無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】有意差

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

有意差とは、統計的な分析において、得られたデータの差が偶然の範囲を超えているかどうかを判断するための指標です。具体的には、二つ以上の集団間での平均値などの統計量が統計的に有意に異なるかどうかを検証する際に使用されます。

有意差が存在するかどうかを判断するためには、まず帰無仮説(H0: 仮説において差がないことを主張する)と対立仮説(H1: 仮説において差があることを主張する)を設定します。次に、適切な統計的検定を用いて、帰無仮説が正しいとした場合に、実際に観察されたようなデータが得られる確率(p値)を計算します。

p値が事前に設定された有意水準(一般的には5%や1%など)以下であれば、帰無仮説を棄却し、統計的に有意な差が存在すると判断されます。例えば、ある薬の効果を検証する実験で、薬を服用したグループとプラセボを服用したグループ間での効果の差を検証する場合、p値が0.05以下であれば、薬の効果には統計的に有意な差があると結論づけることができます。

有意差の計算には様々な方法がありますが、代表的なものにt検定、ANOVA(分散分析)、カイ二乗検定などがあります。これらの検定方法は、データの種類や分布、サンプルサイズなどに応じて選択されます。

ただし、有意差があるからといって、その差が実際に重要であるとは限りません。例えば、非常に大きなサンプルサイズの場合、実際には重要でない小さな差でも統計的に有意になることがあります。このため、有意差の結果に加えて、効果の大きさ(effect size)を考慮することも重要です。

同義語
統計的有意性, Statistical Significance
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る