MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】ドリルダウン

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

ドリルダウンとは、データ分析やビジネスインテリジェンス(BI)において、データの詳細な情報を段階的に掘り下げていく手法のことを指します。この手法は、大量のデータの中から特定の情報を精密に分析し、より深い洞察を得るために用いられます。

例えば、企業の売上データを分析する場合、ドリルダウンを用いることで、全体の売上から特定の地域、店舗、さらには個々の商品レベルまで、段階的にデータを細分化して分析することができます。これにより、全体の数字だけでは見えなかった地域差や特定の商品の売れ行きなど、より具体的な情報を得ることが可能になります。

また、ドリルダウンは単にデータを細かく見るだけでなく、そのデータがどのように連動しているか、どのような傾向があるかを理解する上でも重要です。例として、ある商品の売上が特定の期間に急増した場合、ドリルダウンを用いることで、その背景にある要因(例えば特定のプロモーションやイベント)を明らかにすることができます。

ドリルダウンの効果を最大限に活用するためには、適切なデータ分析ツールの選択が重要です。これにより、膨大なデータの中から必要な情報を迅速かつ効率的に取り出し、ビジネス上の意思決定に役立てることができます。

ドリルダウンは、データをより深く理解し、ビジネス上の意思決定を支援するための重要な手法です。そのため、データを扱う全てのビジネスパーソンにとって、この手法を理解し、適切に活用することが求められます。

« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/