MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】データビジュアライゼーション

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

データビジュアライゼーションとは、複雑なデータや統計情報を、グラフィックなどの視覚的な表現方法を用いて理解しやすく表す技術です。この手法は、ビッグデータの時代において特に重要性を増しており、多様な業界で活用されています。

データビジュアライゼーションの目的は、数値やテキストのみのデータを直感的に理解可能な形に変換し、より迅速で効果的な意思決定を支援することにあります。例えば、売上データを棒グラフや円グラフにすることで、どの商品がよく売れているか一目でわかるようになります。

さらに、データビジュアライゼーションには、データのパターンやトレンド、異常値を発見するという役割もあります。例えば、売上の時間経過による変化を折れ線グラフで表すことで、特定の期間における売上の増減が容易に把握できます。

使用されるツールやソフトウェアは多岐にわたり、Excelのような基本的なものから、TableauやPower BIのような専門的なデータビジュアライゼーションツールまであります。これらのツールは、大量のデータを処理し、それを視覚的に表現する機能を備えています。

データビジュアライゼーションの効果を最大化するためには、適切なグラフの選択が重要です。例えば、比率を示す際には円グラフが適していますが、時間経過による変化を示す場合には折れ線グラフや棒グラフが適しています。

最後に、データビジュアライゼーションは単にデータを視覚化するだけではなく、そのデータから新たな洞察を得るための手段でもあります。正しく活用することで、ビジネス戦略の策定や新たなビジネスチャンスの発見に大きく貢献することができるのです。

同義語
データ視覚化
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/