MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】バッチ処理

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

バッチ処理(Batch Processing)とは、コンピューターが一連のデータやタスクを集めて、一括して処理する方法です。この処理方式は、特に大量のデータを扱う際や、システムリソースの効率的な活用が必要な場合に有効です。

バッチ処理の一般的な特徴には、ユーザーの介入なしにプログラムが自動的に実行される点があります。これは、例えば、銀行のトランザクションの処理や、大量のレポート生成、データベースのバックアップなど、定期的かつ大量のデータ処理が必要な場面で利用されます。

バッチ処理のメリットとしては、まずリアルタイム処理に比べてシステムリソースの効率的な利用が挙げられます。リアルタイムでの処理は、即時にリソースを要求するため、システムに大きな負荷をかけることがあります。しかし、バッチ処理では、リソースの使用を計画的に行うことができ、システムの過負荷を防ぐことができます。

また、エラー発生時の対応が容易な点もメリットです。バッチ処理では、エラーが発生した場合にその部分を再処理することができます。これは、リアルタイム処理の場合、エラーの対応が難しい場合があることと対照的です。

しかし、バッチ処理にはデメリットも存在します。一つは処理完了までの時間が長くなることです。データが集積され、一括で処理されるため、リアルタイム処理に比べて時間がかかる場合があります。また、処理の結果が得られるまで待つ必要があるため、緊急性の高いタスクには向いていません。

具体的な使用例としては、例えばECサイトの日次売上集計では、1日の終わりにその日の注文データを集めて売上を計算するバッチ処理が行われます。また、社員の給与計算では、月末に勤務データを集めて給与を計算するバッチ処理が用いられます。

このように、バッチ処理はデータ処理の効率化とリソース管理の観点から、多くのビジネスシーンで重要な役割を果たしています。

同義語
Batch Processing
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/