無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

SEO対策の外注費用相場!料金早見表付き【月額固定・成果報酬・時間単価型・スポット型】

SEO対策の外注費用相場!料金早見表付き【月額固定・成果報酬・時間単価型・スポット型】

SEO対策・SEOコンサルティングの外注を検討する際、サービス提供者の選定や費用の見極めは重要なポイントです。

本記事では、SEO対策サービスの価格帯や選び方に焦点を当て、企業や個人が最適なサービス提供者を見つけるための具体的なアドバイスを提供します。また、低価格のサービスから高額なカスタムプランまで、幅広い選択肢の中から自社に合った最良のSEO対策を実施するためのポイントを解説します。

SEO対策の外注費用相場・比較

SEO対策の外注にかかる費用は、サービスの内容や範囲、提供する会社の専門性や地域によって大きく異なります。以下に、各種SEOサービスの外注費用相場について概説しますが、これらの数字はあくまで目安として参考にしてください。

SEOコンサルティングの外注費用相場

SEOコンサルティングの費用相場は、月額数万円から数百万円まで幅広いです。小規模なビジネス向けの基本的なサービスでは月額数万円程度からスタートし、大企業や複雑なプロジェクトでは月額数百万円に及ぶこともあります。コンサルティング内容には、サイト全体のSEO戦略立案、キーワードリサーチ、サイト構造の最適化提案などが含まれます。

SEO内部対策の外注費用相場

SEO内部対策(オンページSEO)の外注費用は、ウェブサイトの規模や対象ページ数によって変わりますが、一般的にはページ単位での料金設定がされることが多いです。1ページあたり数千円から数万円程度が相場です。全体のサイト最適化を依頼する場合は、プロジェクト全体で数十万円から数百万円になることが一般的です。

SEO外部対策(被リンク獲得)の外注費用相場

被リンク獲得の外注費用は、リンクを獲得するサイトの質や数によって異なります。質の高いサイトからのリンク獲得は価格が高くなりがちで、1リンクあたり数万円から数十万円程度が相場となることがあります。リンクビルディングのキャンペーン全体では、数十万円から数百万円の費用がかかる場合があります。

SEOライティング・記事制作の外注費用相場

SEOライティングや記事制作の費用は、記事の長さや品質、専門性によって異なります。一般的な記事であれば、1ワードあたり1円から5円程度、1記事あたり数千円から数万円が相場です。専門性が高いテーマや研究が必要な内容では、さらに高額になることがあります。

オウンドメディアのSEO外注費用相場

オウンドメディアの立ち上げや運用に関するSEO外注費用は、プロジェクトの規模や内容によって大きく異なります。基本的な立ち上げと初期コンテンツ制作で数十万円から、運用を含めた継続的なサポートで月額数万円から数十万円程度が相場です。

サイトリニューアルのSEO対策外注費用相場

サイトリニューアル時のSEO対策は、既存のSEO価値を保持しつつ、新しいサイト構造やコンテンツに適した最適化を行います。このための外注費用は、プロジェクトの規模によって数十万円から数百万円程度が相場です。

SEOアドバイザリーの外注費用

SEOアドバイザリーは、特定の課題に対するアドバイスや戦略の立案を行うサービスです。このサービスの費用は、アドバイザーの専門性や経験、提供するアドバイスの範囲によって異なりますが、数時間のコンサルテーションで数万円から、長期的なアドバイザリー契約で月額数十万円が一般的な相場です。

これらの費用相場はあくまで目安であり、具体的な見積もりは依頼するサービスの詳細やコンサルティング会社によって異なります。また、価格だけでなく、提供されるサービスの質や実績、コミュニケーションのしやすさなども総合的に検討することが重要です。

SEO対策の外注費用比較表・早見表

以下は、SEO対策の外注費用に関する比較表・早見表です。日本における一般的な費用相場を基に作成していますが、実際の費用は提供する業者やプロジェクトの詳細内容によって異なるため、あくまで目安としてご利用ください。

SEOサービス項目 費用相場の範囲 備考
SEOコンサルティング 月額 10万円~数百万円 小規模ビジネス向けは月額10万円~50万円が目安。大規模プロジェクトではそれ以上。
SEO内部対策 数十万円~数百万円(プロジェクトベース) サイトの規模やページ数による。小規模サイトは低価格帯、大規模サイトは高価格帯。
SEO外部対策(被リンク獲得) 月額 数十万円~数百万円 被リンク獲得の戦略や範囲による。広範なキャンペーンは高額。
SEOライティング・記事制作 1ワード 2円~5円、1記事 数千円~数万円 記事の長さや専門性による。専門的な内容は高額。
オウンドメディアのSEO外注 初期設定・立ち上げ 数十万円~数百万円、月額運用 数万円~数十万円 オウンドメディアの規模や目的による。
サイトリニューアルのSEO対策 数十万円~数百万円(プロジェクトベース) サイトの規模やリニューアルの範囲による。
SEOアドバイザリー 数万円~数十万円(数時間のコンサルテーション)、月額 数十万円(長期契約) 専門家によるアドバイスや戦略立案の範囲による。

この表は、SEOサービスの概算費用を比較する際の参考となるものです。実際にサービスを依頼する前に、複数の業者から見積もりを取り、サービス内容や支援範囲を詳しく確認することが重要です。また、費用だけでなく、提供業者の実績や対応の質、過去のクライアントからのフィードバックなども検討すると良いでしょう。

大手企業と中小企業のSEO対策・SEOコンサルティング外注費用相場の比較

SEO対策の費用は、企業の規模、業界の競争度、目標とする成果のレベルによって大きく異なります。大手企業と中小企業では、予算、戦略の焦点、そして求めるサービスの範囲において違いがあります。以下は、一般的な傾向に基づく大手企業と中小企業のSEO費用の比較表です。

項目 大手企業 中小企業
初期費用 100万円以上 10万円 – 50万円
月額費用 50万円 – 200万円以上 10万円 – 30万円
サービスの範囲 全面的なSEO戦略、国際SEO、広範なキーワードとコンテンツ戦略、専門家チームによる管理 基本的なSEO最適化、ローカルSEO、限定的なキーワードとコンテンツ戦略、小規模チームまたは個人による管理
カスタマイズのレベル 高度にカスタマイズされた戦略、競争分析、パーソナライズされたレポート 標準化された戦略、基本的な競争分析、テンプレートベースのレポート
期待される成果のスケール 高いトラフィック増加、国際市場でのブランド認知度向上 地域市場での可視性の向上、特定のニッチ市場でのポジショニング強化

この表は一般的なガイドラインを示しており、実際の費用とサービス内容は提供会社やプロジェクトの具体的な要件によって異なります。大手企業はより広範な市場を対象としており、高度な技術と戦略が求められるため、費用が高くなりがちです。一方、中小企業では、より限定的な範囲のサービスで具体的な成果を目指すため、比較的低い費用でSEO対策を行うことが多いです。

SEO対策の投資は、企業の目標、市場の状況、そして利用可能な予算に応じて慎重に検討する必要があります。企業は、投資に見合ったリターンを期待できる信頼できるSEOサービスプロバイダーを選定することが重要です。

SEO対策の費用形態と相場(スポット型・固定報酬・成果報酬、時間単価型)

SEO対策を行う上で重要なのは、どのような費用形態でサービスを利用するかという点です。

主にスポット型、固定報酬型、成果報酬型、時間単価型の4つの費用形態が存在します。各形態にはメリットとデメリットがあり、自社の状況やニーズに合わせて選択することが重要です。市場ではさまざまなSEO対策サービスが提供されており、それぞれの費用相場も大きく異なります。

ここでは、これらの費用形態と相場について、詳細に解説していきます。SEO対策の外注を検討する際には、これらの情報を参考にして、最適なサービスを選択してください。

以下は、SEO対策の費用形態と相場に関する情報を表にまとめたものです。

費用形態 概要 相場 メリット デメリット
スポット型 特定のプロジェクトやキャンペーンに対して一時的に行うSEO対策 数十万円から数百万円 必要な時に必要な対策を行える柔軟性 継続的なSEO対策には向かない
固定報酬型 あらかじめ決められた報酬で一定期間のSEO対策サービスを受ける 月額数万円から数十万円 予算の管理がしやすく長期的な対策に向く サービス内容が契約によって固定されるため柔軟な対応が難しい場合がある
成果報酬型 実際に得られた成果に応じて報酬が支払われる 成果の難易度や市場状況により大きく変動 支払いが成果に基づくためリスクが低い 成果の定義や計測方法に合意が必要で成果が出るまで時間がかかることもある
時間単価型 実際にかかった時間に応じて報酬が支払われる 1時間あたり数千円から数万円 必要な作業に応じて柔軟に対応できる 予算管理が難しくなる可能性がある

スポット型のSEO対策外注費用相場

スポット型のSEO対策は、特定のプロジェクトやキャンペーンに対して一時的にSEO対策を行う形態です。一般的には、ウェブサイトのリニューアルや新しいコンテンツの追加時など、特定の期間や目的に合わせてSEO対策を実施します。

スポット型の費用相場はプロジェクトの規模や内容によって大きく異なりますが、数十万円から数百万円程度が一般的です。重要なのは、具体的な目標や成果物が明確に設定され、それに対する費用が見積もられる点です。

スポット型は柔軟性が高く、必要な時に必要な対策を行えるメリットがありますが、継続的なSEO対策には向いていません。

固定報酬型のSEO対策外注費用相場

固定報酬型のSEO対策は、あらかじめ決められた報酬で一定期間のSEO対策サービスを受ける形態です。月額や年額で費用が設定され、その期間内に提供されるサービスの範囲や内容が契約によって定められます。

固定報酬型の費用相場は、提供されるサービスの内容やサポートの範囲によって異なりますが、月額で数万円から数十万円程度が一般的です。固定報酬型は予算の管理がしやすく、長期的なSEO対策を行う上で安定したサービスを受けることができるメリットがあります。

しかし、サービス内容が契約によって固定されているため、柔軟な対応が必要な場合には不向きな場合もあります。

成果報酬型のSEO対策外注費用相場

成果報酬型のSEO対策は、実際に得られた成果に応じて報酬が支払われる形態です。具体的な成果の指標としては、検索エンジンのランキングの向上、ウェブサイトへの訪問者数の増加、コンバージョン数の増加などがあります。

成果報酬型の費用相場は、目標とする成果の難易度や市場の競争状況によって大きく変動します。成果報酬型の最大のメリットは、支払いが成果に基づくため、リスクが低い点です。しかし、成果の定義や計測方法に関する合意が必要であり、場合によっては成果が出るまでに時間がかかることもあります。

時間単価型のSEO対策外注費用相場

時間単価型のSEO対策は、実際にかかった時間に応じて報酬が支払われる形態です。この形態では、SEO対策を行う専門家やエージェンシーの時間単価が設定され、実際に作業にかかった時間に基づいて費用が計算されます。

時間単価型の費用相場は、専門家のスキルレベルや経験によって異なりますが、一般的には1時間あたり数千円から数万円程度が一般的です。時間単価型のメリットは、必要な作業に応じて柔軟に対応できる点です。

しかし、プロジェクト全体の費用が作業時間に大きく依存するため、予算管理が難しくなる可能性もあります。

以上、SEO対策の費用形態と相場について解説しました。SEO対策を外注する際には、これらの情報を参考にして、自社の目的や予算に合った最適なサービスを選択してください。

SEO対策会社の費用が異なる理由

SEO対策会社を選ぶ際、多くの企業が最初に直面するのが費用の違いです。

この費用の差にはいくつかの要因があります。まず、提供されるサービスの範囲が異なります。

一部の会社はキーワード分析やコンテンツ最適化の基本的なサービスのみを提供していますが、他の会社ではより高度なサービス、例えばリンク構築や技術的SEO対策まで幅広くカバーしています。また、市場の競争力やブランドの知名度も価格設定に影響を与える要素です。高い実績を持つSEO対策会社はその経験と成功事例を理由に高額な料金を設定する場合があります。さらに、クライアントのニーズに合わせたカスタマイズされた戦略を提供する場合、その分析と戦略立案にかかるコストも費用に反映されます。

このように、SEO対策会社の費用が異なるのには、提供されるサービスの質と範囲、市場におけるポジショニング、カスタマイズのレベルなど、複数の理由があります。

SEO対策外注の契約期間は月額制?

SEO対策を外注する際、契約形態は会社やサービスによって異なりますが、月額制での契約が一般的です。

月額制の契約は、定期的な分析、レポート提供、サイトの最適化など、継続的なサービスを受けられる点で多くの企業に選ばれています。この形式では、契約期間が明確に定められており、通常は最低利用期間が設けられています。

そのため、サービスを開始する前には、期間や解約条件を含め、契約内容をしっかりと確認することが重要です。また、成果に応じて料金が変動する成果報酬型の契約を提供する会社もあります。この場合、初期費用が低く抑えられることもありますが、目標達成時の報酬額が高額になる場合があるため、事前に条件をよく理解することが大切です。

SEO対策の初期費用

SEO対策を外注する際には、初期費用が発生することが一般的です。この初期費用には、現在のウェブサイトの状態分析、キーワード調査、競合分析、初期の戦略立案など、プロジェクトを開始するために必要な一連の作業が含まれます。

初期費用は、プロジェクトの規模や複雑さ、外注する会社のサービスレベルによって大きく異なります。

一般的には数万円から数百万円の範囲で、この費用を支払うことで、SEO対策の基盤が整い、その後の定期的な最適化作業がスムーズに進むことが期待されます。初期費用は高いと感じるかもしれませんが、長期的な視点でウェブサイトのトラフィック増加やランキング改善を実現するための重要な投資と考えることができます。

費用が無料のSEO対策外注とは

「費用が無料のSEO対策外注」と聞くと魅力的に感じるかもしれませんが、その実態を理解することが重要です。

一部の会社やサービスでは、初期の相談や基本的なサイト分析を無料で提供することがあります。これは、将来的な契約につなげるための営業戦略の一環として行われることが多いです。しかし、実際のSEO対策作業には専門的な知識と時間が必要なため、完全に無料でサービスを提供することは現実的ではありません。

無料相談や分析を通じて得られた情報は有用ですが、本格的なSEO対策を進めるには、最終的には専門の会社に対価を支払う必要があります。無料オファーを利用する際には、どのようなサービスが提供されるのか、その後の費用についても明確に確認しておくことが大切です。

個人のSEO対策の外注費用相場

個人でウェブサイトやブログを運営する場合、SEO対策の外注を検討することがあります。

個人向けのSEO対策外注費用は、企業向けに比べると一般的に低めに設定されていますが、サービスの内容や品質、提供する会社によって幅があります。相場としては、月額数千円から数万円程度で基本的なサービスが提供されることが多いです。この費用には、キーワード分析、コンテンツの最適化提案、簡易的なリンク構築などが含まれることが一般的です。

しかし、より専門的で詳細なサービスを求める場合や、競争が激しい業界でのランキング向上を目指す場合は、それに応じて費用が高くなる可能性があります。個人でSEO対策を外注する際には、自分のニーズと予算を明確にし、複数の提供者から見積もりを取ることが重要です。

個人にSEO対策を外注するメリット・デメリット

個人でウェブサイトやブログを運営している場合、SEO対策を外注することにはメリットとデメリットがあります。メリットとしては、専門知識を持ったプロフェッショナルによるサポートを受けられることが挙げられます。

これにより、効率的にサイトの検索エンジンランキングを向上させることが可能になり、結果的にトラフィックの増加や収益向上につながります。また、SEO対策にかかる時間と労力を削減できるため、コンテンツ制作や他のマーケティング活動により多くの時間を割くことができます。一方で、デメリットとしては、外注費用がかかることが挙げられます。

特に予算が限られている個人にとっては、この費用が負担となることがあります。また、外部の会社に依存することで、自分自身でSEO対策の知識を深める機会が減る可能性もあります。個人でSEO対策を外注する際には、これらのメリットとデメリットを十分に検討し、自分の目的に最も合った選択をすることが重要です。

安価・低価格のSEO対策外注のメリット・デメリット

安価・低価格でSEO対策を外注することは、特に予算が限られている中小企業や個人事業主にとって魅力的な選択肢となります。メリットとしては、まず明らかにコストの節約が挙げられます。少ない投資でSEO対策を始めることができ、特にSEOに関する知識が乏しい場合でも、プロフェッショナルのサポートを受けることができます。また、安価なプランでも基本的なSEOの最適化やアドバイスを受けられるため、サイトの可視性をある程度改善することが可能です。

一方で、デメリットも存在します。低価格のサービスでは、提供されるサービスの範囲や品質が限られることが多く、カスタマイズされた戦略や深い分析を期待するのは難しいかもしれません。また、低価格のサービス提供者の中には、不透明な手法を用いる場合もあり、長期的にはサイトの評価に悪影響を及ぼすリスクも考慮する必要があります。安価なSEO対策を選択する際には、提供されるサービス内容を詳細に確認し、信頼できる提供者を選ぶことが重要です。

費用が高いSEO対策外注のメリット・デメリット

高額なSEO対策外注サービスを利用する場合、その費用に見合った高品質かつ包括的なサービスを期待できることがメリットです。高価格帯のサービスでは、一般的に専門知識を持った経験豊富な専門家によるきめ細やかな対応が得られ、競争の激しい市場での優位性を確保するための戦略的なアプローチが可能になります。また、詳細な市場分析、競合分析、カスタマイズされたコンテンツ戦略の立案など、より複雑で高度なサービスを受けることができます。

しかし、デメリットとしては、明らかにコストが大きな負担となる点が挙げられます。特に予算が限られている場合、高額な外注費用は事業の他の部分に割ける資源を圧迫することになります。また、高額なサービスであっても、必ずしも投資に見合った結果が得られるとは限らず、期待した成果が得られなかった場合のリスクも考慮する必要があります。

自社に合ったSEO対策外注費用の見極め方

自社に合ったSEO対策外注費用を見極めるには、まず自社の目的とニーズを明確にすることが重要です。SEO対策の目標は何か、どの程度の期間で成果を期待しているのか、どのようなサービスが必要かなど、具体的な要望を洗い出しましょう。次に、市場調査を行い、複数のSEO対策会社から見積もりを取得します。各社の提案内容、サービス範囲、実績、顧客評価などを比較検討し、コストとサービス内容のバランスを考えましょう。

また、長期的な視点でのROI(投資対効果)を考慮することも大切です。初期費用が高くても、長期にわたって高いリターンが見込める場合は、その投資が正当化されるかもしれません。逆に、低コストで始められるサービスでも、持続的な効果を期待できるのであれば、コストパフォーマンスの高い選択と言えるでしょう。重要なのは、短期的なコストだけでなく、長期的なビジネス戦略との整合性を考慮して、最適な外注パートナーを選ぶことです。

SEO対策外注の見積書を確認しておくこと

SEOコンサルティング会社から提供される費用・見積書は、サービス内容や費用の詳細が明確に記載されていることが重要です。見積書の内容が丁寧に記載されているか確認することは、後々のトラブルを避け、効果的なSEO対策を実施するために必要不可欠です。以下は、SEOコンサルティング会社の費用見積書を確認する際に注目すべきポイントです。

サービス内容の明確性

見積書には、提供されるサービスの範囲が具体的に記載されている必要があります。キーワード分析、コンテンツ作成、オンページSEO、オフページSEO、技術的SEO対策など、どのような作業が含まれるのかを明確にすることで、サービスの質と範囲を正確に理解できます。

費用の内訳

費用・見積書には、サービスごとの費用が詳細に記載されていることが望ましいです。初期費用、月額費用、追加サービスの費用など、すべてのコストが分かりやすく提示されているかを確認しましょう。また、予期せぬ追加費用が発生しないよう、どのような場合に追加費用がかかるのかも明記されていることが重要です。

成果物と納期

どのような成果物が提供されるのか、またそれらがいつ頃完成するのかについても見積書に記載されていることが重要です。例えば、サイトの詳細な分析レポート、改善提案書、実施計画など、具体的な成果物とその納期を確認することで、プロジェクトの進行状況を把握しやすくなります。

契約期間と解約条件

SEO対策は一朝一夕に結果が出るものではないため、多くのコンサルティング会社では一定期間の契約を結ぶことが一般的です。契約期間や解約に関する条件が見積書に記載されているかを確認し、自社の予定や予算に合致するかどうかを検討しましょう。

サポート体制

見積書には、プロジェクト進行中のサポート体制に関する情報も含まれていることが望ましいです。例えば、定期的な進捗報告会の開催、連絡を取る際の担当者や連絡方法などが明記されていると、安心してプロジェクトを進めることができます。

まとめ

SEOコンサルティング会社の費用見積書を確認する際には、上記のポイントを念頭に置き、サービス内容、費用、成果物、契約条件、サポート体制が明確に記載されているかをチェックすることが重要です。丁寧に記載された見積書は、双方の認識の齟齬を防ぎ、スムーズなプロジェクト進行の基盤となります。

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料