Webマーケティングスクールおすすめ特集

【2021年】動画編集・映像制作の需要や将来性、市場について徹底調査!

【2021年】動画編集・映像制作の需要と将来性について徹底調査!

本記事では、動画編集・映像制作が世の中でどれくらい必要とされているのか、また今後は動画編集・映像制作の需要はあるのか等について編集部が調査しましたので、参考にしてみてください。

動画編集・映像制作の需要や将来性、市場

動画編集・映像制作の需要と将来性

動画編集・映像制作の需要と将来性について解説します。

2021年現在、動画市場は増加傾向

このところでは急激に動画市場が増加している傾向にあります。

新型コロナウイルス感染症による「巣ごもり需要」が高まっていることに起因していると考えられます。外出の機会が減り、仕事も含め自宅で過ごす時間が増えているため、娯楽がインターネットに移行しつつあるからです。

インターネットでは、サブスクサービスで利用できる映画やアニメのオンデマンドサービスや、無料で視聴できるYouTubeなどが利用できます。パソコンだけではなく、スマホやWi-Fiがつながるタブレットからも視聴可能です。

動画の嗜好もさまざまで、感動するエピソードが好みという人もいれば、話のラストでどんでん返しが来るストーリーが受け入れられているなど、人によって異なります。このところでは、ペットの生活を切り取った動画や、個人の楽器演奏を撮影した演奏動画、タロット占いを利用したリーディング動画なども注目度が高まっているため、動画市場の増加はまだまだ見込まれると考えてよいでしょう。

これまでは動画を配信して広告収入を得るという動きが主流でしたが、昨今では製作した動画を販売するという動きも高まっています。販売動画の多くはスキルアップ系のものが多く、料理系動画を中心にレクチャー動画などが多くみられます。スキルシェアリングサイトでは、オンデマンドで動画を販売するサービスも増えています。

オンデマンド動画であれば、自分のタイミングでほしい情報が何度でもシェアできるので、利便性が高いと評価されています。もちろん、魅力ある動画でなければ、購入してもらえません。そのためにプロに動画編集や映像制作を依頼する人も増えています。

動画市場は今後も広がりを見せる兆しがあります。

インターネットがあれば世界に発信できますので、日本国内はもちろんのこと世界中にあらゆる動画を発信できる状況です。外国語の字幕を付けるなどの編集作業も急増中です。その逆もしかりで日本向けの動画に再編集する仕事などもどんどん増えていくことでしょう。

5Gの拡大により動画市場が拡大する

また、もう一つ動画市場の高まりが見込まれる事象として「5Gの拡大」が挙げられています。いわゆる「第5世代通信」のことで、通信速度が速いことや、ほぼリアルタイムでのレスポンスが期待できることがそのメリットとして挙げられます。これまで1回線1端末がやっとだったテザリング等も多数接続できることもメリットの一つでしょう。

4G(第4世代通信)と比較しても通信速度が20倍速くなるといわれているため、画期的な通信電波が利用できると考えられています。2021年夏時点では5G対応スマホ等が販売されていますが、5Gエリアは全国網羅までは時間がかかる状況にあります。全国主要都市の中でも一部の地域のみが対応になっているため、5Gは広く浸透していない状態です。

しかし、時間を追うごとにエリアの拡大は進んでいます。また4GLTEスマホの利用者が次5G対応に切り替わっていくタイミングで、動画の需要が爆発的に広がるものと予想できます。

電波の不安定さで動画の動きが鈍くなってしまうということもなくなりますし、自宅Wi-Fiの浸透率も高まっているため、個人でそれぞれの端末で動画を楽しめる環境が順次整っていくことになるでしょう。映画はもちろんのこと、クリエイターによるYouTubeなどの配信など、ニーズはまだ一段と高まっていくことが期待されます。

動画編集・映像制作の将来的な不安や懸念

動画編集・映像制作の将来的な不安や懸念

動画編集者・クリエイターの需要は高まっている

現状では動画市場は今後も拡大の兆しが見えるため、動画の編集者はもちろんのこと、クリエイターとして映像制作に携わっている人の需要は高まっています。

YouTubeといった動画配信だけではなく、スキルシェアリング用の動画作成など、アイディア自体でどんどん可能性が広がっていくため、動画編集なども仕事として成り立っています。

これから、5Gが主流となっていくので、動画などの大容量通信はどんどんニーズが高まっていくことが予想されます。

動画編集者やクリエイターに将来性はないのか

動画編集者や映像制作の担い手に関するニーズは、長くは続かないだろうと、将来性を懸念する声も現場から聞かれるようになりました。どんな声も「クリエイターや動画編集者には将来性はない」という趣旨のものでした。

メディアとしてのインターネットやTV放送がある限り、動画編集や映像制作の世界はなくなりません。

しかし、映像技術の進化やAI技術の向上によって標準化されたテクノロジーによって、技術者(エンジニア)や知見を持った人だけが携われる動画編集や映像制作も「誰でもできるもの」に移り変わりつつあります。実際に家庭のパソコンやスマートフォンで動画編集が簡単にできるソフトやアプリが販売されていることがその根拠になります。

これによって動画配信も飽和状態になりつつあるため、職業としての技術者も同様に需要は失われてしまうのでは?という懸念が隠せないのです。

もちろん、家庭・個人レベルでできる動画編集は浸透しつつありますが、テレビドラマや映画、商業レベルでのインターネットメディアに対する動画編集などに関してはまだまだマンパワーが必要です。

CG映像などを取り入れた映像が増えていますが、操作や合成作業はエンジニアの手が必要です。また、技術の向上によって作業量が減ると思われがちですが、クリエイターの思い描く緻密な表現を具体化しやすくなっただけで、クリエイターがこだわればこだわるほど作業量が増えていくという、本末転倒な現状は解消されません。

映像技術は、よりしなやかでリアルな表現を求めてさらに向上していきますが、人間の手をさほど必要とせずに再現できるようになるのは、もう少し後の話だといえるでしょう。

動画編集や映像制作の市場は減少するという懸念は現状では、杞憂に過ぎない

こういった理由から、動画編集や映像制作の市場は減少するという懸念は現状では、杞憂に過ぎないと考えられます。エンターテインメントがテレビメディアやスクリーンの世界から、DVDやインターネットに置き換えられていることは周知の事実です

しかし、テレビメディアは今後もなくなることはありませんし、商業映画よりもインターネット動画での配信のほうがより表現の自由度が高いといった点で、技術者の手を求める傾向にあるでしょう。

動画編集者は、最新の技術やトレンドを常にアップデートして、表現の世界に挑む姿勢が必要

むしろ、最新の技術やトレンドを常にアップデートして、表現の世界に挑む姿勢を持った動画編集者のニーズは、新しものを常に求めるメディアの世界には欠かせません。これはインターネットの動画配信でも同じことがいえるでしょう。

また、動画編集や映像制作はソフト開発の向上やパソコン所有率の向上でだれでもできるものと言われています。しかし、テンプレしか使えない動画や漫然とテロップを貼り付けただけの凡庸な動画だったらどうでしょうか。

面白味も何ともない動画であれば、商業メディアでは興行収入が見込めませんし、動画配信の世界であれば低評価がついてしまうことでしょう。

テンプレ同然の動画ではなく、「面白さ、インパクト、興味を惹く」というような演出が所々でちりばめられている動画なら、注目度も高まります。これらは、映像制作サイドの企画や動画編集者の技量が大きく関わっているのです。機械操作の技術はもとより、クリエイティブセンスが大きく求められるのが映像の世界です。

蓄積された映像制作や動画編集のスキルやノウハウは市場では、引く手あまたの状況にあり、家庭レベルの動画編集とは一線を画した技術は、まだまだ十分に求められている現状を理解しましょう。

しかし、「まだ需要はある」と安心してはいけない状況であることも、忘れずにいる必要があります。

技術は急速に進化している状態にありますし、働き方改革によって映像に費やすこだわりの時間も割かれつつあります。つまり映像の質や見せ方自体も変わりつつあるということです。

この事実を肝に銘じておかないと、動画編集者などの需要は少なくなっていくことでしょう。

動画編集・映像制作業界で活躍し続けるために必要なこと

動画編集・映像制作業界で活躍し続けるために必要なこと

映像編集や映像制作の業界で活躍、将来性のあるクリエイターになるためには、いくつかの必要な要素があります。独学でも学べる動画編集等の分野は間口が広いことから多くの人が新規参入しています。

近年はオンラインで学べる動画編集スクールも人気です。

フリーランサーとして仕事を受けている人も増えていますが、業界の流れをうまくとらえられない人は、淘汰されていくことでしょう。日々研鑽がなければ息が長い映像クリエイターとして活動ができないということを肝に銘じましょう。

動画編集は稼げないはウソ!動画編集で稼げる人の特徴を解説動画編集は稼げないはウソ!動画編集で稼げる人の特徴を徹底解説

動画編集・映像制作の基本的なスキル

まず欠かせないのが「スキルの獲得」です。

動画編集の技術や映像制作のフローなどはもちろんベースとして必要ですが、視覚をはじめとした五感を刺激する演出ができなければ、視聴者の心を動かすことや、インパクト重視の映像作品は作れません。また、映像制作においては、企画を立ちあげるひとや、ディレクションする立場においても必要です。

動画編集・映像制作スキルと相乗効果が生み出せるスキル

どのようなスキルが求められるのか、基本としては「映像編集や映像制作の分野はもちろん、それ以外の分野において映像業界と相乗効果が生み出せるスキル」と認識するとよいでしょう。

具体的に言えば色彩に関する知識は「カラーコーディネーター資格」で形にするとよいですね。

また、インターネット動画やサイト運営などにリンクできる「WEBデザイン」といった知識を得ることも一案です。また、業界全体のトレンドを、どのようにインターネットの世界に反映させるかを見極める「WEBマーケティング」の能力があると、タイムリーに視聴者を引き付ける映像制作ができるでしょう。

WebマーケティングスクールWebデザインスクールもありますので、動画編集スキルと合わせてスキル獲得するとより、市場価値の高い人材になることができます。

動画編集・映像制作の知識・トレンド

また、「映像編集や映像制作の分野」に欠かせないのが技術や知識です。

コンピューター等の技術革新が目覚ましい昨今、担い手側の技術に関するアップデートは必要不可欠です。3年前の新しい知識は無意味なものなっていることも多い世の中ですので、常にアンテナを張り巡らせ、技術に関するトレンドを熟知するとともに、技術を身に着けていく努力を重ねましょう。

視聴者は「面白さ」よりも「インパクト」を大切にする傾向にあります。「新しさ」もそうですが、「原点回帰」によって視聴者層を掘り起こすことも必要な場合があります。こういった仕掛けの企画は、映像制作者には欠かせないことであり、トレンドやマーケティング結果の反映も必要です。これらを映像技術によってしっかり網羅することで、メガヒットが生まれると考えられています。

動画編集・映像制作の企画・ディレクションスキル

ここまでくれば、企画(ディレクション)や撮影技術といった部分も大切になってきます。

企画がなければ映像制作に移れませんし、撮影がなければ動画編集ができません。魅力ある編集をするには企画ありきですし、企画がなければ魅力ある撮影を検討することはできないでしょう。

流れを理解し把握することで、この作品がトレンドの仕掛けになれる可能性も見えてきます。

フリーランサーや副業感覚で動画編集を行っている人も少なくありません。

こういった人はどうしたら案件獲得に至り、評価される作品を納品できるのかを模索する必要があります。またフリーランサーの道を足掛かりに、クリエイターとしてキャリアアップを成功させる人も見られます。

自分自身がどんなクリエイターになりたいか、将来性を見据えた設定も随時行っていきましょう。クラウドソーシングで数多くの案件を受注しノウハウを蓄積させることなども視野にいれ、キャリア構築を図っていくことをおすすめします。

自己流のトレンド探りは失敗しやすい傾向にあります。

自分のやり方を追求するあまり、道をそれてしまう人も少なからず見受けられます。

こういった失敗をしないよう、映像クリエイターなどが集まるコニュニティーに参加することも必要です。将来性や需要に関して議論することはもちろん、トレンドを探ることもできます。

生の意見を取り入れながら進めていけば、ニッチな部分が必ず見つかります。すみわけを狙って動画編集者や映像クリエイターとして生き残りを目指すこともできるでしょう。

すべてを手に入れることは難しいかもしれませんが、メディアの世界や映像制作会社で働く人の多くが、自分の中の限られた時間でこれらを行っています。これから映像の世界で成功したいと考えている人は、少しずつスキルなどを重ねていくようにしましょう。

動画編集で稼げるレベルのスキルが身につくおすすめのスクール

実際に教室に通う通学型や、オンライン型など様々な形態がありますので、ご自身に合うスクール・専門学校を選びましょう!

【完全解説】動画編集スクール・教室おすすめ9選!未経験でも動画編集・映像制作スキルが身につくので転職や副業、独立に有利!【YouTubeで稼ぎたい方も必見】【徹底比較】動画編集スクール・講座おすすめランキング17選|社会人でも通えるオンラインスクール・専門学校あり
動画編集スクール
おすすめ人気ランキング
特長料金受講形態期間解説記事
ヒューマンアカデミー 動画クリエイター講座

ヒューマンアカデミー
動画クリエイター講座

公式サイト

説明会予約が当サイトで最多!
・現役動画クリエイターが監修
・質問回数無制限、映像見放題
・オンラインでも通学でも受講可能
・未経験から動画業界へ転職したい方
・Premiere Pro/After Effects/Photoshop等
・月々8,000円~
・入学金11,000円
・オンライン型
・通学型
・6か月
・12ヶ月
ヒューマンアカデミー
動画クリエイター講座の
評判・口コミ
studio US

新着studio US

公式サイト

注目相談予約が急増中!
・未経験から始めるオンラインスクール
・自分の好きな時間に学習できる
・一生使える動画編集スキルが身につく
・講師がチャット対応で常時質問受付
・フリーランスとして独立を目指せる
・55,000円〜
※月4,584円〜
・オンライン型studio USの
評判・口コミ
DIGITAL HACKS(デジタルハックス)

新着DIGITAL HACKS
(デジタルハックス)

公式サイト

・講師は全員現役動画クリエイター
・好きな時間に学び放題
・仕事が集まるクリエイターを目指すスクール!
・24Hチャット質問できる / 面談サポート有
・完全オンライン形式
・168,000円〜
※月7,000円〜
・オンライン型・60日
・90日
※準備中
MOOCRES(ムークリ)

MOOCRES
(ムークリ)

公式サイト

・動画クリエイターへの最短ルート
・プロが教える動画編集スクール
・少人数の超実践型指導
・無制限オンラインサポート
・生徒は最大15人
・660,000円・オンライン型
・通学型
・5ヶ月MOOCRES(ムークリ)の
評判・口コミ
MOVA |フリーランスの動画クリエイターになれる学校

MOVA

公式サイト

・起業/独立・フリーランスに特化したスクール
・講師は第一線で活躍しているクリエイター
・課題動画制作やチームでの撮影中心
・オフライン✕少人数の授業
・ゴールは実案件の受注と制作
・660,000円
※月々26,800円〜
・オンライン型
・通学型
・12ヶ月MOVA(ムーバ)の
評判・口コミ
デジタルハリウッド STUDIO by LIG

デジハリ STUDIO
by LIG

公式サイト

・3ヶ月で映像の基礎がすべて身につく
・トレーナーは映像業界の現役
・企画やシナリオ作りなどの技術も習得
・就職や転職までサポート
・月に一度行われるLIVE授業
・66,000円
※動画エディター講座
・オンライン型
・通学型
・1ヶ月〜デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの
評判・口コミ
TechAcademy 動画編集コース

TechAcademy
動画編集コース

公式サイト

・Premiere Proで動画編集スキル習得
・週2回のマンツーマンメンタリング
・毎日のチャットサポート
・回数無制限の課題レビュー
・現役動画クリエイターがメンター
・4週間 174,900円
・8週間 229,900円
・12週間 284,900円
※月々約7,288円〜
・オンライン型・4週間
・8週間
・12週間
TechAcademy
動画編集コースの
評判・口コミ
セカジョブ

セカジョブ

公式サイト

・動画編集で副業を目指すスクール
・講師は、実際に動画編集で稼いでいる人
・動画編集スキルで、副業を始めたい方
・オンラインで受講完結
・挫折させないサポート体制
・3ヶ月 250,800円
※月々10,450円
・6ヶ月 283,800円
※月々11,825円
・オンライン型・3か月
・6ヶ月
セカジョブの
評判・口コミ
YouTubeに特化した動画編集講座MovieHacks(ムービーハックス)

MovieHacks

公式サイト

・YouTube特化型の動画編集講座
・短期間で動画編集スキルが身につく
・LINE@で無制限で質問可能
・受講後、案件紹介してもらえる
・Adobe premiere Proが学べる
・69,800円・オンライン型Movie Hacksの評判・口コミ
レバレッジエディット

レバレッジエディット

公式サイト

・ガンガン仕事が舞い込む動画編集者へ
・プロの編集を完全再現のカリキュラム
・徹底した高単価の案件獲得サポート
・講座受講生は会員限定グループへ参加可能
・編集、エフェクト素材、プロの添削等あり
・59,980円・オンライン型レバレッジエディットの
評判・口コミ
クリエイターズジャパン

クリエイターズジャパン
プレミアプロ講座

公式サイト

・初心者目線の分かりやすい動画講義
・1日1時間で学習できるスキマレッスン
・ロジックで実践するカリキュラム
・豊富なオリジナルテンプレート
・動画編集スキルで稼ぐ方法も解説
・79,800円・オンライン型・無制限クリエイターズジャパンの
評判・口コミ
ヒューマンアカデミー たのまな

ヒューマンアカデミー
たのまな

公式サイト

・映像制作のプロフェッショナルを目指す!
・副業を始めてさらにお金を稼ぎたい方
・PremierePro/After Effectsが学べる
・メールで無制限に質問可能
・Adobe Creative Cloudライセンス付き
・150,400円・オンライン型・6か月準備中
KAIZEN School

KAIZEN School

公式サイト

・実戦から生まれたオンラインスクール
・3ヶ月でプロの動画クリエイターを目指す
・現役動画クリエイターが講師
・Premiere Pro/After Effectsが学べる
・「KAIZEN Ad」のナレッジが手に入る
・264,000円オンライン型・・3ヶ月KAIZEN Schoolの
評判・口コミ
OneSe Personal

OneSe Personal

公式サイト

・実際に講座を通して1本の動画を制作
・カリキュラムはオーダーメイド
・講師は受講生専属のプロ映像クリエイター
・最短・約2ヶ月で動画制作が学べる
・受講生の専用チャットでオペレーター対応
・220,000円・オンライン型・2ヶ月〜準備中
OneSe Personal

Udemy
映像制作コース

公式サイト

・セール対象の場合90%OFFあり
・30日返金保証
・無制限に動画閲覧可能
・お得な価格で動画編集、映像制作が学べる
・他の受講生のレビューが見れる
動画による・オンライン型・ーUdemy 映像制作コースの
評判・口コミ
MOOV SCHOOL

MOOV SCHOOL

公式サイト

・最短でプロの技術を習得
・1講習(60分)6,000円で受講可能
・受講日時の自由
・完全オリジナルのカリキュラム
・バラエティ豊かな講師陣がマンツーマンで指導
・6,000円~・オンライン型・1ヵ月~準備中
MOOV SCHOOL

Winスクール

公式サイト

・プロ並みの映像編集スキルを習得
・CM映像やWeb映像の技術を習得
・クリエイター認定試験の一発合格率93%
・働きながら通いやすい受講形態
・1週間に何回でも受講可能
・118,800円・オンライン型
・教室型
・20時間準備中

動画編集コラム
動画編集の需要や将来性
動画編集で稼げる人の特徴を徹底解説
動画編集の楽しい点や魅力、やりがい
動画編集は簡単!難しい理由と克服する方法
動画編集・映像制作で人気のおすすめ本 9選
大阪でおすすめの動画編集スクール5選

【関連記事】