MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】インデント(字下げ)

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

インデント」は、文章や段落の最初の行を他の行よりも少し内側に始めることを指し、英語では「Indentation」と言います。通常、インデントは段落の始まりを視覚的に示すために使用され、読者が新しい段落に入ったことを簡単に認識できるようにします。このテクニックは、特に長い文章や複雑なドキュメントにおいて、読みやすさを高めるのに効果的です。

インデントの方法には主に二つのタイプがあります。一つ目は「全インデント」で、段落のすべての行を一定の量だけ字下げするスタイルです。これは、引用文や特別な注記に多く使われます。二つ目は「ハングインデント」で、最初の行だけが他の行よりも出っ張っているスタイルです。これは目録や参考文献リストによく見られます。

インデントの設定は、文書の種類やスタイルガイドによって異なります。一般的に、学術論文やビジネス文書ではインデントを用いることが多いですが、ウェブコンテンツや広告コピーなどでは少なくなります。また、インデントの幅も重要で、一般的には文字の大きさに合わせて調整されます。例えば、12ポイントのフォントでは、インデントの幅は通常0.5インチ(約1.27センチメートル)程度です。

効果的なインデントの使用例として、ビジネスレポートが挙げられます。ここでは、各セクションの最初の段落をインデントすることで、読者は新しいセクションが始まったことをすぐに理解できます。これにより、文書全体の構造が明確になり、情報の探索が容易になります。

最後に、インデントはただの装飾ではなく、文書の読みやすさと理解を助ける重要な要素です。適切に使用することで、プロフェッショナルで整理された文書を作成することができます。

同義語
インデント, インデンテーション, 字下げ, Indentation
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/