無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】サブディレクトリ

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

サブディレクトリとは、ウェブサイトの構造において、メインのディレクトリ(ルートディレクトリ)の下にある二次的なディレクトリのことを指します。例えば、ウェブサイトのURLが「www.example.com」である場合、その下に「/blog」や「/products」などのサブディレクトリを持つことができます。これらはそれぞれ「www.example.com/blog」と「www.example.com/products」というURLになります。

サブディレクトリの主な利点は、ウェブサイトの構造を整理し、訪問者にとってナビゲートしやすくすることです。例えば、商品カテゴリごとにサブディレクトリを設定することで、ユーザーは簡単に目的の商品を見つけることができます。

また、サブディレクトリはSEO(検索エンジン最適化)にも影響を与えます。適切に設定されたサブディレクトリは、検索エンジンがサイトの内容を理解しやすくなるため、検索結果のランキングが向上する可能性があります。ただし、サブディレクトリの設定が不適切だと、逆にサイトの評価を下げることもありますので注意が必要です。

実際の例を挙げると、eコマースサイトでは、製品カテゴリごとに異なるサブディレクトリを設定することが一般的です。たとえば、「服」と「靴」のカテゴリがある場合、「www.example.com/clothes」と「www.example.com/shoes」というように分けられます。

サブディレクトリを効果的に活用するためには、サイトのコンテンツと目的に合わせて、慎重に計画し設定することが重要です。また、サブディレクトリの名前は短く、分かりやすいものにすることで、ユーザーにとっても覚えやすくなります。

同義語
サブフォルダー, Subdirectory
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る