MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】売り手の交渉力

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

売り手の交渉力(Bargaining Power of Suppliers)は、供給業者が業界内の企業に対して持つ交渉力の程度を指すマーケティング用語です。この力が強い場合、サプライヤーは価格、品質、納期条件などにおいて有利な立場に立てます。これは、企業のコスト構造、製品価格、利益率に直接的な影響を与える要因です。

売り手の交渉力が高まる要因には、サプライヤーの数が少ない、代替品が存在しない、製品が独自性を持つ、業界内でのサプライヤーの重要性が高い、転換コストが高いなどがあります。たとえば、特定の原材料を供給する企業が限られている場合、これらの企業は価格や供給条件において強い交渉力を持ちます。

サプライヤーの交渉力を理解することは、企業がコスト構造を最適化し、供給リスクを管理するために重要です。例えば、交渉力が高いサプライヤーと長期的な関係を構築することで、安定した供給と価格の保証を得ることが可能です。

また、サプライヤーの交渉力は、製品開発のプロセスや市場戦略の策定にも影響を与えます。強力なサプライヤーに依存する場合、企業は原材料のコスト増加や供給の不安定さに対処する必要があります。

売り手の交渉力を把握し、これに対応するための戦略を策定することは、企業の競争力を維持し、利益を最大化するために不可欠です。

« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/