無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】トピッククラスター

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

トピッククラスターとは、ウェブサイトのコンテンツ戦略において、特定の主題(トピック)に関連する一連の記事やページを意図的に組織化する手法です。この戦略の目的は、ウェブサイトの構造を整理し、検索エンジンによる評価を向上させることにあります。

通常、トピッククラスターは「ピラーページ」と「クラスターコンテンツ」で構成されます。ピラーページは、ある広範囲のトピックに関する包括的な情報を提供するページです。たとえば「デジタルマーケティング」というトピックの場合、その基本概念、重要性、基本戦略などが網羅されます。これに対し、クラスターコンテンツは、ピラーページのトピックをさらに細分化した具体的なテーマに焦点を当てた記事群です。例えば、「SEO対策」や「ソーシャルメディアマーケティング」といった特定のサブトピックに関する記事が含まれます。

トピッククラスターの利点は多岐にわたります。まず、ウェブサイトのコンテンツを体系的に整理することで、ユーザーが情報を容易に見つけやすくなり、ユーザーエクスペリエンスが向上します。また、関連コンテンツ間の内部リンクにより、ウェブサイトのドメイン権威が強化され、検索エンジン最適化(SEO)に有利に働きます。さらに、トピックに対する包括的な情報提供により、訪問者の滞在時間が増える可能性があり、ウェブサイトの信頼性や評価が高まります。

実際の運用では、まず中核となるトピックを特定し、その周辺に複数のクラスターコンテンツを計画的に配置します。ピラーページとクラスターコンテンツは、相互にリンクを張り合い、情報の網羅性とアクセシビリティを高めます。

« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る