MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】確証バイアス(Confirmation Bias)

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

確証バイアスとは、自分の信じている仮説や思い込みを支持する情報にのみ焦点を当て、反する情報を無視したり過小評価する心理的傾向のことを指します。このバイアスにより、人々は自分の信念や先入観を再確認するような情報を選びがちになり、客観的な判断を曇らせる可能性があります。

例えば、ある商品に対するポジティブなレビューのみを重視し、ネガティブなレビューを無視する消費者行動は確証バイアスの一例です。また、株式投資においても、自分が投資した銘柄の肯定的なニュースだけに注目し、否定的な情報を見過ごすことで、リスク評価が偏ることがあります。

マーケティングにおいて確証バイアスは特に注意が必要です。例えば、あるマーケティング戦略が成功すると信じている場合、その戦略を支持するデータや意見のみに集中し、反対意見や否定的なデータを無視することで、不適切な戦略を長期間続けるリスクが生じます。

このバイアスを避けるためには、様々な角度から情報を収集し、自分の意見や仮説に対する反論や異論にも耳を傾けることが重要です。また、情報の源泉を多角的に分析し、客観的なデータに基づいて判断することが効果的です。

確証バイアスは、計算式で直接表現される概念ではありませんが、データ分析の際にこのバイアスを意識することで、よりバランスの取れた判断が可能になります。

同義語
確認バイアス, コンファメーションバイアス, Confirmation Bias
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/