無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】ステルスマーケティング(ステマ)

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

ステルスマーケティングとは、一般的に製品やサービスのマーケティング活動が行われていることを消費者に気づかせずに、製品やブランドの宣伝を行う手法です。この戦略の主な目的は、消費者が宣伝を意識することなく、製品に対して自然に好意を持つようにすることにあります。

ステルスマーケティングの具体的な手法には、ソーシャルメディア上での影響力のある人物による製品の自然な使用や言及、映画やテレビ番組内での製品の自然な配置(プロダクトプレイスメント)、または口コミマーケティングなどが含まれます。これらの方法は、一見して明確な広告とは認識されにくい特徴があります。

ステルスマーケティングの効果は、消費者が製品に対して持つ信頼感や好意に大きく依存します。消費者は、広告として明確に認識される内容よりも、自然な状況下での製品の使用や言及に対して、より信頼感を持ちやすいとされています。しかし、この手法は倫理的な観点から批判されることもあり、消費者がステルスマーケティングであると認識した場合、ブランドイメージに悪影響を与えるリスクもあります。

例えば、ある有名人が自身のソーシャルメディアで特定の製品を使用している写真を掲載する場合、フォロワーはその製品に対して自然な好奇心を抱く可能性があります。しかし、その有名人が実際にはその製品の宣伝のために報酬を受け取っていたと判明した場合、フォロワーは裏切られたと感じ、その製品やブランドに対する信頼を失うかもしれません。

ステルスマーケティングは、消費者の認知や感情を巧妙に操作することを目的としているため、倫理的な問題や消費者の信頼を損なうリスクを伴います。

同義語
ステマ, ステルスマーケティング
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る