MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】業界内の競合

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

業界内の競合(Rivalry Among Existing Competitors)は、マイケル・ポーターの5フォース分析モデルの一部で、特定の業界内で活動する企業間の競争の激しさを指します。これには、価格競争、製品の差別化、広告戦略、顧客サービスの向上などが含まれ、企業の利益率や市場シェアに大きな影響を与える要因となります。

競合の激しさは、業界の成熟度、市場の成長速度、固定費の高さ、出口障壁の有無などによって異なります。例えば、成熟した市場や成長が鈍化している市場では、競合はより激しくなります。また、高い固定費がかかる業界では、企業はより高い稼働率を目指し、これが競争を激化させることがあります。

業界内の競合の分析は、企業が自社の競争戦略を策定する際に重要です。例えば、競合が激しい市場では、企業は価格競争を避け、製品の独自性やブランドイメージを強化する戦略を取ることが一般的です。

また、競合の激しさを理解することは、市場参入の決定や新製品の開発、市場拡大戦略の策定にも影響を与えます。企業は、競合が激しい市場では、新たな市場セグメントの開拓や革新的なビジネスモデルの採用を検討することがあります。

業界内の競合は、企業が長期的な競争優位を維持し、持続可能な成長を達成するために、市場動向を正確に把握し、適応することが不可欠です。

« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/