MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】So What

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

So Whatとは、マーケティング分野において、提案や結果の意義を深掘りし、それが顧客やビジネスにとってどのような意味を持つかを問いかける手法です。このアプローチは、特にデータや事実を提示した後の影響や価値を考察する際に重要となります。

例えば、ある製品の売上が前年比で10%増加したというデータがあった場合、「So What」の観点からは、この増加が何を意味するのか、なぜ重要なのかを掘り下げます。例えば、この増加が市場シェアの拡大、ブランドの認知度向上、または新しい顧客層の獲得を意味するかもしれません。

このように、「So What」を問いかけることで、単なるデータや情報から、より戦略的な洞察やアクションプランへと導くことができます。これは、特にマーケティング戦略の策定や、キャンペーンの効果測定、顧客への提案などにおいて有効です。

また、「So What」分析は、競合他社との差別化を図る上でも役立ちます。自社の製品やサービスが市場でどのような独自の価値を提供しているのかを明確にすることで、より効果的なマーケティング戦略を立てることが可能になります。

「So What」を効果的に使うためには、具体的な事例やデータを基に、論理的かつ戦略的に考察を深める必要があります。このプロセスを通じて、より有意義なビジネスの洞察を得ることができるでしょう。

« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/