MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】5フォース分析

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

5フォース(Five Forces Model)は、マイケル・ポーターによって提唱された業界分析のフレームワークです。このモデルは、ある業界の競争環境を分析し、その業界の収益性を決定づける五つの力を特定します。これらの力は、新規参入者の脅威、代替品の脅威買い手の交渉力売り手の交渉力、そして業界内の競合です。

新規参入者の脅威(Threat of New Entrants)は、新たな競争者が市場に容易に参入できるかどうかを示します。参入障壁が低い業界では、新規参入者が増加し、競争が激化する可能性が高くなります。

代替品の脅威(Threat of Substitutes)は、市場に存在する製品やサービスが代替可能な製品やサービスによって置き換えられるリスクを示します。代替品が多い業界では、製品の価格設定や品質に大きな影響が出ます。

買い手の交渉力(Bargaining Power of Buyers)は、顧客が製品やサービスの提供者に対してどの程度の力を持っているかを示します。強力な買い手は、価格やサービス条件を交渉することができます。

売り手の交渉力(Bargaining Power of Suppliers)は、サプライヤーが業界内の企業に対して持つ影響力を示します。強力なサプライヤーは、価格や供給条件をコントロールすることが可能です。

業界内の競合(Rivalry Among Existing Competitors)は、同じ市場で活動する既存の競合企業間の競争の程度を示します。競合が多く、競争が激しい市場では、利益率が低下する可能性があります。

5フォースモデルを用いて業界分析を行うことにより、企業は自社の戦略を適切に策定し、競争優位を確立することができます。

同義語
5F分析, Five Forces Model, 5つの力
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/