無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】SERP(Search Engine Result Pages)

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

SERP(Search Engine Result Pages)とは、「サーチエンジン結果ページ」の略で、インターネット上で検索エンジンにキーワードを入力した際に表示される結果の一覧ページを指します。このページは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンが、ユーザーの検索クエリに最も関連性が高いと判断したウェブサイトのリンクで構成されています。

SERPは単にリンク一覧ではなく、さまざまな要素で構成されています。例えば、テキストリンクのリスト、画像、動画、地図、ニュース記事などが含まれます。また、特にGoogleでは「フィーチャードスニペット(目立つ抜粋)」や「ナレッジグラフ」などの特別な表示が行われることがあります。これらの要素は、ユーザーの検索体験を向上させ、より関連性の高い情報を提供することを目的としています。

マーケティングにおいてSERPは非常に重要です。ウェブサイトがSERPの上位に表示されることは、より多くの訪問者を獲得し、ブランド認知度を高めることに直結します。このため、多くの企業は検索エンジン最適化(SEO)に力を入れ、SERPでの上位表示を目指しています。

具体例として、ある企業が「健康食品」で検索されたいと考えている場合、その企業のウェブサイトや関連するコンテンツを「健康食品」というキーワードに最適化することが重要になります。これには、関連するキーワードをウェブサイトのテキストに含める、ユーザーに価値のある内容を提供する、サイトのローディング速度を向上させるなどの方法があります。

最後に、SERPの特徴として、同じ検索クエリでもユーザーの位置情報や検索履歴によって表示される内容が異なることがあります。これは、検索エンジンが各ユーザーに最も関連性の高い情報を提供しようとするためです。

同義語
SERP, Search Engine Result Pages, 検索結果ページ
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る