無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】DWH(データウエアハウス)

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

DWH(データウェアハウス)とは、企業や組織が持つ大量のデータを一元的に格納、管理し、データ分析や意思決定の支援を目的としたシステムのことです。

データウェアハウスの主な機能は、異なるソースからのデータを統合し、分析に適した形で保存することにあります。データウェアハウスは、日々の業務用のオペレーショナルデータベースとは異なり、データの集約や歴史的データの保存に特化しています。

これにより、時間をまたいだトレンド分析や、大規模なデータセットに基づく複雑なクエリの実行が可能になります。

例えば、小売業の企業が過去数年間の販売データを分析して、顧客の購買傾向を理解するためにデータウェアハウスを使用する場合があります。ここでは、異なる店舗やオンラインの販売データが統合され、顧客の行動や季節ごとのトレンドなどを把握するための分析が行われます。

データウェアハウスの実装には、ETL(Extract Transform Load)プロセスが重要です。このプロセスでは、まず異なるデータソースからデータを抽出(Extract)、次にデータを統一された形式に変換(Transform)、最後にデータウェアハウスに格納(Load)します。このプロセスにより、データの品質が保証され、分析の精度が向上します。

データウェアハウスの利点は、大量のデータを効率的に管理できる点にあります。また、データを一元化することで、情報の整合性やセキュリティの向上にも寄与します。しかし、データウェアハウスの構築と維持は、高い技術力とコストが必要となるため、その導入には慎重な計画と評価が必要です。

同義語
データウェアハウス, Data Ware House
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る