MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】ペンギンアップデート

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

ペンギンアップデート」とは、Googleが実施した検索エンジンのアルゴリズム更新の一つで、2012年に初めて導入されました。このアップデートの主な目的は、検索結果の品質を向上させることにあり、特に「ウェブスパム」に焦点を当てています。

ウェブスパムとは、人工的な方法で検索エンジンのランキングを操作しようとする行為のことを指します。

ペンギンアップデート以前は、多くのウェブサイトが不自然なリンクを大量に作成することで、Googleの検索結果で上位に表示されることがありました。

しかし、ペンギンアップデートにより、これらの技術は有効でなくなり、むしろペナルティの対象となりました。

具体的に、ペンギンアップデートでは以下のような点が評価されます。

  • 自然でない、操作的な外部リンクの存在
  • キーワードの過剰な使用
  • コンテンツの質の低さや、コピーされたコンテンツ

これらの基準に反するサイトは、Googleの検索結果で低いランキングになる可能性があります。

逆に、高品質なコンテンツを提供し、自然なリンク構築を行うサイトは、検索結果でより高い位置に表示されるようになります。ペンギンアップデートは、ウェブサイト運営者にとってSEO(検索エンジン最適化)のアプローチを再考させるきっかけとなりました。

質の高いコンテンツを作成し、自然なリンク構築を心掛けることが、Googleの検索結果での成功に不可欠な要素となっています。

同義語
Penguin Update
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/