MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】LTV(顧客生涯価値)

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

LTV(ライフタイムバリュー、Lifetime Value)とは、顧客がある企業との関係を維持する間に、その顧客が生み出す利益の総額を指します。企業にとっては非常に重要な指標であり、顧客の獲得と保持の戦略を考える上で中心となる概念です。

LTVの計算は、以下の式で表されます。

LTV = (顧客一人当たりの平均購買頻度 × 一回あたりの平均購買金額) × 顧客との平均関係維持期間

具体的には、顧客が年に何度購入するか(購買頻度)、その際にどのくらいの金額を使うか(購買金額)、そしてどのくらいの期間その企業の顧客でいるか(顧客との関係維持期間)を基に計算します。

たとえば、あるカフェの顧客が年間に平均10回来店し、一回あたり500円を使うとします。また、その顧客が平均して3年間そのカフェの顧客でいるとすると、LTVは以下のように計算できます。

LTV = (10回 × 500円) × 3年 = 15,000円

このように、LTVを計算することで、顧客一人ひとりが企業にもたらす長期的な価値を把握できます。これにより、マーケティング戦略や顧客関係管理(CRM)の効果を最適化するための具体的な指標となります。

LTVの高い顧客ほど、企業にとって価値が高いとされ、そうした顧客に焦点を当てたマーケティング戦略を展開することが一般的です。顧客獲得コスト(CAC)と比較して、LTVが高ければ高いほど、企業の健全な成長が見込めます。

しかし、LTVの計算には注意が必要です。過去のデータを基にしていますが、市場の変化や競合の動向によっては、将来のLTVが予測と異なる場合があります。そのため、LTVは定期的に見直し、現在の市場状況に合わせて更新することが重要です。

同義語
ライフタイムバリュー, Lifetime Value
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/