無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】CPM(Cost per Mille)

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

CPM(Cost per Mille)は、広告業界における重要な指標の一つです。直訳すると「千単位あたりのコスト」という意味で、主にオンライン広告の価値や効果を測定する際に用いられます。この指標は、特定の広告が表示されるたびに広告主が支払うコストを意味しており、広告の露出度と費用効果のバランスを評価するのに役立ちます。

具体的には、CPMは以下の計算式で求められます:

CPM = (広告費用 / 広告が表示された回数) x 1000

ここで、広告費用はその広告キャンペーンにかかった総費用を指し、表示回数はその広告がユーザーの画面に表示された総回数を意味します。例えば、1,000円の広告費用で広告が10,000回表示された場合、CPMは以下のように計算できます:

CPM = (1,000円 / 10,000回) x 1000 = 100円

この場合、広告主は広告が千回表示されるごとに100円のコストを支払っていることになります。

CPMは、広告キャンペーンの計画段階で予算設定を行う際や、異なる広告プラットフォームやメディア間での広告効果を比較する際に特に有効です。たとえば、異なるウェブサイトやアプリで同じ広告を出稿した場合、CPMを比較することでどのプラットフォームがよりコスト効率が良いかを判断することができます。

また、CPMは他の広告指標と組み合わせて使用されることも多く、例えばクリック率(CTR)やコンバージョン率といった指標と併せて評価することで、広告の全体的なパフォーマンスをより深く理解することが可能です。

同義語
CPM, Cost per Mille
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る