MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】囚人のジレンマ

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

囚人のジレンマ」とは、ゲーム理論の一部であり、相互作用する個体間の意思決定の問題を指します。この理論は、二人の囚人が互いに裏切るか、協力するかの選択を迫られる状況をモデル化しています。このジレンマは、個々の合理的な選択が集団全体の最適な結果をもたらさないことを示しており、経済学、心理学、政治学、社会学など様々な分野で応用されています。

例えば、二人の犯罪者が逮捕され、互いにコミュニケーションを取ることなく、裁判に臨む場合を考えます。彼らには、裏切って相手を告発するか(裏切り)、沈黙を保って自分も相手も守るか(協力)の二つの選択肢があります。両者が協力すれば、両者とも軽い罪で済みますが、一方が裏切り、もう一方が協力すれば、裏切った方は釈放され、協力した方は重い罪で罰せられます。もし両者が互いに裏切れば、両者とも重い罪に問われます。

このモデルは、単純ながらも個々の選択が社会全体にどのような影響を与えるかを考えさせる重要な例です。囚人のジレンマは、個々が自分の利益を追求すると、最終的には全体の利益を損なう可能性があることを示しています。この理論は、ビジネスの交渉、国際関係、環境問題など、多くの実際の状況に適用することができます。

囚人のジレンマは、様々な変種が存在しますが、基本的な考え方は同じです。すなわち、個々の合理的な選択が必ずしも集団にとって最適な結果をもたらさないということです。この理論を理解することは、マーケティング戦略を策定する際にも役立ちます。競合他社との関係や顧客との関係を考える上で、囚人のジレンマは非常に重要な考え方となります。

同義語
Prisoner's Dilemma
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/