動画編集の副業の始め方と収入を得る具体的方法【未経験・初心者向け】

動画編集の副業の始め方と収入を得る具体的方法【未経験・初心者向け】

本記事では、副業で動画編集を始める方法と収入を得る具体的方法・流れについて徹底的に解説していきます!

【完全解説】動画編集スクール・教室おすすめ9選!未経験でも動画編集・映像制作スキルが身につくので転職や副業、独立に有利!【YouTubeで稼ぎたい方も必見】【おすすめ】動画編集スクール・講座比較ランキング17選|社会人でも通えるオンラインスクール・専門学校【料金・口コミ】

目次(クリックしてジャンプ)

【副業編】動画編集の始め方

鉄板の動画編集の副業の始め方

動画編集で副収入を得たい、副業としてコンスタントに収入が得られる環境になりたい、そんな願望を持った場合には、まず必要なスキルを身につけ、その上で案件を獲得して収入を得られる環境を築くが必要があります。

しかし、未経験・初心者はこの段階で、「どうやったらいいんだろう?」と途方に暮れてしまいがちです。せっかくやる気も時間もあるのにスタートを切ることができない、そんな状況に陥らないためにも、初歩的な副業の始め方を学びましょう。

動画編集スキルを身につける

動画編集のスキルを身につけることから始めましょう。技術の進歩もあって、高額な機器やソフトを購入する必要もなく、比較的容易に動画編集できる環境を手に入れられるようになりました。

それは裏を返せば、ひとりひとりのスキルが問われることを意味しています。優れた動画編集ソフトを持っている人ではなく、優れたスキルを持っている人が求められるわけです。ある意味、どんな動画クリエイターもある程度平等な環境で仕事ができるからこそ、スキルの習得と研鑽が欠かせないのです。

副業・フリーランスとして動画編集の仕事をするには、最低限3つのスキルが求められます。

動画編集スキル①:カットのスキル

1つ目は、カットのスキルです。スマホやデジカメで動画を撮影した場合、収録された内容のすべてが「使える」わけではありません。どんな動画を撮影しても「この部分はいらないな」「カットしたほうがいい映像になるよな」と感じる部分が出てくるものです。

動画を作品として作る場合には、このカットの技術がとても重要になってきます。しかも不要な部分をカット・削除するだけでなく、ひとつの動画を複数に分割した上で再編集するスキルも欠かせません。例えば、観光地を紹介する動画の中で、紹介された観光地の動画が挿入されるタイプの作品によく見られます。じっくりと見れば、ほとんどの動画において、いかに多くのカットの技術が用いられているのかを知ることができるでしょう。

動画編集スキル②:テロップの挿入

2つ目は、テロップの挿入です。特に日本の動画作品はテロップが非常に多く、使用される頻度も多くなるだけに、重要なスキルと言えます。単にふさわしいテロップを挿入するだけでなく、クライアントが求めるタイミングで挿入するスキルが欠かせません。そして、これは次に触れる点とも密接に関わってきます。

動画編集スキル③:効果音やBGMの挿入

3つ目が、効果音やBGMの挿入です。動画の出演者がなにか面白いことを言った時や面白い反応を示した時に、テロップと同時に効果音が鳴るケースがよく見られます。また、感動的なシーンやエキサイティングなシーンにふさわしいBGMが入るケースなどもそうです。こうした音を挿入するスキルも絶対に欠かせません。

カットの技術で動画を挿入した上でそれにふさわしいBGMを流すなど、これら3つのスキルを同時に使いこなしながら、良い動画を作り上げていく総合的なスキルが必要なのです。

動画制作をして実績を作る

基本的なスキルを身につけたら、次は実際に動画制作をして実績を作っていきます。この実績には2つの重要な意味があります。

まずは、動画編集者・クリエイターとしての「箔」をつけることです。当然、動画編集・制作の分野でも経験者が優遇されますし、実績が豊富であればあるほど案件を、それも良い案件を獲得するチャンスに恵まれます。

そして、実際の動画制作を通して実践的なスキルを身につけていくことです。練習だけでなく、実践も必要というわけです。実際に、制作・編集していく過程でさまざまなノウハウを身につけられるでしょう。

そこで、ポイントとなるのは「どうやって実績を作るか」です。そもそも未経験・初心者で実績もなく、収入を得られる環境を目指している人が、仕事を獲得して経験を積んでいくことができるのでしょうか?この問題に関しても、2つの解決方法が考えられます。

ひとつは、仕事から離れて自分で動画制作・配信をすることです。You Tuberになってもいいですし、自分の動画を公開するためのサイトやブログを運営してもよいでしょう。毎回テーマを設けてさまざまな動画を制作することで、実践的なスキルに磨きをかけることができます。

ここで重要なのはあくまでも公開すること、つまり他の人の目に触れる機会を作ることです。批判やアドバイスを受ける機会も得られるでしょうし、そうでなくても「誰かに見られることを前提に作る」という意識がプロ意識を高めるのに役立ちます。自分で売り込みをかけて仕事を探す時には、こうした自作の公開動画が履歴書代わりにもなります。

もうひとつは、とにかく簡単な仕事でも、単価が低めの仕事でも、どんどん受けて実績を作ることです。やはり、クライアントからの要求があり、お金がかかっている仕事は、自由に自分で作る場合と比べて緊張感や制約が伴う分、スキルとノウハウを磨く良い機会になります。最初から高度な、または高単価な案件を獲得しようとするのは現実的ではありませんから、未経験・初心者でも簡単にできる案件から始めて、少しずつステップアップしていきましょう。こうした経験が評価されて、案件を獲得する時に有利になることもあります。

ポートフォリオを作る

ポートフォリオ、つまり自己紹介となる動画を作成するのは、動画クリエイターを目指す上での大事なポイントです。どれぐらい大事かというと、動画クリエイターを養成するスクールではほぼ例外なく、ポートフォリオの作成とそのレッスンが行われるほどです。

先述したように、自分で制作・編集した動画は「自分にはこれだけのスキルがあります」とアピールする材料となりますし、求人に申し込んで「あなたのスキルや実績を見せてください」と先方から言われた時に提出し、売り込みをかけるのに役立ちます。ポートフォリオが満足の行くレベルで作れるようになった段階で初めて、動画編集・制作を副業としてやっていくことができると表現しても過言ではないでしょう。

クラウドソーシングに登録

ここまで来たら、あとは実際に案件を獲得できる環境を用意することです。誰でも利用できて仕事を獲得するチャンスが得られる方法として、多くの動画クリエイターが利用しているのがクラウドソーシングです。

プラットフォーム型の副業マッチングサイトと呼ばれることもあります。クラウドソーシングのサービスを提供しているサイトに、求人の形で案件が掲載されているので、利用者はそれをチェックし、良さそうな案件が見つかったら応募する形となります。

その後、発注元と仕事の内容や報酬などについて話し合った上、合意に達した段階で、契約が成立となります。このクラウドソーシングサービスは誰でも登録・利用することができますし、応募条件さえクリアしていれば誰でも応募できて仕事を探すことができる、フェアなプラットフォームと言えるでしょう。

クラウドワークスの評判・口コミを調査!メリット・デメリットも解説クラウドワークスの評判・口コミを調査!メリット・デメリットも解説 【徹底比較】副業マッチングサイト・サービスおすすめ人気ランキング46選【2021年最新】副業マッチングサイト・サービス47選!おすすめ比較ランキング【2022年最新の副業サイト】

副業で動画編集案件を獲得するその他方法

副業で動画編集案件を獲得するその他方法

このように、「スキルを身につける→実践的なスキルを磨く→自己アピールの手段を用意する→案件を獲得できる環境を整える」の手順を踏むことが、動画編集・制作で収入を得るための第一段階と言えます。

先述したクラウドソーシングサービスは、案件を獲得する上で良い選択肢なのですが、それだけではコンスタントに案件を獲得するのが難しいかもしれません。そのため、クラウドソーシングの利用を前提としつつ、他のアプローチも取り、チャンスを広げていく工夫も欲しいところです。

動画編集スクールから案件をもらう

どんな分野でも、就職や仕事の獲得ではコネが大きな役割を果たします。後述する知人・友人からの紹介もそうですが、すでに動画制作・編集の分野と関わっている人たちと交流しつつ、個人的かつ直接的に案件を獲得できるような環境があると、仕事の取りやすさが俄然、有利になります。

「そんなコネなんてないよ」という方でも、直接的な案件を獲得できる方法があります。それは、動画編集スクールから案件をもらう方法です。

動画制作・編集の需要が増していることで、そのスキルやノウハウを提供するスクールも活況を呈しています。そこでは、プロとしてやっていく上で必要なスキルを学ぶ機会を提供するだけにとどまらず、実際に仕事を獲得して収入を得るためのサポートも行っています。就職・転職活動のサポートや、フリーランスとして活動していく上での求人・案件の紹介を手掛けているところも少なくありません。

こうしたスクールでは、実際に動画制作の業界でプロとして活躍している現役のクリエイターが、講師として在籍しているケースがよく見られます。当然、スクールは業界にコネやネットワークを持っており、それを活かして受講者に案件を紹介できる環境を確保しているのです。スクールに求人を提供する側としても、スクールが受講者のレベルを保証する形になりますから、必要なスキルを備えた人材を獲得しやすいメリットがあります。

動画編集・制作のスクールというと、もっぱら必要なスキル・ノウハウを学ぶための場所というイメージが強いものですが、実際にはこのようなサポートまで利用して、初めてスクールのメリットを十分に活用したと言えるのです。言い方を変えると、スクール選びの際にはレッスンの内容だけでなく、就職・転職や案件の獲得のサポートが充実しているかどうかも、判断材料として大きな意味を持つことになります。

スキル販売マッチングサービスを活用

クラウドソーシングとコンセプトは共通していますが、自分で「私のスキルを売ります」とアピールすることができる、スキル販売マッチングサービスを活用してみるのも良いでしょう。

このサービスでは「ココナラ」が特に有名ですが、動画制作・編集の他にも、いろいろな人がいろいろなスキルを販売しています。「こんなことができます。このスキルが必要な方に○○円で提供します」といった形で、売り込みをかけるわけです。ポイントは、この売り込みが特定の企業や団体に行われるのではなく、マッチングサービスを利用している不特定多数の人に対して行われる点です。ですから、思いがけないところからオファーが来る可能性もあります。

動画編集・制作の場合、担い手が多いこともあり、多くの人がこうしたスキル販売マッチングサービスを利用しているため、その中からいかにうまく自分をアピールし、「高く売る」ことができるか、自己プロデュース能力が求められる部分がある点で、少し難易度が高いと言えるでしょうか。逆に言えば、そういうことが得意な人にとっては、案件を獲得する非常に有望な選択肢にもなるでしょう。

【副業なら最強クラス】ココナラの評判・口コミを徹底解説!最悪な評価はある?【副業なら最強クラス】ココナラの評判・口コミを徹底解説!最悪・ひどい評価はある?

SNSで副業案件をもらう

SNSで自分が制作・編集した動画をアップロードして宣伝した上で、副業案件を獲得する方法もあります。この方法はなんと言っても、SNSというメディアを活用することで簡単に自己アピールができること、更新も簡単なので手間がかからないことがメリットとして挙げられます。情報を広く拡散できる点も大きなメリットでしょう。

ただ、この方法が効果を挙げるためには、自分のSNSそのものの知名度やアクセス数を増やす必要があるため、頻繁に更新し、自分の投稿を見てくれる人を増やすための努力が必要になります。動画編集・制作のスキルとは別のところで、向き・不向きが出てくる面もあるでしょう。

友人、知人から案件を紹介してもらう

もっとも身近なコネを使う、つまり友人・知人から案件を紹介してもらうのも、ひとつの選択肢です。それこそ動画制作関連の仕事に就いている友人から紹介してもらうことができれば、コンスタントに案件を獲得できるようになります。

あるいは、動画制作に直接関わっていない会社や団体でプロモーション動画の制作を検討している場合に、それを手伝うための案件を紹介してもらう機会もあるでしょう。

こうした「動画制作が必要なんだけどそのためのスキルを持ったスタッフがいない」というケースは意外に多く、しかもそうしたところでは、どうやって予算の範囲内で制作できる環境を確保できるのか、迷っているケースも見られます。つまり、あなたが案件を持っている友人・知人を探しているだけではなく、あなたの友人・知人が、動画制作・編集ができる友人・知人を探している可能性もあるわけです。

また、You Tubeなどで動画配信を個人で行う人も増えていますから、そうした人たちから案件を獲得できる可能性もあります。テロップの挿入などの簡単な仕事から、ほぼ全面的な動画制作の依頼まで、幅広い仕事内容を見つけられるのもこのタイプの特徴です。「いい動画を撮影したんだけど、どうやって編集したらいいのかわからない」といった友人・知人を見つけることができれば、大きなチャンスです。

日頃から動画制作・配信の話を持ちかけて、チャンスを逃さないようにしましょう。

ポートフォリオを掲載した自分のサイトを制作

SNSでの配信と同じアプローチですが、こちらは自分のサイトを制作した上で、ポートフォリオを掲載・配信する方法です。自分のサイトというプラットフォームを用意することで、より充実したプロモーションの環境を整えることができるのがポイントです。仕事の依頼を受けるための問い合わせ窓口なども用意しておくと、本格的に動画制作・編集の仕事に携わっていることをアピールできるでしょう。

この方法のポイントは、SNSと同様にどれだけアクセス数を増やすことができるかという点の他、サイトのデザインにもセンスが問われる点です。いくら良い動画を制作できても、パッと見た時のサイトのデザインがイマイチだったら、あなたのセンスが疑われてしまう恐れがあるからです。

副業で動画編集したい方は動画編集スクールがおすすめ

副業で動画編集したい方は動画編集スクールがおすすめ

副業で動画編集を始めたいという方は、まず動画編集スクールを利用するのがおすすめです。先述したように、案件を獲得するチャンスが得られるだけでなく、基本的・実践的なスキルの両方を学ぶことができるからです。

案件獲得方法が学べる動画編集スクールがある

繰り返しになりますが、やはり見逃せないポイントは、案件を獲得する方法を学べるスクールがあることです。いくら動画編集・制作のスキルを身につけても、仕事を獲得できないのでは収入を得ることはできません。

この前提を踏まえた上で、フリーランスとしてコンスタントに案件を獲得し、収入を得ていくためのノウハウを提供しているスクールも多いのです。基本的なスキルはどのスクールでも学ぶことができますから、むしろこちらを重視して選ぶのもひとつの方法です。

動画編集の仕事の取り方・探し方を解説【案件獲得方法&未経験OK】【未経験OK】動画編集案件の探し方・取り方を丁寧に解説【案件獲得出来ない方必見】 【完全解説】動画編集スクール・教室おすすめ9選!未経験でも動画編集・映像制作スキルが身につくので転職や副業、独立に有利!【YouTubeで稼ぎたい方も必見】【おすすめ】動画編集スクール・講座比較ランキング17選|社会人でも通えるオンラインスクール・専門学校【料金・口コミ】

副業で動画編集を始めるメリット

副業で動画編集を始めるメリット

動画編集が副業として注目を集めているのは、どのような理由でしょうか?未経験の初心者がこれから動画編集を始めてみようと考えている場合には、どんなメリットがあるのか、この分野に自己投資する価値があるのかを知っておくと、モチベーションの維持はもちろん、「どうやってスキルと経験を磨いていくのか」といった将来のビジョンの構想にも役立つでしょう。

本業以外の収入が増え人生が豊かになる

本業だけでは思うように収入が増えず、生活環境が苦しいといったケースがよく見られます。本業以外にもうひとつ収入の手段を得ることで、経済環境を好転することができます。

本業しかないと、どうしても勤務している会社・雇い主に対して立場が弱くなってしまい、「無職になるよりマシだから」と厳しい就業環境を受け入れざるを得ない状況に陥ってしまいがちです。しかし、副業で収入があれば「いざとなれば副業で食いつなぎながら転職活動もできる」という心の支えがあるので、自分に自信を持って仕事に従事できます。

そして、何より副収入ができることで、余暇や人付き合いにお金をかけることができるようになります。これは人生を豊かにするという点で、非常に大きな意味があるはずです。

在宅でも副業が可能

一般的なアルバイトで副業をする場合、どうしても通勤の手間がかかりますから、それが面倒で副業にためらってしまうケースも見られます。本業で疲れているのに、休日にまた出勤しなければならない、肉体労働をしなければならない…そう思うと、副業する気がなくなってしまう方も多いはずです。

しかし、動画編集・制作ならすべての作業を在宅でできます。それどころか、ノートパソコンを使えば外出先でも簡単な作業を行うことができます。外出中のちょっとした合間に作業が可能で、いわゆる「スキマ時間」を有効利用するのに適しています。ちょっと気分転換したい場合には、カフェなどで作業するのも良いでしょう。テレワークの普及から、仕事用のレンタルスペースも増えており、いろいろな環境で仕事ができるのも大きな魅力です。

ネットが繋がる環境さえあれば納品も簡単にできますから、もはや在宅でできるだけでなく、「いつでも、どこでもできる」副業と言っても過言ではありません。

明確なスキルを会得でき、会社に依存する必要がなくなる

先程も少し触れたように、会社に依存する環境から脱却できる点も大きなメリットです。なにより「動画編集・制作ができる」という明確なスキルを会得でき、自己アピールの手段になります。

業種にもよりますが、それなりの経験を積んだビジネスマンであっても、いきなり「あなたの強みはなんですか?」「これまでのキャリアで何を身につけてきましたか?」と聞かれたら、とっさに答えるのが難しいものです。

「動画制作ができます」「カットを多用した編集が得意です」など、すぐに答えられるスキルはとても貴重なのです。しかも時代のニーズに合ったスキルですし、「カット」「テロップ」など、誰でもわかりやすい単語で、自分の強みや会得したスキルを説明できます。

こうしたアピールしやすいスキルを持ち、本業以外に収入の手段を確保することで、会社に依存しがちな状況、つまり「もしクビになったら路頭に迷いかねない」という不安がなくなります。

そうなれば、会社の無理や要求、過酷な勤務環境に対して「NO!」をつきつけることもできますし、いざ退職した場合でも、新しい仕事を探しながら、副業で食いつないでいくことができます。無収入での転職活動に比べて、収入がある環境での活動がどれだけ精神面に大きな余裕をもたらすかは、実際に経験がある方ならすぐに理解できるのではないでしょうか。

動画編集関連の転職や独立がしやすくなる

副業で動画編集・制作のスキルに磨きをかけていくことで、会社に依存しない状況からさらに一歩踏み込んで、動画編集・制作関連の業種への転職、さらにはフリーランスとしての独立の機会も得られます。

おそらく、会社勤めの方の多くは、一度は独立開業を夢見たことがあるのではないでしょうか?実際に会社やオフィスを開業して独立するのは簡単なことではありませんが、それに比べてフリーランスで生計を立てていくのはずっとハードルが低く、決して不可能ではありません。憧れの「自分のやりたいことで、自分のペースで仕事をする」環境を手に入れるチャンスも得られるわけです。

最初は副収入を得る目的で始めた動画編集がれっきとした収入の手段となり、会社に依存せず、豊かな人生を送るための手段となり、さらにはそれを天職として理想的な就業環境を手に入れる…そんな将来のビジョンを実現することも、決して不可能ではないでしょう。

動画編集の副業はもう遅い?

動画編集の副業はもう遅い?

このように大きな可能性が開けているとも言える動画編集・制作の副業ですが、一方では「もう遅い」という声も聞かれます。

その理由は主に2つ、「もうすでに多くの動画クリエイターが活動しているので、これから新規参入しても遅い」という意見と、もうひとつは「動画編集の副業そのものがもうピークが過ぎてこれから落ち目になる可能性がある」という意見です。

「もう遅い」と言われる理由①:動画編集案件はライバルが多い、すでにキャリアやスキルを備えている人たちと競争しなければならない

1つ目の意見に関しては、たしかに頷ける面もあります。クラウドソーシングなどで良い条件の案件が掲載されると、多くの動画クリエイターが応募してなかなか案件を獲得できないというケースも見られますから、ライバルが多い、すでにキャリアやスキルを備えている人たちと競争しなければならない面があるのは事実です。

しかし、動画制作の案件そのものがまだまだ多く、特に未経験・初心者でも対応可能な案件を見つけられる環境にありますから、そうした仕事をコツコツとこなしながら、スキルを磨いていく機会は十分にあります。

「もう遅い」と言われる理由②:パソコン・ソフトの技術が向上して、動画編集・制作のハードルが低くなった

2つ目の意見に関しては、パソコン・ソフトの技術が向上して、動画編集・制作のハードルが低くなった点が挙げられます。以前は、中小企業や団体、個人がフリーランスに依頼して制作・編集を行っていた動画が、自分たちでも簡単に作れるようになったのです。つまり、誰でも動画編集・制作を副業にできる環境が、副業の案件を減らす環境を作っているとも言えます。

ただ、この点に関してはまだまだこれから中小クラスの企業・団体や個人の動画制作のニーズが増えていくことが予想されている他、こうした人たちがすべて自分たちで動画編集・制作を手掛けるわけではないことから、あまり心配する必要はないと言えます。

気になるのは、単価が低くなってしまうことでしょうか。この点を解消するには、スキルを挙げて高単価の案件を獲得できる環境を目指していくことが重要となってくるでしょう。

結論として確かに競合は増えているかもしれませんが、動画編集の需要も成長中ですし、将来性のある分野なのでまだまだ参入すべき分野であるとも言えます!

【2021年】動画編集・映像制作の需要と将来性について徹底調査!【2022年】動画編集・映像制作の需要や将来性、市場について徹底調査!

副業で動画編集は稼げない?実際どれくらい稼げるのか

副業で動画編集は稼げない?実際どれくらい稼げるのか

この単価の問題から「もう動画編集・制作は稼げる副業ではない」との意見もあります。実際にどれぐらい稼ぐことができるのでしょうか?具体的な金額に関しては案件ごとに、それも作業の内容によって異なるので一概には言えませんが、大雑把な目安で確認することができます。

未経験・初心者は1,000円〜2,000円でYoutuberの編集等は1本3,000円〜5,000円程度【あくまで目安】

未経験・初心者向けの案件として多い簡単なテロップの挿入などの場合は、1000~2000円程度の案件が多く見られます。これがYouTuberなど個人レベルの動画編集を全面的に受ける形になると、1本につき3000~5000円程度です。まずはこれくらいの単価の案件から経験を積んでいくことになるでしょう。

結婚式や卒業式などの個人・団体レベルの動画編集は1本1万円〜2万円

もう少し難易度が高い作業、例えば結婚式や卒業式などの個人・団体レベルの動画編集になると、1本1~2万円くらいになります。先程の案件に比べて単価が高いのは、そのイベントの雰囲気にあったデザインや展開などを考慮した上で編集していく必要があるからです。

企業や観光地などのプロモーション・PR動画となると、1本10万円を超えることもある

これがさらに企業や観光地などのプロモーション・PR動画となると、1本10万円を超えることも珍しくなくなります。その分、高度で専門的なスキルが求められる他、単に「良い動画に編集する」だけでなく、クライアントのニーズに合わせ、しかも視聴者への訴求力を備えた動画を作る手腕も求められます。

動画編集が副業でおすすめな理由

動画編集が副業でおすすめな理由

先程のメリットと重複する部分もありますが、副業としてのおすすめできる理由には以下のようなさまざまな面があります。

柔軟性のあるスキルを身につけられる

動画編集・制作のスキルを土台にして、サイト制作・番組制作など、さまざまな業務を担当できるようになります。単に動画を制作するだけでなく、サイトも作れる、動画の企画・制作もできる、プロモーション・マーケティングにも携われる、こうした幅広いスキルを身につけていくことで、フリーランスとして、動画クリエイターとしての活躍の場を増やしていくことができるでしょう。

将来性がある

動画編集はもう遅いという意見に対して、「21世紀は動画の時代」との意見もあります。20世紀はプロが動画を制作してテレビや映画などの形で提供する時代でしたが、21世紀は個人レベルが動画を制作し、ネットを通して広く配信できる時代になっています。この流れは、これからさらに勢いを強めていくことはあっても、廃れることはないでしょう。簡単な案件の単価が下がる、ライバルが多くなるといった面こそあるものの、本格的に動画編集・制作を始めようと思っている方にとっては、間違いなく将来性がある分野と言えます。

技術の進歩に適応しやすい

動画編集・制作の技術は、21世紀に入ってからめまぐるしい勢いで進歩していきました。これからも進歩を続けていくことでしょう。しかし、基本となるスキルさえ身につけておけば、比較的容易にその進歩や変化に適応することができます。ここ10年ほどの間にしばしば見られた、これまで手作業で仕事をしていた人がいきなりパソコンやネットを扱わなければならない、といったような業界全体の大転換が求められることもなく、適応できずに仕事そのものができなくなる、といった心配もありません。

動画編集の副業で必要なもの

動画編集の副業で必要なもの

動画編集の副業で必要なものは、2つのタイプに分けられるでしょう。

編集・制作に必要なハードとソフト

ひとつは、純粋に編集・制作に必要なハードとソフトです。とはいえ、どんな動画を作るかによって、必要なものはピンからキリまでです。パソコンが必須なのはもちろん、動画編集ソフトが欠かせません。初心者・未経験レベルならAdobe社のソフト、特に「Adobe Premiere Pro」あたりを用意しておけば、まず大丈夫でしょう。そして、これらのソフトが問題なく動作するパソコン、データを保管・管理できるハードディスクの容量が必須です。

また、編集だけでなく制作も行う場合には、撮影機材も用意しておきたいところです。

フリーランス・副業ワーカーとして自分で案件を獲得して収入を得ていくためのノウハウ

もうひとつは、フリーランス・副業ワーカーとして自分で案件を獲得して収入を得ていくためのノウハウです。「動画編集スクールで学ぶことができる」と書きましたが、自分のSNSやサイトでアピールできる自己プロデュース能力、最初のうちは単価の低い簡単な仕事をコツコツ続けていく根気強さ、いい意味で「自分を高く売る」自信や自己肯定感なども欲しいところです。「自分はまだまだ高度な案件は難しい」と自己卑下していると、いつまで経ってもハイレベルな仕事を経験することができず、成長する機会も失ってしまうので、時に思い切って難しい仕事にチャレンジしてみる度胸も必要でしょう。

副業で動画編集スキルを学べるおすすめの動画編集スクール

全ての動画編集スクールが案件を紹介してくれるわけではありませんが、動画編集案件を紹介してくれるスクールもあります。副業の動画編集者が最初に仕事を取るのに大事なポートフォリオづくりまでスクールで出来るのはありがたいですよね!

おすすめの動画編集スクールを紹介しますので参考にしてみてください!

【厳選】説明会・体験の申し込み多数!動画編集スクール5選 編集部おすすめランキング

どこの動画編集スクールが分からないという方は、当サイトから無料説明会や無料体験の申込みが圧倒的に多い下記の人気スクール5社をおすすめします!

まずは、公式サイトから無料説明会や無料体験に予約して、詳しく話を聞いてみましょう!

  1. studio US(スタジオ アス)当サイトから最も無料説明会の予約が多いスクール!
    最近話題の月4,584円~学べる動画編集スクール!未経験からプロの動画クリエイターを目指す!

    公式サイトから、まずは無料相談
  2. 注目デジハク(総合動画クリエイター講座)当サイトから無料相談の予約急増中!(2021年10月)
    未経験から動画で稼ぐプロを目指す実践特化型スクール!月々8,250円〜
    公式サイトから無料説明会予約
  3. ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座
    映像見放題・質問回数無制限!月8,000円から学べる人気スクールの講座!オンラインでも通学でも受講可能!
    公式サイトから無料のオンライン説明会予約
  4. MOOCRES(ムークリ)
    オンライン講座が見放題!超少数・密着型で超実践型の編集技術が学べる!

    公式サイトから無料相談・無料体験会に予約
  5. MOVA(ムーバ)
    起業/独立・フリーランスに特化したスクール!講師は第一線で活躍しているクリエイター
    公式サイトから無料説明会に予約

まずはこの5つのスクールから2〜3つ程度、無料説明会や無料体験を申し込んでみましょう!最後は自身で比較して決めていきましょう!

>>おすすめランキングを見る
>>比較表を見る

動画編集スクール
おすすめ人気ランキング
特長料金受講形態期間解説記事
studio US

studio US

公式サイト

当サイトから最も無料説明会の予約が多いスクール!
・未経験から始めるオンラインスクール
・自分の好きな時間に学習できる
・一生使える動画編集スキルが身につく
・講師がチャット対応で常時質問受付
・フリーランスとして独立を目指せる
・55,000円〜
※月4,584円〜
・オンライン型studio US
評判・口コミ
デジハク(総合動画クリエイターコース)<br /><noscript><img src=

注目デジハク
DIGITAL HACKS

公式サイト

注目相談予約が急増中!
・未経験者を対象にしたスクール
・24時間好きな時間に受講・学習
・基礎からしっかり学べる
・副業/独立サポート
・業界最安級のオンラインスクール
月々6,100円(税込)〜・オンライン型無制限デジハク
評判・口コミ
ヒューマンアカデミー 動画クリエイター講座

ヒューマンアカデミー
動画クリエイター講座

公式サイト

説明会予約が当サイトで最多!
・現役動画クリエイターが監修
・質問回数無制限、映像見放題
・オンラインでも通学でも受講可能
・未経験から動画業界へ転職したい方
・Premiere Pro/After Effects/Photoshop等
・月々8,000円~
・入学金11,000円
・オンライン型
・通学型
・6か月
・12ヶ月
ヒューマンアカデミー
動画クリエイター講座の
評判・口コミ
MOOCRES(ムークリ)

MOOCRES
(ムークリ)

公式サイト

・動画クリエイターへの最短ルート
・プロが教える動画編集スクール
・少人数の超実践型指導
・無制限オンラインサポート
・生徒は最大15人
・660,000円・オンライン型
・通学型
・5ヶ月MOOCRES(ムークリ)の
評判・口コミ
MOVA |フリーランスの動画クリエイターになれる学校

MOVA

公式サイト

・起業/独立・フリーランスに特化したスクール
・講師は第一線で活躍しているクリエイター
・課題動画制作やチームでの撮影中心
・オフライン✕少人数の授業
・ゴールは実案件の受注と制作
・660,000円
※月々26,800円〜
・オンライン型
・通学型
・12ヶ月MOVA(ムーバ)の
評判・口コミ
デジタルハリウッド STUDIO by LIG

デジハリ STUDIO
by LIG

公式サイト

・3ヶ月で映像の基礎がすべて身につく
・トレーナーは映像業界の現役
・企画やシナリオ作りなどの技術も習得
・就職や転職までサポート
・月に一度行われるLIVE授業
・66,000円
※動画エディター講座
・オンライン型
・通学型
・1ヶ月〜デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの
評判・口コミ
TechAcademy 動画編集コース

TechAcademy
動画編集コース

公式サイト

・Premiere Proで動画編集スキル習得
・週2回のマンツーマンメンタリング
・毎日のチャットサポート
・回数無制限の課題レビュー
・現役動画クリエイターがメンター
・4週間 174,900円
・8週間 229,900円
・12週間 284,900円
※月々約7,288円〜
・オンライン型・4週間
・8週間
・12週間
TechAcademy
動画編集コースの
評判・口コミ
セカジョブ

セカジョブ

公式サイト

・動画編集で副業を目指すスクール
・講師は、実際に動画編集で稼いでいる人
・動画編集スキルで、副業を始めたい方
・オンラインで受講完結
・挫折させないサポート体制
・3ヶ月 250,800円
※月々10,450円
・6ヶ月 283,800円
※月々11,825円
・オンライン型・3か月
・6ヶ月
セカジョブの
評判・口コミ
YouTubeに特化した動画編集講座MovieHacks(ムービーハックス)

MovieHacks

公式サイト

・YouTube特化型の動画編集講座
・短期間で動画編集スキルが身につく
・LINE@で無制限で質問可能
・受講後、案件紹介してもらえる
・Adobe premiere Proが学べる
・69,800円・オンライン型Movie Hacksの評判・口コミ
レバレッジエディット

レバレッジエディット

公式サイト

・ガンガン仕事が舞い込む動画編集者へ
・プロの編集を完全再現のカリキュラム
・徹底した高単価の案件獲得サポート
・講座受講生は会員限定グループへ参加可能
・編集、エフェクト素材、プロの添削等あり
・59,980円・オンライン型レバレッジエディットの
評判・口コミ
クリエイターズジャパン

クリエイターズジャパン
プレミアプロ講座

公式サイト

・初心者目線の分かりやすい動画講義
・1日1時間で学習できるスキマレッスン
・ロジックで実践するカリキュラム
・豊富なオリジナルテンプレート
・動画編集スキルで稼ぐ方法も解説
・79,800円・オンライン型・無制限クリエイターズジャパンの
評判・口コミ
ヒューマンアカデミー たのまな

ヒューマンアカデミー
たのまな

公式サイト

・映像制作のプロフェッショナルを目指す!
・副業を始めてさらにお金を稼ぎたい方
・PremierePro/After Effectsが学べる
・メールで無制限に質問可能
・Adobe Creative Cloudライセンス付き
・150,400円・オンライン型・6か月準備中
KAIZEN School

KAIZEN School

公式サイト

・実戦から生まれたオンラインスクール
・3ヶ月でプロの動画クリエイターを目指す
・現役動画クリエイターが講師
・Premiere Pro/After Effectsが学べる
・「KAIZEN Ad」のナレッジが手に入る
・264,000円オンライン型・・3ヶ月KAIZEN Schoolの
評判・口コミ
OneSe Personal

OneSe Personal

公式サイト

・実際に講座を通して1本の動画を制作
・カリキュラムはオーダーメイド
・講師は受講生専属のプロ映像クリエイター
・最短・約2ヶ月で動画制作が学べる
・受講生の専用チャットでオペレーター対応
・220,000円・オンライン型・2ヶ月〜準備中
OneSe Personal

Udemy
映像制作コース

公式サイト

・セール対象の場合90%OFFあり
・30日返金保証
・無制限に動画閲覧可能
・お得な価格で動画編集、映像制作が学べる
・他の受講生のレビューが見れる
動画による・オンライン型・ーUdemy 映像制作コースの
評判・口コミ
MOOV SCHOOL

MOOV SCHOOL

公式サイト

・最短でプロの技術を習得
・1講習(60分)6,000円で受講可能
・受講日時の自由
・完全オリジナルのカリキュラム
・バラエティ豊かな講師陣がマンツーマンで指導
・6,000円~・オンライン型・1ヵ月~準備中
MOOV SCHOOL

Winスクール

公式サイト

・プロ並みの映像編集スキルを習得
・CM映像やWeb映像の技術を習得
・クリエイター認定試験の一発合格率93%
・働きながら通いやすい受講形態
・1週間に何回でも受講可能
・118,800円・オンライン型
・教室型
・20時間準備中

動画編集コラム
動画編集の需要や将来性
動画編集で稼げる人の特徴を徹底解説
動画編集の楽しい点や魅力、やりがい
動画編集は簡単!難しい理由と克服する方法
動画編集を独学で学ぶ具体的方法
動画編集案件の探し方・取り方【案件獲得のコツ&未経験OK】
動画編集の副業の始め方と収入を得る具体的方法【未経験・初心者向け】
動画編集・映像制作で人気のおすすめ本 9選
大阪でおすすめの動画編集スクール5選

【関連記事】