無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】コモディティ化

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

コモディティ化とは、製品やサービスが差別化要素を失い、市場において同質化される現象のことを指します。これは、多くの場合、業界内での競争激化や技術の標準化、顧客の認識の変化などによって引き起こされます。コモディティ化された製品やサービスは、品質や性能が似通っているため、顧客は価格や利便性を重視するようになります。

例えば、かつて特定のブランドが優位を持っていたスマートフォン市場も、技術の進化と標準化により、多くの製品が類似した機能やデザインを持つようになりました。その結果、ブランドやデザインよりも価格が重要な選択基準となることが多くなります。

企業がコモディティ化の影響を受けないようにするためには、継続的なイノベーションやユニークな価値提案が必要です。例えば、特別な顧客サービス、個性的なデザイン、独自の機能などを通じて、製品やサービスを差別化することが考えられます。また、顧客の深層心理に訴えかけるブランディング戦略も有効です。

コモディティ化は、市場の成熟度合いを示す指標ともなり得ます。成熟した市場では、製品やサービスの標準化が進み、消費者の選択基準がより細分化されます。これにより、企業はより革新的で差別化された価値提案を行う必要があります。

最終的に、コモディティ化への対応は、市場の動向を敏感に捉え、常に顧客のニーズに合わせて製品やサービスを進化させることによって達成されます。企業は、コモディティ化の進行を抑え、差別化を図ることで、競争優位を維持することが可能です。

同義語
同質化
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る