MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】パンダアップデート

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

パンダアップデートは、Googleが2011年に初めて導入した検索エンジンのアルゴリズムの更新の一つです。

このアップデートの主な目的は、低品質なコンテンツを持つウェブサイトのランキングを下げ、ユーザーにとって価値のある、高品質なコンテンツを提供するサイトのランキングを向上させることにあります。

パンダアップデートは、特に「コンテンツファーム」と呼ばれる、大量の低品質なコンテンツを生成しているウェブサイトに対して効果を発揮しました。

これにより、検索結果の質が大幅に向上しました。

このアップデートにより影響を受ける主な要因には、コンテンツの重複、コンテンツの薄さ(少ない文字数や表面的な情報のみを含むコンテンツ)、ユーザーエクスペリエンスの低さ(ページの読み込み速度の遅さ、広告の多さなど)があります。

例えば、あるウェブサイトが、他のサイトからコンテンツをコピーしたり、一つのトピックに関して表面的な情報しか提供していない場合、パンダアップデートによって検索結果でのランキングが下がる可能性があります。

ウェブマスターやコンテンツクリエーターは、パンダアップデートを意識して、オリジナリティのある深い内容のコンテンツを作成し、ユーザーにとって有益な情報を提供することが重要です。

これにより、Googleのランキングで良い位置を確保し、より多くの訪問者を獲得することができます。

また、ウェブサイトの全体的な品質を高めるためには、ページの読み込み速度の最適化、広告の適切な配置、ユーザーインターフェースの改善なども考慮する必要があります。

同義語
Google Panda Update
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/