MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】インタースティシャル広告

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

インタースティシャル広告とは、ウェブページやアプリの遷移時に表示される全画面または大型の広告のことを指します。これらの広告は、ユーザーがコンテンツの読み込みを待つ間や、アプリの画面間を移動する際に挿入されることが多く、注目を集めやすい特徴があります。

この広告形式の最大の特徴は、その視認性の高さにあります。全画面を使って表示されるため、他の広告よりもユーザーの注意を引きやすく、ブランド認知やプロモーション効果が高いとされています。しかし、反面、ユーザーエクスペリエンスを阻害する可能性もあるため、表示タイミングや頻度の調整が重要です。

一般的に、インタースティシャル広告は数秒間表示された後、ユーザーが閉じることができる「閉じる」ボタンが設置されています。広告の効果を最大化するためには、クリエイティブの質やメッセージ、表示タイミングが重要で、過度な頻度や長すぎる表示時間はユーザーの不満を招く可能性があります。

例えば、ゲームアプリ内でのインタースティシャル広告は、ゲームのレベル間や特定のアクション後に表示されることが多いです。これにより、ユーザーはゲームプレイの自然な区切りで広告を受け入れやすくなります。

効果的なインタースティシャル広告の運用には、広告の表示頻度やユーザーの行動パターンを分析し、適切なタイミングで広告を配信することが求められます。また、ユーザーの反応を定期的に分析し、広告の内容や形式を最適化することも重要です。

同義語
フルスクリーン広告, フルページ広告, Interstitial Ads
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/