MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】マージ

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

マーケティングにおける「マージ」とは、複数のデータソースや情報を統合し、より包括的で一元化されたデータセットを作成する過程を指します。このプロセスは、顧客データベース、市場調査、販売データなど、異なる情報源からのデータを結合することにより、より深い洞察を得るために使用されます。

例えば、企業が顧客の購買行動を分析する際、オンラインでの購入記録と店舗での購入記録をマージすることで、顧客の全体的な購買パターンをより詳細に理解することができます。このようにデータを統合することで、顧客のニーズに合わせたマーケティング戦略を立てることが可能になります。

マージのプロセスは、データの重複を避け、一貫性を保ち、誤ったデータや不完全なデータを取り除くことにも重点を置いています。正確なデータのマージは、マーケティング分析の正確性を高め、より有効な意思決定を支援します。

また、マージは顧客データプラットフォーム(CDP)やデータウェアハウスなど、様々な技術的なツールを使用して実施されることが多いです。これらのツールは、異なるデータソースからの大量のデータを効率的に処理し、分析のための統一されたビューを提供します。

« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/