MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】リターゲティング

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

リターゲティングは、一度ウェブサイトを訪れたユーザーに対して、再度アプローチを行うマーケティング戦略です。主にオンライン広告で使用され、訪問者の興味や行動履歴に基づいて、関連性の高い広告を表示することにより、コンバージョン率の向上を図ります。

この戦略は、クッキーなどのトラッキング技術を利用してユーザーの行動を追跡します。例えば、あるユーザーが特定の商品をオンラインストアで閲覧した後、そのユーザーが他のウェブサイトを訪れた際に、先ほどの商品に関連する広告が表示されることがあります。

ターゲティングの効果は非常に高く、既に関心を示しているユーザーに再度アプローチするため、新規顧客を獲得するよりも低コストで高い成果を期待できます。特に電子商取引ウェブサイトでは、カート放棄したユーザーに対して特別なオファーを提示するなどして、購入へと導く効果的な手法として用いられています。

しかし、リターゲティングを行う際には、ユーザーのプライバシーに配慮し、適切な範囲でデータを収集・使用する必要があります。また、過度な広告表示はユーザーの反感を買う可能性があるため、広告の頻度や内容にも注意を払う必要があります。

リターゲティングは、特にオンラインショッピングのカート放棄率の低減、ブランド認知度の向上、製品やサービスへの関心の維持など、多様なマーケティング目的に応じて応用されています。

同義語
リマーケティング
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/