MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】買い手の交渉力

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

買い手の交渉力(Bargaining Power of Buyers)は、マーケティングの分野で用いられるポーターの5フォース分析の要素の一つです。これは、顧客や購買者がサプライヤー(売り手)に対して持つ交渉力の度合いを表します。買い手の交渉力が強い場合、彼らは価格の引き下げ、品質の向上、サービスの改善などを要求することができ、結果として市場の競争環境に大きな影響を与えます。

買い手の交渉力が強まる要因としては、購買する製品やサービスが標準化されている場合、代替品が容易に入手可能な場合、購買量が大きい場合などがあります。たとえば、自動車製造業において、大規模な自動車メーカーは部品サプライヤーに対して強い交渉力を持っています。これは、彼らが大量の部品を購入するため、サプライヤーにとって重要な顧客であるためです。

買い手の交渉力を理解することは、企業が自社製品やサービスの価格戦略、販売戦略を策定する上で重要です。たとえば、買い手の力が強い市場では、価格競争が激しくなる可能性があり、企業は差別化戦略やコストリーダーシップ戦略を採用する必要があります。

また、買い手の交渉力は、市場の供給過剰、購買者の価格感度の高さ、情報の透明性などによっても影響を受けます。市場が供給過剰の場合、買い手はより低い価格で製品を購入することができ、また、購買者が価格に敏感な場合、彼らは価格に基づいて製品を選択する傾向があります。

企業は、買い手の交渉力に対応するために、顧客ロイヤルティの構築、製品の差別化、バリューチェーンの最適化などの戦略を実施することができます。これにより、市場における競争優位を維持し、長期的な成功を達成することが可能になります。

« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/