フリーランスの動画編集者になるには?仕事の取り方や年収相場も解説

フリーランスの動画編集者になるには?仕事の取り方や年収相場

本記事では、フリーランスの動画編集者について解説していきます。

この記事で紹介する内容は主に下記の通りです!

  • フリーランスの動画編集者になる方法
  • フリーランスの動画編集者の年収・月収相場
  • 1分動画・10分動画の動画編集相場
  • フリーランスの動画編集案件単価
  • フリーランスの案件・仕事の取り方

では早速解説していきます。

迷ったらココ!おすすめの動画編集スクール3選

  1. 注目studio US(スタジオ アス)
    当サイトから最も無料説明会の予約が多いスクール!

    最近話題の月4,584円~学べる動画編集オンラインスクール!未経験からプロの動画クリエイターを目指す!
    公式サイト:https://studio-us.org/


  2. 注目デジハク(DIGITAL HACKS)
    当サイトから無料相談の予約急増中!(2022年4月)
    \教材がずっと見放題/自宅からオンライン学習で『プロ動画クリエイター』を目指す!副業サポートが安心の動画制作スクール!
    公式サイト:https://digital-hacks.jp/

  3. ヒューマンアカデミー 動画クリエイター講座
    映像見放題・質問回数無制限!月6,300円から学べる人気スクールの講座!オンラインでも通学でも受講可能!
    公式サイト:https://haa.athuman.com/academy/videoeditor/

目次(クリックしてジャンプ)

フリーランスの動画編集者になるには

フリーランスの動画編集者になるには

フリーランスの動画編集者を目指したいと考える人は年々多くなってきました。

SNSなどの普及によって、需要も多くさまざまな形で活躍できることが理由としてあげられます。

動画編集は、ネット上に公開するための映像や音声を編集することです。

YouTubeやTikTokといった動画投稿サイトが絶大な人気のある今、動画編集の仕事に就きたいという人が増えています。

年齢や性別を問わず、フリーランスとしても自分のスキルを活かすことができることも動画編集者の魅力です。

一言に動画編集と言っても、その仕事内容はさまざまです。

SNSなどへ投稿する動画を、パソコン上で加工してつなぎ合わせるような編集作業はもちろん、テレビで流れるCMやFacebook、Instagramなどで良く見られる広告動画なども動画編集者が携わります。

多数のアウトプットから自分の目指す動画編集の仕事を選ぶことができるのです。

フリーランスでも動画編集スキル次第で活躍できる

動画編集の仕事は、フリーランスでもスキル次第で活躍できます。

フリーランスの動画編集者として最低限必要なスキルとして、テロップの挿入や映像のカットやつなぎ、効果音やBGMを挿入できること、色調用調整やエフェクトの挿入などがあります。

動画編集をするうえで、この作業が基本の工程となります。

この基本的なスキルに加えて、フリーランスの動画編集者として収入を得るためには、セールススキルやマーケティングスキル、コミュニケーション能力も重要となります。

ただ単に技術があるだけでは、仕事として十分な収入を得ることは難しいということも知っておく必要があります。

フリーランスは自分自身で営業活動を行います。

フリーランスの動画編集者は、ポートフォリオとセールススキルが必要

そのためには、ポートフォリオの作成や単価交渉などのセールススキルも必要です。

案件を受注した際に、クライアントの意図をくみ取ったうえでしっかりと作品として完成させることもとても重要です。

クライアントの求める動画を作り上げることが動画編集者としての仕事の基本であることを忘れてはいけません。

そのためにはマーケティングスキルをしっかり身に付ける必要があります。

コミュニケーション能力もまた、必要不可欠と言えます。

クライアントとのやりとりも、全て自分1人でおこなうため、信頼関係を築いたり次の案件につながるためのコミュニケーションも、フリーランスにとっては大切な要素と言えます。

このようなスキルを身に付けたうえで、制作する動画のクオリティの高さや豊富な知識など、フリーランスとなればなおさら、定期的に仕事を受注してもらうためには動画編集者としてのセンスも重要になります。

また、応用スキルとしてSEOやディレクションなどの専門的なスキルをもっていると、フリーランスとして活躍できる場が飛躍的に広がります。

フリーランスの動画編集者はWebマーケティングの知識・スキルも必要

副業ではなく、本業としてフリーランスの動画編集者を目指す人であればなおさら、自分の受注した案件がどのように公開されると再生数が伸びるのかなど、web上で閲覧される動画の案件には必要不可欠な知識でもあるSEOや、データ分析に特化したアナリティクスなどの知識はもっておいて損はないでしょう。

オンライン学習サービスを利用する

フリーランスの動画編集者になるには:オンライン学習サービスを利用する

最近では、動画編集のテクニックや基本的なスキルを学べる内容の動画がweb上のサイトやYouTubeなどでもアップされています。

実際にユーチューバーとして活躍する人が、実際に自分が動画編集をする様子を動画で配信しており、何度も見返しながら学習材料として利用が可能です。

SNSに特化した編集技術などを見ることができるので、投稿動画などの編集者を目指したいと考える人にはおすすめの学習方法と言えます。

web上やYouTubeのチュートリアル動画などは、基本的に無料で見ることができるので、コストもほとんどかかりません。

スクールなどに通うための金銭的な負担は軽減されますが、公開されている動画数が多いがために統一された方法で学ぶことは難しく、受け身での学習になるために質問などができないことがデメリットとなりますが、自分の求める知識を絞って検索することができ、ピンポイントの学習でスキルを身に付けることができます。

本業の仕事をしながらではスクールに通う時間が確保できないというフリーランスの動画編集者を目指す人にとっては、オンラインでの学習サービスはとても便利です。

動画編集スクール・専門学校に通う

フリーランスの動画編集者になるには:オンラインスクール・専門学校に通う

短期間で、より高度な動画編集のスキルを身に付けたいという人には動画編集を専門に教える学校に通うことがおすすめです。

専門学校によっては、オンラインで受講可能なコースもあり、通学とオンラインを選択できる学校もあります。近場に通いたいと思える学校がない場合でも、オンラインであれば全国どの場所からでも学習することができます。

専門学校に通うことで、プロの講師から専門的な知識を事細かに学ぶことができます。

オンラインで学べる無料サービスとは違い、分からないことがあれば質問できる先生もいます。

また、同じ学校に通う生徒同士の交流もあり相談などもしやすい環境にあるため、短期間でのスキルアップに向いていると言えます。

通う学校によっては、就職や転職などの手厚いサポートを受けることもできるので、自分の目的にあった学校を選択できます。

専門学校は学費が必要なため、オンラインサービスを利用した学習に比べて費用は掛かりますが、それに見合った知識やスキルを身に付けることができるという意味では、フリーランスの動画編集者として安定した業務の受注ができるようになるためには決して無駄な経費ではないと考えられます。

費用は通う学校や受講するコースによってさまざまですが、月謝で受講する講座や最初に10万円程で購入して受講できる買い切りのオンライン講座などがあります。

30代からの動画編集は遅くない!未経験でも大丈夫30代からの動画編集は遅くない!【未経験でも大丈夫】

会社で動画編集の実務経験を積む

フリーランスの動画編集者になるには:会社で動画編集の実務経験を積む

フリーランスの動画編集者になるには、未経験からではなく制作会社や広告代理店で実務を経験することもおすすめです。

動画編集が未経験な人でもアルバイトやパートタイマーとしてスタートし、その後正社員として雇用してくれる会社もあります。

実際に現場で働くことで、動画編集者としてどんな業務に携わるのかなどを体験することができます。

実績のないままフリーランスとして仕事を受注することは容易ではないため、知識と経験を得られる機会をもつことはとても貴重なことなのです。

また、会社規模での仕事となれば、フリーランスでは携わることができないような大きなプロジェクトなどにも参加することができる可能性があります。

豊富な案件をこなせる会社での経験は、フリーランスとして独立した際の強みとなるはずです。

経験豊富な先輩などからフィードバックをもらえることで、自分のスキルアップに直結しやすい環境で知識を学ぶことができることも魅力です。

会社に勤めて実務を積んだ後、フリーランスとして活動する際に自分の得意分野ややりたいことが明確になり、独立した後も案件を受注できるクライアントとの繋がりをもてる可能性もあります。

また、実際にフリーランスの動画編集者として独立した際に、会社に務めて実務経験があるという肩書があることで、フリーランスで案件を受注する際の信頼度も高まります。

クライアントは、当然ながらある程度のスキルをもった人材に案件を依頼したいと考えます。

そのため、実務経験のあるフリーランスの動画編集者としてPRできることは大きなメリットであると言えるのです。

フリーランスの動画編集者の案件・仕事の取り方

フリーランスの動画編集者の案件・仕事の取り方

フリーランスとして仕事を受注するためには、当然ながら自分で営業をする必要があります。

自分のスキルやこれまでの経験などを武器に、自分自身を売り込んで案件を獲得します。

営業をかける先はさまざまですが、一般的にはネット上で企業などが応募を募っている案件などを検索し、自分の可能な仕事内容を選択して応募する方法となります。

書類選考やポートフォリオなどの提出を経て、見事案件を獲得できれば仕事を受注することができるという流れになります。

企業が応募を募る案件の内容はさまざまで、未経験者でもスキルさえあればできるとカットや音声の挿入などの簡単な作業から、高いスキルと豊富な知識を要する案件まで多種多様です。

もちろん、作業内容や難易度によって報酬額が変わることが一般的なため、より高度な案件であれば報酬額もその分高額となります。

自分の可能な範囲に仕事内容を絞って案件を受注できることがフリーランスとして活動するメリットでもありますが、安定した収入を得るまでには時間がかかってしまうケースもあります。

コツコツと簡単な作業を数多くこなして収入を得る人もいますが、より高いスキルと知識で高額案件をメインに受注して安定した収入に繋げている人も少なくありません。

クラウドソーシングサービスの利用

フリーランスの動画編集者の案件・仕事の取り方:クラウドソーシングサービスの利用

多くのフリーランスが活躍する場として人気の高いクラウドソーシングサービスは、仕事をしたい人と仕事を依頼したい人をネット上で結ぶマッチングサービスの総称です。

フリーランスの動画編集者として働きたい仕事などを予め登録するサービスに申告します。

その際、自己アピールを兼ねて経歴書などを記載する場合もあります。

いわば、自分の名刺代わりとなるものです。

クラウドソーシングサービスでは同業者のフリーランスがライバルになることも当然あります。

その際、自分が案件を獲得するためにアピールできるスキルや知識、経験などは必ず武器となるのです。

よりクオリティの高い仕事を求めるクライアントの場合、マッチングの際に厳しい条件を提示していることも少なくありません。

その分、案件を獲得できた時の報酬も高額となるケースが多いのです。

より高収入を得たいと考えるのであれば、自分自身の強みであるスキルを漏らさず記載しましょう。

できないことを偽って申告することは絶対にしてはいけませんが、未経験でもスキルアップをしたいなどの抱負を込めた内容の記載は好印象となる可能性もあります。

クラウドソーシングサービスは仕事を受注すると手数料が発生することがほとんどですが、業務の受注や納品などの管理がきちんとされています。

報酬が支払われないなどのトラブルが起きる心配が少なく、安心して案件を受注できることも魅力です。

クラウドソーシングサービスで有名なクラウドワークスでは、サイト内で動画編集と検索すると14,199件の案件がヒットします。

また、動画編集者と検索をかけても2,239件の募集がヒットします。(2022年1月18日現在)

これだけの膨大な案件の中から、自分のスキルや条件に合った内容を選択して応募することができるため、フリーランスの動画編集者としてスタートしたばかりの人にも利用しやすいクラウドソーシングサービスとなっています。

動画編集スクールから案件紹介してもらう

フリーランスの動画編集者の案件・仕事の取り方:動画編集スクールから案件紹介してもらう

動画編集の専門学校やオンラインスクールに通った人であれば、会社に就職せずにフリーランスを選択した卒業後のサポートをしてくれるスクールもあります。

DMM WEBCAMP AWARDでは、受講生に限定した現役のエンジニア講師によるフリーランスの案件獲得のサポートがあります。

また、案件を獲得して実際に仕事をこなす際にもしっかりとアドバイスやフォローを受けることができるのです。

受講中に動画編集者としての知識を学ぶだけでなく、しっかりと独り立ちができるような体制が整っているスクールであれば、卒業後のフリーランスとしての活動も安心です。

案件を紹介してもらえるスクールで有名なのは、「studio US」や「デジハク」です。

編集部でインタービューした記事がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

SNSやブログ、Youtubeを活用して案件を獲得する

フリーランスの動画編集者の案件・仕事の取り方:SNSやブログ、Youtubeを活用して案件を獲得する

最近では、フリーランスで仕事をしている人の多くが、案件を獲得するための手段としてブログやFacebook、TwitterやYouTubeなどのさまざまなSNSを活用しています。

SNS上で動画編集者を募集している企業や個人も多いので、ハッシュタグをつけて動画編集者・フリーランス歓迎・募集などで検索をして案件を探すことができます。

また、自身のPRを記載してフリーランスとして仕事をしたいという内容を公開することで、拡散力の強いSNSでは仕事に繋がる機会を増やすことができる可能性が広がります。

その中から受注できる案件と出会うことが見込めます。フリーランスの動画編集者として活動を行っていることを存分にアピールすることで、DMなどで直接依頼をもらえることもあります。

Googleフォームを作成し、問い合わせ用の窓口としてSNSに掲載しておくと先方からも声をかけてもらいやすくなります。

SNSでさまざまな情報を配信している人が目にするからこそ、ニーズに合った仕事を受注できることが期待できるのです。

友人・知人に紹介してもらう

フリーランスの動画編集者の案件・仕事の取り方:友人・知人に紹介してもらう

企業の応募案件だけでなく、知人などから仕事を紹介してもらうなど、ツテを利用して仕事を受注するといったケースもあります。

知り合いから紹介された仕事でしっかりと成果をあげることで、次の受注にも繋げやすいといったメリットもあり、定期的な受注を獲得するための近道にもなります。

また、報酬の話なども直接できるので、知り合い価格などで安く設定して受注することもおすすめです。

まずは仕事をこなし、自分自身の仕事のクオリティを上げることに専念することも大切です。

質の高い仕事をこなすことで、自然と案件に対する報酬も高くなりますし、友人や知人からの口コミでの案件などを受注できる可能性もあります。

信頼できる相手との仕事となれば、かけだしのフリーランスでも安心して案件を受注できますし、知り合いであれば自分から営業をかけて仕事を募集する難易度は低くなります。

同じ動画編集者として仕事をしている友人や知人がいる場合や、何らかの形で動画編集者と関わる仕事をしている人が周囲にいる際には、思い切って仕事の相談を持ち掛けてみると良いでしょう。

何らかの形で力になってくれることもあるかもしれません。

自ら営業をかける

フリーランスの動画編集者の案件・仕事の取り方:自ら営業をかける

web上で動画制作会社や広告代理店などを検索し、自ら営業をかけるという方法もあります。

動画編集を依頼したい企業が、フリーランスの動画編集者を募集している案件をタイミングよく見つけることができれば良いのですが、営業をかける度に案件が発生しているということは難しいことでもあるからです。

一方、動画制作会社やCMなどをメインに手がける広告代理店であれば、常に動画編集の案件を抱えています。

フリーランスの動画編集者として安定した仕事を受注できるように立ち回るには、エンドクライアントとなる企業よりも広告代理店などの業務の中核を担う場所へ営業をかけると効率が良いと言えます。

仕事を獲得するためには、それ相応の数の営業をかける必要がありますが、案件を常に抱えているハブの企業に絞って営業することで、少ない時間と労力で定期的な案件の受注に期待ができるのです。

ただ単に数を打つ営業スタイルよりも、見込み客に対して営業をかけることが安定した案件の受注につながるため、フリーランスで活動するためには重要なポイントと言えるでしょう。

フリーランスの動画編集者の年収・月収相場

フリーランスの動画編集者の年収・月収相場

フリーランスの動画編集者が案件を受注する際の相場は、1本5,000円~15,000円とスキルや編集の難易度などで変動します。

TwitterなどのSNSで募集されている案件やクラウドソーシングサービスで募集している動画編集の案件の単価は約9割が1本5,000円~10,000円となっています。

web上で仕事を探す場合、1本10,000円以上の案件を受注できること自体が難しいのが現状です。

残りの1割の単価は15,000円以上の高単価のものもありますが、こういった案件を受注できるのは知識や経験豊富なスキルの高い動画編集者でないと難しいのです。

フリーランスの動画編集者になると、月に何本受注できるかによって月収や年収も変動します。

相場の単価で月10本~20本の案件をコンスタントにこなしていくと、100,000円~300,000円の月収になりますが、フリーランスの動画編集者としてスタートしたばかりの未経験者では、1本の動画を仕上げるために時間を多く費やしてしまうこともあります。

1本の動画を完成させるためには、修正などが入った場合を含めた工数を要するため、2~3日程かかることがほとんどで、顧客の数も少ない駆け出しの時期は、月に150,000円程の月収が一般的のようです。

また、チームで動くプロジェクトなどに携わる場合には、本数での単価ではなくそのプロジェクトの予算の中から納期までの期間を定めて報酬が計算されるというケースもあります。

こういったケースでは、経験や知識などの高いスキルをもったフリーランスの動画編集者でなければ機会は少ないかもしれませんが、単価計算での案件よりも相場は高く、安定してより高い収入を得るためには必要不可欠です。

プロジェクトなどの相場や内容にもよりますが、1ヵ月~3ヵ月などの期間を有し、300,000円~500,000円と高額報酬を見込めます。

毎月安定した本数の案件をこなしていくと、1,800,000円~3,600,000円程がフリーランスの動画編集者の年収相場となっています。

あくまでフリーランスとして活動するための目安となりますが、受注できる案件によって収入は変動します。

フリーランスの動画編集者は年収1000万超えられる?

フリーランスの動画編集者は年収1000万超えられる?

現在フリーランスの動画編集者として活躍している人の中には、年収1000万円を稼いでいるという強者もいます。

結論から言うと、フリーランスの動画編集者でも年収1000万円を稼ぐことは可能ということになります。

ですが、この強者の仲間入りをすることは容易ではないということも事実です。

年収1000万円を稼ぐということは、月収にして月100万円程を稼いでいるということになります。

このような額を稼ぐことができる動画編集者は、基本的に高単価の案件をコンスタントに受注できるスキルとセンスをもっている人です。

例えば、普段何気なく見ているテレビCMなどと同じクオリティで作れるような技術のある人や、フォロワー数が数十万人いるようなインフルエンサーに関わる案件をもっているなどです。

YouTubeなどの再生回数を伸ばすための動画編集に携わる場合には、クライアントとの要望を聞き入れつつ再生回数が伸びる動画を制作できるかどうかが重要となります。

インフルエンサーのような著名人からの案件を受注したい場合には、こうしたマーケティング力のある動画編集者が重宝されるのです。

再生数の伸びる動画を作成し、1本の動画で数十万円もの利益を生み出せるような動画編集者であれば、高額な企業案件を受注することができます。結果的に、報酬単価が高額となり収入アップにつながります。

実際にフリーランスの動画編集者としてこなす、撮影された動画を編集する案件であればそれなりのスキルがある人でも、受注単価は高くても20,000円~30,000円といったところでしょう。

それが企業案件となると、撮影から動画編集までを受注すると単価は倍以上にも化けるというわけです。

このような案件をこなしていくと、フリーランスの動画編集者でも年収1000万円を超えることは不可能ではないと言えます。

動画編集単価の相場

動画編集単価の相場

Youtubeの動画編集案件の単価は、1本5,000円程度

YouTubeの動画編集であれば、通常制作会社に依頼すると15,000円~30,000円程となります。

基本的には1本5,000円程の単価の案件が多く、1本3,000円程の低単価の案件も少なくありません。

企画や構成などを含めた編集作業となれば、1本100,000円前後と、内容が高度になり物量も増える案件となると、高い単価の仕事となります。

テレビCMの編集の相場は150,000円~500,000円

テレビCMの編集の相場は150,000円~500,000円と価格に大きな幅があります。

MVやPVの編集であれば、1本あたりの単価は30,000円~100,000円程です。

アニメーション動画となると、編集の工程が多い分単価は高額です。

スライドショーのような比較的簡単な編集作業でも相場は100,000円程となり、パラパラ漫画やキャラクターアニメーションなど、尺の長い編集となると200,000円~500,000円と相場は大きく跳ね上がります。

動画制作の費用は人件費と諸費用から計算

一般的に、動画制作の費用は人件費と諸費用から計算されます。

動画を制作するには大きく3つの工程に分かれており、まずはどのような構成にするかを企画してその後に構成に沿って撮影が行われ、それを基に編集を行います。

この工程でかかる費用が諸経費となり、動画制作にかかる費用と相場が計算されます。

フリーランスの動画編集者として案件を受注するのは、基本的に最終工程である編集ですが、案件の内容によっては高単価で企画や撮影までを一括したものもあります。

自分に編集以外のスキルがあるとなれば、構成や撮影まで含めた案件を受注できるため、相場以上の単価で案件を獲得することも可能となります。

フリーランスの動画編集者として受注した場合には、一般的な相場の約5割~7割程度と安くなる

これは一般的な相場となるため、フリーランスの動画編集者として受注した場合には、一般的な相場の約5割~7割程度と安くなるとされています。

当然ながら、スキルやクオリティが動画制作会社や広告代理店などに依頼する場合と同等に仕上げることができる場合には、相場に近い金額での受注が可能となるケースもあります。

1分動画の動画編集相場

動画編集単価の相場:1分動画の相場

1分のアニメーション動画の相場は約400,000円~700,000円程となっています。

内容にもよりますが、実写動画であれば1本500,000円程です。

3DCG動画となると、1分動画でも1,000,000円程が相場となります。

クオリティの高い動画となると、相場は1~1.5倍の価格になります。

YouTubeなどのSNSで使用される一般的な動画であれば、制作費は100,000円程です。

商品やサービスのPR動画や広告用の宣伝動画となると、300,000円程が相場となっています。

10分動画の動画編集相場

動画編集単価の相場:10分動画の相場

YouTubeなどで配信する動画制作には、1分動画と比べて尺が長くなるため200,000円~300,000円程が相場となります

YouTube動画では、10分以内の動画におさめるのが基本となり、10分以上の動画となるとプラスで追加料金がかかることが一般的です。

その他の基本的な10分動画の相場は、アニメーション制作では400,000円程から可能で、実写動画であれば600,000円~と、尺が長くなることで価格の相場も高くなります。

3DCG動画となると、低品質な動画制作でも1,500,000円~が相場となっており、高品質のものでは2,000,000万円が相場となっています。

フリーランスの動画編集者は最近増えすぎ?

フリーランスの動画編集者は最近増えすぎ?

副業も含めたフリーランスの動画編集者は年々増加しています。

YouTubeなどのSNSの普及により動画制作の需要が高まったことが理由と言えるでしょう。

動画編集は、基本的な編集スキルであればそう時間もかからずに習得することができます。

高度なスキルがなくてもこなせる案件であれば動画編集の初心者でも受注できるため、副業に選択する人も増えています。そのため、フリーランスの動画編集者が増えすぎているという状況となっているのです。

最近では、多くの企業が動画を利用した自社のPR などを行うことが一般的となってきました。

企業のホームページなどには、必ずと言って良いほど社内紹介や社員のインタビュー動画などが掲載されています。

そうした動画の多くは、フリーランスの動画編集者が携わっていると言っても過言ではありません。

その多くは、クラウドソーシングサービスなどで募集されている案件でもあります。

現在でも動画編集者の需要は高まる一方です。

SNSで活躍するクリエイターが増え続けるほど、動画制作の数も増えていくためです。

その反動として、フリーランスの動画編集者がメインに受注する案件の単価が下がってしまうという現象に直結しているということも否めません。

数年前までは1本10,000円程が相場だった動画編集の案件は年々単価が下がっており、クラウドソーシングサービスの掲載されている案件の中には、1本1,000円程の案件も少なくありません。

フリーランスの動画編集者が活躍する場が多くなっていることも事実ですが、その半面では稼ぎにくくなっていると言えるかもしれません。

フリーランスの動画編集者になりたい方におすすめの動画編集スクール

おすすめの動画編集スクール・講座を比較表形式でまとめています。是非参考にしてみてください。

動画編集スクール
スクール・講座の特徴
コース・費用
チャットサポート
マンツーマン制
キャリアサポート
案件紹介制度
受講期間
受講形式
評判・口コミ
運営会社
おすすめ動画編集スクール「studio US(スタジオアス)」
studio US(スタジオアス)
公式サイトはこちら
・いつでもどこでも受講し放題
・受講中はプロ講師が質問を受け付け
・700本以上の豊富な動画素材
・業界で今活躍しているハイクオリティな講師陣
・大量の案件を用意があり、高単価案件にも参加可能
動画編集コース
55,000円~
ありなし未確認あり最短2ヵ月オンライン型studio US
(スタジオアス)の
評判・口コミ
株式会社AHGS

おすすめ動画編集スクール「デジハク」
デジハク
公式サイトはこちら
・未経験者を対象にしたスクール
・24時間好きな時間に受講・学習
・基礎からしっかり学べる
・副業/独立サポート
・業界最安級のオンラインスクール
デジハクコースREG
148,000円〜
ありありありあり3ヶ月~オンライン型デジハクの
評判・口コミ
UNIT BASE株式会社
おすすめ動画編集スクール「ヒューマンアカデミー動画編集講座」
ヒューマンアカデミー
動画編集講座

公式サイトはこちら
・就転職時やコンペで有利になポートフォリオ制作
・質問回数無制限
・映像見放題
・オンラインも通学もブレンドも選べる学習スタイル
・受講前から週転職までカウンセラーがサポート
6ヵ月 213,400円(税込)~ありありあり未確認6ヶ月~オンライン型
教室通学型
ヒューマンアカデミー
動画編集講座の
評判・口コミ
ヒューマンアカデミー株式会社
おすすめ動画編集スクール「MOOCRES(ムークリ)」
MOOCRES(ムークリ)
公式サイトはこちら
・講師は現役の動画クリエイター
・1クラス15名の少人数指導
・PCを受講期間中に実質無料でレンタル可能
・無制限オンラインサポート
・映像制作会社との連携で仕事の受託も可能
5ヵ月 660,000円(税込)
ありなしありあり5ヵ月オンライン型
教室通学型
MOOCRES(ムークリ)の
評判・口コミ
株式会社イケてるやつら
おすすめ動画編集スクール「MOVA」
MOVA
公式サイトはこちら
・講師は全員現役動画クリエイター
・課題動画制作やチームでの撮影など実践中心の学習
・編集スキルだけでなく撮影や企画構成を学習
・案件獲得に不可欠な提案書の作成から制作の流れまで学習
・20人の少人数授業
12ヵ月 660,000円(税込)未確認未確認未確認未確認12ヵ月教室通学型MOVAの
評判・口コミ
株式会社EWC
おすすめ動画編集スクール「デジタルハリウッド STUDIO by LIG」
デジタルハリウッド
STUDIO by LIG

公式サイトはこちら
・トレーナーによる個別指導
・撮影スキルも学べる撮影実習
・卒業後も学び続けられるコミュニティ
・オンライン・オフラインでの質問無制限
・案件紹介あり
3ヵ月 330,000円~ありありありあり3ヶ月~オンライン型
教室通学型
デジタルハリウッド
STUDIO by LIGの
評判・口コミ
株式会社LIG
おすすめ動画編集スクール「TechAcademy 動画編集コース」
TechAcademy
動画編集コース

公式サイトはこちら
・短期間で結果を出す無駄のないカリキュラム
・週2回のマンツーマンメンタリング
・毎日のチャットサポート
・回数無制限の課題レビュー
・転職サポートサービス「TechAcademyキャリア」を用意
4週間プラン
174,900円~
ありありありあり4週間オンライン型TechAcademy
動画編集コースの
評判・口コミ
キラメックス株式会社
おすすめ動画編集スクール「Internet academy(インターネット・アカデミー)動画編集講座」
インターネットアカデミー
動画編集講座

公式サイトはこちら
・「キャリアプロデューサー」が受講中はもちろん、卒業後もサポート
・受講生・卒業生限定のWeb専門の求人情報
・オンライン質問対応サービス
・母体制作会社の現場のノウハウ
・Web技術の世界最高位の団体「W3C」のメンバー
動画編集講座
184,800縁
ありありあり未確認全8回オンライン型インターネットアカデミーの
評判・口コミ
インターネット・アカデミー株式会社
おすすめ動画編集スクール「DMM WEBCAMP 動画クリエイターコース」
DMM WEBCAMP
動画クリエイターコース

公式サイトはこちら
・AdobeのサポートでCloud コンプリートプランを2ヶ月分無償提供
・マンツーマンのメンタリング
・毎日できるチャットサポート
・受講生限定の副業サポート
・返金保証制度
169,800〜ありありありなし未確認オフライン型DMM WEBCAMP
動画クリエイターコースの
評判・口コミ
株式会社インフラトップ
おすすめ動画編集スクール「プロクリ」
プロクリ
公式サイトはこちら
・最短1ヶ月で副業デビュー
・コーチング式動画クリエイター講座
・動画制作事業を行っている会社が運営
・案件獲得支援があり
・現役クリエイターが講師
未確認未確認ありなしあり未確認オンライン型DMM WEBCAMP
プロクリの
評判・口コミ
おすすめ動画編集スクール「PLAY BACK」
PLAY BACK
公式サイトはこちら
・プロのパフォーマーの動画素材を使⽤して課題の制作
・講師陣は第一線で活躍中のクリエーター
・卒業⽣同⼠が繋がるコミュニティに参加可能
・現地受講プランとオンライン受講プランあり
・受講生だけが参加できる非公開のFacebookコミュニティ
オンライン受講プラン
実写編集コース:全8回
110,000円 ~
ありなしなし未確認2ヵ月オンライン型
教室通学型
準備中株式会社EPOCH
株式会社 VIXI
おすすめ動画編集スクール「レバレッジエディット」
レバレッジエディット
公式サイトはこちら
・実践的な動画編集スキルを「体系的」に「最短」で学べる動画学習教材
・業界初、プロの編集を完全再現する学習カリキュラム
・0から、確度高く、高単価の案件が獲得できるまでの徹底サポート
・サンプルをいじるだけ・・・から卒業できる本質的な学びの体験
・講座受講生は会員限定グループへ招待
59,800円未確認なしなしなし買い切り型オンライン型レバレッジエディットの
評判・口コミ
株式会社N8tive Works
おすすめ動画編集スクール「クリエイターズジャパン プレミアプロ講座」
クリエイターズジャパン
プレミアプロ講座

公式サイトはこちら
・徹底した初心者目線のわかりやすい動画講義
・1ヶ月1日1時間でカリキュラムを1周できる
・文字テロップ、エフェクト、アニメーション等のテンプレートを提供
・楽しく切磋琢磨できるオンラインサロン
・LINE@で個別サポートにも対応
79,800円(税込)ありなしなしなし買い切り型オンライン型クリエイターズジャパン
プレミアプロ講座の
評判・口コミ
ハズム株式会社
おすすめ動画編集スクール「MovieHacks」
MovieHacks
公式サイトはこちら
・YouTube特化型の動画編集講座
・講師はYouTuberや企業からの依頼で動画編集を行っている現役プロ
・買い切り型の講座でLINEによる無制限の質問サポート
・ノウハウだけでなく実技を模倣できる
・動画編集のお仕事案内所参加権利
69,800円(税込)ありなしなしなし買い切り型オンライン型MovieHacksの
評判・口コミ
株式会社スキルハックス
おすすめ動画編集スクール「SHElikes(シーライクス)動画編集コース」
SHElikes(シーライクス)
動画編集コース

公式サイトはこちら
・多彩なジャンルのカリキュラムが「受け放題」
・学習で躓いた点や分からないことはいつでも質問可能
・SNSで目を引く、アニメーション動画を作成
・実践を交えつつ丁寧に学べる実践経験豊富な講師
・月一回のコーチング
12ヶ月プラン
税込 8,984円
ありなしなしなし月額制オンライン型 SHElikes(シーライクス)
動画編集コースの
評判・口コミ
SHE株式会社
おすすめ動画編集スクール「WINスクール」
WINスクール
公式サイトはこちら
・プロ講師陣による一人ひとりにあわせた「個人レッスン」
・デザイン業界の声を取り入れた実践的なカリキュラム
・個別キャリアカウンセリングで就職・転職サポート
・教室でもオンラインでも個人レッスンで受講可能
・講師は、現場で活躍する人材を育てるプロフェッショナル
YouTube動画制作実習プラン
65,120円~
未確認ありあり未確認3ヵ月オンライン型
教室通学型
準備中ピーシーアシスト株式会社
おすすめ動画編集スクール「LOOKTONE」
LOOKTONE
公式サイトはこちら
・日本で一番売れているAE本の著者が運営するAfterEffectsのスクール
・閑静な住宅街にある落ち着いた環境・少人数制スクール
・再受講や配信受講の永続利用に関して、別途受講料不要
・講座の修了後は無料・更新費無しで、いつまでもオンラインで受講可能
・実習時間内はFacebookの無料通話機能を活用して電話で質問可能
Master Class
770,000円
あり未確認未確認未確認全43回(12ヵ月)オンライン型
教室通学型
準備中クリエイティブラボ ルックトーン
おすすめ動画編集スクール「BYND」
BYND
公式サイトはこちら
・トレンドやモチベーションが変わらない1ヶ月という期間で習得
・実際の撮影スタジオで五感を使って学ぶスタジオ授業
・PC持ち込みで、制作環境を自分流にカスタマイズ
・セッションはライブ配信
・受講期間中はアーカイブ動画として何度でも視聴可能
ビデオグラファー
税込 96,800円~
未確認未確認未確認未確認1ヵ月通学型準備中HLYWD INC.
おすすめ動画編集スクール「セカジョブ」
セカジョブ!
公式サイトはこちら
・オンラインで受講完結
・現役クリエイター監修
・挫折させないサポート体制
・一気通貫のサポート
・受講生コミュニティ
短期コース
¥250,800(税込)
あり未確認あり未確認約3ヶ月オンライン型セカジョブ!の
評判・口コミ
株式会社MOSQIIIT

MOOV School
MOOV SCHOOL
公式サイトはこちら
・マンツーマンでプロが教える成果の高い個別指導
・一人一人の目的や要望に合わせたオリジナルのカリキュラムを作成
・時間外も安心のフォロー体制
・受講したい日時を自由に選択可能
・1講習(60分)6,000円で受講可能
1講習 6,000円〜
ありあり未確認未確認1講習60分制オンライン型準備中株式会社ロックハーツ
おすすめ動画編集スクール「宣伝会議 Web動画クリエイター養成講座」
宣伝会議
Web動画クリエイター
養成講座

公式サイトはこちら
・Web動画制作に必須の要素を網羅
・受講期間中から成果が出る『受講サイクル』
・最高の成果につながる『各講義後の実践内容』
・修了後もつながり続ける『専用コミュニティ』
・売れる動画、バズる動画を目的とした"Web動画"を作成
Web動画クリエイター養成講座
税込 99,990円
未確認なし未確認未確認全8回オンライン型準備中株式会社宣伝会議
おすすめ動画編集スクール「副業の学校 動画クリエイター講座」
副業の学校
動画クリエイター講座

公式サイトはこちら
・圧倒的コンテンツ量で体系的に学習
・未経験から動画クリエイターとして活躍するための実務指導
・テキスト学習✖️図解イラスト✖️動画で多面的にインプット
・スキルを見える化しっかり復習・知識を定着
・slackと連携し、コミュニティの力でモチベーションキープ
PremiereProコース
AfterEffectコース
月額2,980円
なしなしなしなし月額制オンライン型準備中株式会社TwinRing
おすすめ動画編集スクール「ストアカ 動画編集関連講座」
ストアカ
動画編集関連講座

公式サイトはこちら
・受講者満足度97.5%
・講座形式は、オンライン形式と対面形式のどちらにも対応
・自分専用のレッスンを先生に依頼可能
・継続的に学べるサブスクリプション型サービス
・リアルな口コミが豊富で、レッスン選びも安心
1講座1,000円〜なしなしなしなしサブスクリプション型オンライン型・対面型準備中ストリートアカデミー株式会社
おすすめ動画編集スクール「Udemy 映像制作コース」
Udemy
映像制作コース

公式サイトはこちら
・600件以上の動画コンテンツ
・1講座1,000円〜25,000円で講座が格安
・客観的に講座が評価されているので良質な講座を選択可能
・スマートフォンのアプリを利用して、外出中に学習することも可能
・講座は購入後30日以内であれば返金可能
1講座1,000円〜なしなしなしなし買い切り型オンライン型Udemy
映像制作コースの
評判・口コミ
Udemy Japan合同会社
おすすめ動画編集スクール「Schoo 動画制作・編集コース」
Schoo
動画制作・編集コース

公式サイトはこちら
・リアルタイムなコミュニケーションをとることができる参加型の生放送授業
・月額980円で、7,000本以上の授業が見放題
・PC、スマートフォン、アプリから利用可能
・あとから録画授業で自分のペースで学習可能
・対話型授業で、厳選された講師が素朴な疑問にも回答
プレミアムプラン
月額980円
なしなしなしなし月額制オンライン型株式会社Schoo(スクー)

おすすめ動画編集スクール「ジッセン!オンライン」
ジッセン!オンライン
公式サイトはこちら
・オンライン上で、いつでも、どこでも、学びたい講座を繰り返し学習可能
・実際に運用できるところまで深く学べる「実践」的に身につくスキル
・80名を超える一流講師陣
・無料会員からスタート可能
・体系的に自分にあったコースで受講、ピンポイントで受講の選べる学び方
月額 5,390円なしなしなしなし月額制オンライン型アンドデジタル株式会社
おすすめ動画編集スクール「ヒューマンアカデミー たのまな」
ヒューマンアカデミー
たのまな

公式サイトはこちら
・在宅ワークに必要な知識とスキルが自分のペースで習得
・個別サポートでしっかりフォローするから安心
・無料で受けられるスキルアップ実習&副業セミナー
・心強い選りすぐりのテキスト
・仕事や実作業に必要なAdobe Creative Cloudライセンス(12ヶ月版)付き
在宅ワーク
動画クリエイター Web動画クリエイターコース
328,900円(税込)
ありなしなしなし6ヶ月オンライン型ヒューマンアカデミー株式会社
おすすめ動画編集スクール「KAIZEN School」
KAIZEN School
公式サイトはこちら
・Webサイト/広告バナー等クリエイティブの納品経験のある方を対象
・実務に必要なスキル・知識に絞り、実行性の高い力・考え方を習得
・現役のトップクリエイターによるライブ参加型授業
・講座後半には実際の案件にチャレンジ
・現役のトップクリエイターによる個別メンターサポート
Premiumプラン
360万円(+税)
未確認ありなしなし3ヶ月オンライン型KAIZEN Schoolの
評判・口コミ
株式会社Kaizen Platform

動画編集に関する参考記事