用され、味や用途が似ているため、バターが高価になった際にはマーガリンが代替品として利用されることがあります。また、コーヒーと紅茶も代替財の一例です。これらは飲料としての役割が似ており、消費者の好みや状況に応じて選択されます。

代替財の存在は市場価格に大きな影響を与えます。一方の商品の価格が上昇すると、消費者は価格が比較的低い代替財へと移行する傾向にあります。これにより、元の商品の需要が減少し、市場での競争が激化します。

マーケティングにおいて、代替財の認識は重要です。競合他社の商品やサービスを理解し、自社の商品がいかに他社の商品と差別化されているかを把握することは、戦略立案において不可欠です。また、代替財の存在を利用して、価格戦略やプロモーション活動を計画することも可能です。

同義語には、「代用財」「置換財」などがあります。これらは同様に、ある商品やサービスが他の商品やサービスと置き換え可能な関係を指しています。

同義語
代用財, 置換財
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/