無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】モバイルファーストインデックス(MFI)

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

モバイルファーストインデックス(MFI)とは

さて、2016年のGoogleアップデートにより誕生した概念が、モバイルファーストインデックス(MFI)です。

MFIとは、それまでのデスクトップサイトを主としたウェブインデックスから、モバイルサイトを主としたウェブインデックスへと大きなシフトがあったことを指します。

インターネット利用者の増加に伴い、段々とモバイル端末の利用者が増えてきたわけです。

そこでGoogleは検索エンジンの評価基準を、モバイルサイトに対応したものへと変更したのです。

そしてこれらのことが、MFIの誕生に繋がったのです。

MFIの基礎知識

MFIの基礎知識について詳しく見ていきましょう。

MFIでは、Googleがモバイルサイトを評価してインデックスに登録する際の基準を変えています。

具体的には、モバイルサイトで提供される情報量、スマートフォンでの表示速度、モバイルで使いやすいデザインなどが評価対象となります。

そしてMFIでは、これらの観点から評価されたモバイルサイトが検索結果の上位に表示されやすくなると言われております。

したがって、SEO対策をする上でMFIへの対応が重要となるのです。

デスクトップファーストからの転換

以前までは、ウェブ制作ではデスクトップを主とした設計が主流でした。

しかし、MFI導入により、デザインはモバイルファーストへと転換していきます。

つまりモバイル端末での閲覧を最優先に考え、その後でデスクトップ版のウェブサイトを設計するという考え方です。

このことから、モバイル端末のユーザー体験を重視し、情報の提供量やページの表示速度、ユーザーの操作性などを最優先に考えることが求められるのです。

Googleが重視するMFIの要因

Googleが重視するMFIの要因として、まずはモバイル端末での操作性が挙げられます。

例えば、ボタンの大きさや位置、文字の大きさといった細かな部分まで、スマホ利用者がストレスなく利用できる設計が評価されます。

また、ウェブページのロード速度も重視されます。

スマホ利用者は情報を手早く得たいという傾向があるため、遅いページは評価が下がります。

さらに、ユーザーが求める情報を適切に提供できているかも評価の対象となります。

これらの要素を考慮し、ユーザーにとって有益で使いやすいウェブサイトを作ることが、MFI対応の重要なポイントとなるのです。

MFIの導入が重要な理由

近年、モバイルファーストインデックス(MFI)の導入に注目が集まっています。

その理由は、Googleがスマートフォンのユーザー体験を重視するようになったため、ユーザーの待機時間を最小限に抑えることが求められています。

サイト制作時には、PC版よりもスマートフォン版の評価が優先度を持つよう変わりました。

MFIの導入は、現代のSEO対策やサイトパフォーマンス向上に不可欠な要素となります。

ユーザー行動の変化とMFI

まず、MFIの導入の必要性を理解するためには、ユーザーの行動の変化を見ることが必要です。

ここ数年でスマートフォンの普及率が高まり、多くの人々がスマートフォンを主要な情報収集ツールとして使用しています。

また、利便性や持ち運びの容易さから、パソコンを使う機会が減少しているのも事実です。

このような現象は、ユーザーのインターネット利用動向の大きな変動を示しています。

したがって、企業は、ユーザーの求める情報をスマートフォンで容易に提供できるよう、自社サイトのMFI対応を急ぐべきでしょう。

このような視点から考えても、MFIの導入はその重要度を増しています。

SEO評価への影響

次に、MFIの導入がSEO評価へどのような影響を与えるのかを見てみましょう。

Googleは、近年、モバイルフレンドリーなサイトを高く評価するようになりました。

これは、ユーザーがスマートフォンを通じて素早く、簡単に情報を得られることを重視しているからです。

そのため、MFIが導入されたサイトは、SEO評価において有利となります。

スマートフォンの表示速度を向上させることで訪問者の待機時間を短縮し、サイト訪問者の満足度を高めるとともに、検索エンジンの評価も上がります。

サイトパフォーマンス向上への寄与

最後に、MFIの導入がサイトパフォーマンス向上にどのように寄与するのかについて解説します。

MFIはサイトの表示速度を向上させ、ユーザー体験を向上させます。

これにより、ユーザーがサイト内をスムーズに移動できるようになり、情報を求める際のストレスを軽減します。

また、サイトの表示速度が速ければ、ユーザーが離脱する確率も低くなります。

さらに、短い待ち時間はユーザーの満足度を高めることにもつながります。

これら全てがSEO評価向上に寄与し、結果としてビジネスの成果に結びつくのです。

MFI対応のウェブサイト設計

MFI対応のウェブサイト設計は、ただ見た目を整えるだけではなく、アクセスするすべてのデバイスから快適に閲覧できるようにすることが求められます。

つまり、ディスプレイサイズやOS、ブラウザの種類など、多種多様な環境でも適切に表示されるデザインが欠かせないのです。

モバイルオプティマイズの重要性

モバイルオプティマイズとは、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスで最適化されたウェブサイトを指します。

近年、モバイルからのアクセスが増えていることから、モバイルオプティマイズは必須な要素となっています。

モバイルオプティマイズされたウェブサイトは、画面サイズの異なるデバイスでも綺麗に表示され、ユーザーがストレスなく情報を得ることができます。

そのため、ユーザー体験を向上させ、訪問者を減らさないように、ウェブサイトのモバイルオプティマイズは欠かせない要素となります。

これは検索エンジンの評価も高め、上位表示をさらに可能なものにするでしょう。

ユーザビリティを考慮したデザイン

ユーザビリティを考慮したデザインは、ユーザーがウェブサイトを利用しやすくするために不可欠です。

画面のレイアウトやボタンの配置、フォントサイズ、色使いなど、細部にわたる設計が求められます。

特に重要なのはナビゲーションです。

ユーザーが目的の情報やページへスムーズにたどり着けるようなガイドが必要なのです。

また、ウェブサイトのロード時間も重要な要素で、待たされることのないスピーディなページ遷移が求められています。

すべてのユーザーがストレスなく利用できるサイトは、ユーザビリティの高いサイトと言えるでしょう。

効果的なコンテンツ配置

コンテンツ配置は、ユーザーが求める情報を効果的に提供するために重要な要素です。

目的の情報がすぐに見つかるような、わかりやすい配置となっているかが鍵となります。

また、コンテンツが多すぎても情報があふれ、ユーザーが探し求めていた情報を見つけにくくなってしまいます。

そのため、必要な情報だけをシンプルに、しかし効果的に配置することが重要です。

もちろん、ビジュアル要素も大切で、画像や動画を上手に配置することで、ユーザーの目を引きつけ、サイトへの興味を促すことが可能になるでしょう。

モバイルSEOの最適化

モバイルSEOとは、主にスマートフォンやタブレットなどモバイルデバイスからアクセスするユーザーにとって最適化されたウェブページを提供し、その検索エンジン最適化を行うことです。

モバイルの普及に伴い、デスクトップだけでなくモバイル向けのSEO対策が求められています。

うまく活用すれば、集客力を高め、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

ページスピードの最適化

ページスピードの最適化は、モバイルSEOの重要な要素の一つです。

ユーザーがウェブサイトを訪れたとき、そのページがすぐに読み込まれなければ、ユーザーはすぐにそのサイトを離れてしまいます。

Googleもページのロード時間をランキング要素として考慮しているため、遅いページ速度はSEO効果を損ねる原因となります。

ページスピードを最適化するための手段として、画像の最適化、JavaScriptやCSSの最小化、キャッシュの活用などがあります。

また、一部のコンテンツを先に表示させるプログレッシブレンダリングも効果的です。

これらの最適化手法を駆使して、ユーザーに快適なサイト体験を提供することが重要です。

モバイルフレンドリーなUI/UX

サイズが小さくなり、操作方法が異なるモバイルデバイスに対応するためには、独自のUI/UXデザインが求められます。

モバイルデバイスでは、指の大きさや動きに合わせたボタンサイズや配置、文字サイズ、画像の縮小や圧縮などが重要となります。

また、遷移するページ数をできるだけ少なくする、一度に表示する情報量を制限するなどの工夫も求められます。

それぞれのユーザーにとって最も使いやすいUI/UXを実現することで、利用者の満足度を高めることができます。

表示オプションの選択

表示オプションの選択も、モバイルSEOの最適化においてエッセンシャルな要素です。

同じウェブサイトでも、それが表示されるデバイスやブラウザの種類によって最適な表示方法は変化します。

そのため、ユーザーがどのデバイスからアクセスしても快適に閲覧できるよう、適切な表示オプションの選択が求められます。

表示オプションの選択には、レスポンシブデザインや動的配信、別URLといった方法があります。

それぞれにはメリット・デメリットがあり、自サイトの特性やターゲットとなるユーザーの属性を考慮して最適な方法を選ぶ必要があります。

適切な選択を行い、ユーザーに適したコンテンツ提供を心掛けましょう。

Google Search Consoleを利用したMFI対策

インターネット上で情報を検索するためのツールとして、Google検索が欠かせない存在となっています。

その中で、Webページがモバイルデバイスに適応するか確認するための指標、MFI(Mobile-First Indexing)はWebマスターにとって重要な観点となっています。

以下ではGoogle Search Consoleを活用した、MFIへの対策を試行・管理するための方法を紹介します。

Search Consoleの設定方法

Google Search Consoleは、ウェブサイトのパフォーマンスを測定・改善するための無料ツールです。

設定方法はシンプルで、まず始めにGoogleアカウントにアクセスし、「Search Console」のページを開きます。

次に、「プロパティを追加」の項目から自身のウェブサイトを登録します。属性としては「ドメイン」または「URLプレフィクス」を選択し、必要情報を入力することが求められます。

さらに、所有権を証明するために一手間かける必要があります。提供されるHTMLタグを自身のウェブサイトに埋め込むか、Google AnalyticsやGoogleタグマネージャーを利用することも可能です。

認証が終わり次第、「Search Console」を活用する準備は整います。

特に、「モバイル フレンドリーテスト」と「URL検査ツール」はMFI対策に重要な分析データを見ることができます。

MFIの監視と評価

MFIの監視には、「Search Console」の「モバイル フレンドリーテスト」を活用します。

ここでは、各ページがモバイルデバイスに適応しているか、またユーザビリティに問題がないかを検証できます。

テスト結果をもとに、必要な改善点を明らかにしましょう。

また、「ページエクスペリエンス」の項目からもモバイルフレンドリーさを把握することが可能です。

一方、「URL検査ツール」を利用することで、特定のURLがGoogleのインデックスに対応しているか確認できます。

これにより、インデックスされていないページや、問題があるページを特定し、対応することができます。

問題解決への対策

問題点が見つかった場合、適切な対策を行うことが重要です。

たとえば、表示が崩れる問題は、レスポンシブデザインの導入やCSSの最適化を通じて改善しましょう。

「モバイル フレンドリーテスト」などでエラーが検知された場合は、具体的な改善点を提供してくれるので、それを参考に修正を行うことが可能です。

また、「URL検査ツール」でインデックス問題が発見された場合には、まずその原因を究明します。

robots.txtやメタタグによるブロック、内部リンクの貧弱さなど、様々な原因が考えられます。

具体的な修正処置を行った後には、再度検証を行い、問題が解決したことを確認しましょう。

MFIとAMP(Accelerated Mobile Pages)の関連性

MFI(Mobile First Indexing)とAMP(Accelerated Mobile Pages)は、現代のモバイルオリエンテッドなウェブ環境において深い関連性を持つ二つの概念です。

これらはどちらも開発者と企業がウェブページの表示速度を向上させ、モバイルユーザーの体験を最適化するための手法です。

さらに、モバイルデバイスに最適化されたウェブサイトを設計し、視覚的な魅力とパフォーマンスを兼ね備える手法として有効活用されています。

AMPとは?

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは、Googleが提唱するモバイルページの読み込み速度を高速化するためのプロジェクトです。

これは、HTMLの元から新たに設計し直された技術で、ページの表示速度を格段に向上させてユーザー体験をより良くすることが可能です。

ジャーナリズムやブログといったコンテンツ提供者の存在が増える現代において、読み込みの速さはウェブサイトの成功を左右する重要な要素のひとつとなっています。

AMPは、特定のHTMLタグの使用を制限し、スタイル表(CSS)の量を制約してページの表示速度を向上させます。

また、GoogleがAMP対応ページをキャッシュし、そのキャッシュを基にページを表示するため、サイトの読み込み速度が大幅に向上します。

h3: MFIとAMPの相互作用

MFI(Mobile First Indexing)は、Googleが検索結果をランキング付けする際に、モバイルバージョンのウェブページを優先的に評価するという方法です。

これにより、モバイルユーザーの増加に対応し、最良のユーザーエクスペリエンスを提供しようとしています。

AMPとMFIは相互に作用しながら、ウェブサイトの最適化を支えています。

AMPを採用することで、モバイルページの表示速度が向上し、その結果、MFIのアルゴリズムにより高評価される可能性が高まるでしょう。

逆に、MFIにより、AMPを採用したウェブサイトが検索順位を上げる助けとなります。

AMPの活用方法

AMPを活用するには、ますむページの設計からAMP基準に合わせて作成することが求められます。

具体的には、不要なJavaScriptの使用を排除したり、CSSの使用量を制限したりすることにより、ページ全体のパフォーマンスを最適化します。

また、AMPはプラグインとして提供されており、既存のウェブサイトに簡単に導入できます。

たとえば、WordPressでは「AMP for WordPress」のようなプラグインを使用することで、存在するページをAMP対応にすることが可能です。

しかし、AMPを適切に活用するためには、その基準を遵守し、丁寧に開発することが求められます。

それにより、ウェブサイトのパフォーマンスを最大限に引き出し、ユーザーフレンドリーなUIを実現することが可能となります。

これら全てが、ウェブサイトがより多くのユーザーに届く上で重要な要素となります。

MFIの導入事例

MFI(Mobile First Indexing)の導入事例を具体的に見てみましょう。

MFIとは、Googleが推奨する、モバイル版のウェブページを優先にインデックス化することを指します。

この戦略は、普遍的な現象となっているモバイル端末からのアクセス増加に対応する形で生まれました。

この発展を受けて、多くのウェブサイトがMFIの導入へと舵を取っています。特にビジネスサイト、Eコマースサイト、ニュースメディアサイトでの導入事例が注目され、多くの企業が成功を収めています。

ビジネスサイトにおけるMFI導入事例

MFIの導入は、ビジネスサイトにおいても有益であることが証明されています。

例えば、大手企業の案内サイトがMFIを導入したところ、モバイルユーザーからのアクセス数が大幅に増加しました。

また、これに伴いコンバージョン率も増加し、ビジネス成果に直結したのです。

この事例から、MFIはモバイルユーザーのUX(User Experience)を向上させ、直接的なビジネス成果につなげる大きな武器であることがわかります。

EコマースサイトにおけるMFI導入事例

EコマースにおいてもMFIの導入事例は存在します。

大手オンラインショップが導入後、モバイルからのアクセス数とコンバージョン率が著しく上昇しました。

具体的には、商品ページの表示速度が向上した結果、顧客満足度が上昇し、離脱率が低下したのです。

商品の購入までの時間が短くなり、その結果、売上向上に繋がったのです。

この事例から、MFIはEコマースビジネスにおけるユーザーのショッピング体験を改善し、最終的には売上向上に貢献することが明らかになります。

ニュースメディアサイトにおけるMFI導入事例

ニュースメディアサイトでも、MFIの導入は効果を発揮しています。

特に、大手ニュースメディアのウェブサイトがMFIを導入したところ、全体のページ表示速度が向上し、モバイルからのアクセス数が大幅に増加しました。

なおかつ、記事の閲覧率も大きく向上したのです。

速度が早いサイトはユーザーにとって快適なので、長い時間サイトに滞在し、多くのコンテンツを見るようになります。

この結果、広告収入の増加につながるのです。

MFI対策の見直しと更新

近年、モバイルデバイスの普及が進み、その結果、モバイルフレンドリーインデックス(MFI)の重要性がますます高まっています。

素早い対応が求められるその動向、そしてユーザーのニーズに合わせたウェブサイトの構築、機能の最適化など、MFI対策の見直しと更新は必須となります。

これは単なる施策の一環ではなく、ユーザー体験の向上、コンバージョンの促進、ブランドの信頼性向上など、ビジネス成功への重要な因子となります。

ウェブサイトパフォーマンスの定期チェック

ウェブサイト性能の定期的なチェックについてです。

これは、ウェブサイトの健全性を保つために非常に重要な作業であり、MFIにおける評価を上げるためのキーファクターにもなります。

このチェックでは、ページのロードスピードや画像の最適化、レスポンシブデザインの適用、ユーザーインターフェースなどの検証が行われます。

これらの検証を経て、ウェブサイトの問題点を把握し、必要とあらば修正を加えることで、良好なパフォーマンスを維持することが可能になります。

最新SEOトレンドとの整合性

最新のSEOトレンドとMFI対策との整合性について詳述します。

サイトの検索エンジン最適化(SEO)は、ユーザーに提供する情報を検索エンジンが適切に評価して高い検索結果を得るための重要な要素です。

SEOの基本戦略として、コンテンツの質と関連性、ユーザーエクスペリエンス、モバイルフレンドリー性は重要な要素となっています。

それらを追求することは、自然とMFI対策へとつながります。

よって、SEOトレンドを把握し、それに応じた対策を行いつつ、モバイルに特化したSEO戦略も考えることが必要となります。

同義語
モバイルファーストインデックス
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る