MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】ターゲティング

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

ターゲティングとは、マーケティングにおいて特定の顧客グループを対象として商品やサービスを設計し、宣伝する戦略のことを指します。このプロセスは、広告の効果を最大化するために、最も適切な顧客層を特定することから始まります。

ターゲティングを行う際、まず市場セグメンテーションによって、市場を細分化します。これには地理的、人口統計学的、心理的、行動的な要因が用いられることが一般的です。例えば、地理的セグメンテーションでは、特定の地域や都市をターゲットにします。人口統計学的セグメンテーションでは、年齢、性別、収入などの要素に基づいて市場を分割します。

その後、ターゲット市場を決定します。この段階では、どの市場セグメントが最も利益をもたらす可能性が高いか、または企業のリソースと目標と最も相性が良いかを考慮します。ターゲット市場を特定することで、マーケティング努力をその市場に集中させ、広告予算の最適化、製品開発の方向性、販売戦略の策定などが行えます。

ターゲティングの具体例としては、若者をターゲットにしたファッションブランドの場合、ソーシャルメディアやオンラインプラットフォームを通じたデジタルマーケティングに焦点を当てることが考えられます。また、高収入のビジネスパーソンを対象とする高級車ブランドは、高級雑誌や専門誌の広告、VIPイベントの開催などに重点を置くかもしれません。

ターゲティングは、企業がより効率的に市場を攻略し、製品やサービスの受け入れを高めるために不可欠なプロセスです。正確なターゲット市場を特定することにより、リソースを最適に活用し、市場での競争優位を確立することができます。

同義語
Targeting
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/