MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】ファネル

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

マーケティングにおいて「ファネル」とは、顧客の購入プロセスを形象的に表したモデルのことを指します。このモデルは、広い口を持つ漏斗(ファネル)の形をしており、顧客が購入に至るまでの様々な段階を視覚的に理解するのに役立ちます。

ファネルモデルは、大きく分けて「認知」「関心」「検討」「購入」という4つの段階で構成されています。初めに、多くの潜在顧客が製品やサービスを「認知」します。その後、興味を持った人々が「関心」を示し、更にその中から実際に製品やサービスを「検討」する人々が現れます。最終的には、一部の人々が「購入」に至ります。

例えば、ある製品の広告を見た1000人のうち、100人が製品ページを訪れ(関心)、そのうちの10人が実際に製品を検討(検討)、最終的に1人が購入(購入)するという流れです。このプロセスを通じて、マーケティング担当者はどの段階で潜在顧客が減少しているのかを分析し、戦略を練ることができます。

ファネルモデルを用いることで、マーケティング活動の効果を定量的に評価し、改善点を明確にすることが可能になります。例えば、関心段階から検討段階への移行率が低い場合、製品情報の提供方法やターゲット顧客の見直しなどが必要かもしれません。

このモデルは、デジタルマーケティングだけでなく、あらゆる種類のマーケティング戦略に適用可能で、顧客の購入行動を深く理解する上で非常に有効なツールです。

« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/