無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】サブドメイン

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

サブドメインとは、インターネット上でウェブサイトを識別するアドレスの一部で、主にドメイン名の直前に位置する文字列です。これは、大きなドメインの中で更に細かい分類を行うために使用されます。例えば、example.comがメインドメインである場合、blog.example.comshop.example.comなどがサブドメインになります。

サブドメインの主な利点は、一つのメインドメインに複数の異なる目的や内容のウェブサイトを関連付けられることです。例えば、企業が製品情報、採用情報、企業ブログなどを別々のサブドメインで運営することで、訪問者に対して内容を明確に分けて提供することができます。さらに、サブドメインはSEO(検索エンジン最適化)にも影響を与え、適切に使用することでウェブサイトの検索エンジンランキングを改善することができます。

サブドメインの設定は、ドメイン名を管理しているレジストラやホスティングサービスの管理パネルを通じて行われます。設定時には、サブドメインに対応するディレクトリやファイルの場所を指定する必要があります。

また、サブドメインはセキュリティ面でも重要です。異なるサブドメイン間でセキュリティポリシーを分けることで、一部のサービスが侵害された場合でも他のサブドメインへの影響を最小限に抑えることができます。

サブドメインは、メインドメインとは独立した扱いを受けることが多いため、メインドメインと異なるコンテンツを持つ場合に有用です。しかし、メインドメインと密接に関連するコンテンツの場合は、サブディレクトリを使用する方が適している場合もあります。

サブドメインを効果的に使用することで、ウェブサイトの構造を整理し、訪問者にとってナビゲートしやすいウェブ体験を提供することができます。

同義語
サブドメイン, セカンダリドメイン, Subdomain
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る