MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】GDPR

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

GDPR(General Data Protection Regulation、一般データ保護規則)は、2018年5月25日に施行された欧州連合(EU)のデータ保護に関する規則です。この規則は、EU域内の個人データの処理とその自由な流通を規制し、個人のプライバシー権を保護することを目的としています。

GDPR(General Data Protection Regulation:一般データ保護規則)

GDPRのもっとも重要な特徴の一つは、その適用範囲の広さです。この規則は、EU域内で活動する全ての企業、さらにはEU域外でEU市民のデータを処理する企業にも適用されます。つまり、世界中の多くの企業がGDPRの規制を遵守する必要があります。

GDPRでは、個人データの定義が広範にわたります。氏名、住所、電子メールアドレスのような明確な個人情報だけでなく、IPアドレスやクッキー情報などのオンライン識別子も個人データに含まれます。また、特別なカテゴリのデータ、例えば人種、政治的意見、宗教的信念に関するデータの処理には、さらに厳しい制限が設けられています。

GDPRにはいくつかの重要な原則が含まれています。これには、データ処理の透明性、目的の制限、データの最小化、正確性、保管の制限、データのセキュリティ、責任性などが含まれます。企業はこれらの原則に従い、個人データの適切な処理を保証する必要があります。

また、GDPRは個人に複数の権利を与えています。これには、アクセス権、修正権、削除権(「忘れられる権利」)、データの携帯権、処理の制限、異議申し立て権が含まれます。企業はこれらの権利を尊重し、必要な対応を行う体制を整える必要があります。

違反した場合の罰則は厳しく、最大で全世界年間売上の4%、または2000万ユーロ(どちらか高い方)に達することがあります。これにより、GDPRの遵守は企業にとって重要な課題となっています。

具体例として、ある企業がEU市民のデータを収集してマーケティングに使用する場合、その企業はGDPRの要件に従ってデータを処理し、保護する必要があります。これには、適切な同意の取得、データの適切な保管とセキュリティ対策の実施、個人の権利の尊重などが含まれます。

同義語
一般データ保護規則, General Data Protection Regulation
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

\無料登録受付中/