無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】ビッグデータ(Big Data)

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

ビッグデータとは、従来のデータベース管理ツールやデータ処理アプリケーションでは扱いきれないほどの大規模で複雑なデータセットを指します。この用語は、単にデータの量を指すだけでなく、データの多様性、速度、真実性、価値なども含む概念です。

ビッグデータの特徴は、大量(Volume)、多様性(Variety)、速度(Velocity)の3Vに加え、時には真実性(Veracity)や価値(Value)を加えた5Vで説明されることがあります。大量はデータ量の多さ、多様性は構造化されていないデータや異なる形式のデータを含むこと、速度はデータが生成され、処理される速さ、真実性はデータの信頼性、価値は得られる情報の有用性を意味します。

ビッグデータの応用例としては、小売業界における顧客行動の分析、金融業界におけるリスク管理、医療業界における疾病予測や治療法の開発などがあります。また、SNSのデータ分析によるマーケティング戦略の策定、気候変動の分析、都市計画の改善など、多岐にわたる分野で活用されています。

ビッグデータを効果的に利用するためには、適切なデータ収集、分析ツールの選定、データの質を保証する仕組み、そしてデータセキュリティへの配慮が必要です。また、ビッグデータから得られる洞察は、事業戦略や意思決定に大きな影響を与えるため、データの解釈には専門知識が求められます。

計算式が出現する用語ではありませんが、ビッグデータの分析には統計学的手法や機械学習アルゴリズムが頻繁に使われます。これらの手法を用いてデータパターンを識別し、予測モデルを構築することが一般的です。

同義語
ビッグデータ, Big Data
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る