MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】ハミングバードアップデート

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

ハミングバードアップデート」とは、Googleが2013年に実施した検索アルゴリズムの大幅な改良を指します。このアップデートの主な目的は、ユーザーの検索意図をより正確に理解し、関連性の高い検索結果を提供することにあります。

従来の検索アルゴリズムは、キーワードの出現頻度やリンクの数などを重視していましたが、ハミングバードアップデート以降、検索クエリの文脈や意図を解析する能力が格段に向上しました。

例えば、”最寄りのカフェはどこですか”という検索に対して、単に’カフェ’というキーワードにマッチするページを表示するのではなく、ユーザーの現在地や検索履歴を考慮して、最適な結果を提供します。

この変更により、SEO(検索エンジン最適化)戦略も大きく変化しました。

キーワードの単純な積み重ねではなく、ユーザーの検索意図に合致した高品質なコンテンツの提供がより重要になっています。また、自然言語処理技術の進化により、質問形式の検索クエリに対しても適切な回答が提供されるようになりました。

ハミングバードアップデートは、特定のウェブサイトやページをペナルティするものではなく、ユーザーにとってより有益な検索結果を提供するためのGoogleの努力の一環です。ウェブサイト運営者やマーケターにとっては、このアップデートを理解し、ユーザー中心のコンテンツ戦略を展開することが求められます。

同義語
Google Hummingbird, Google ハミングバード
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/