独学で動画編集・映像制作を習得!具体的な勉強方法を解説

独学で動画編集・映像制作を習得!具体的な勉強方法を解説

本記事では動画編集スキルを身に着けたい方向けに独学で学習する具体的な方法を解説していきます!

【完全解説】動画編集スクール・教室おすすめ9選!未経験でも動画編集・映像制作スキルが身につくので転職や副業、独立に有利!【YouTubeで稼ぎたい方も必見】【おすすめ】動画編集スクール・講座比較ランキング17選|社会人でも通えるオンラインスクール・専門学校【料金・口コミ】

動画編集を習得するには独学とスクールどちらが良い?

動画編集を習得するには独学とスクールどちらが良い

動画は配信サービスやSNSの普及により、私たちの生活において身近なものになりました。動画に対する需要が増えていることに伴い、「動画編集」という言葉を最近よく耳にすると感じる方もいるはずです。しかし、いざ自分で動画編集の勉強をしたいと思ったとしても、学習の仕方が分からないという方もいるでしょう。動画編集のスキルを習得するには、いくつかの方法があります。興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

学習を始める前に、まずは動画編集に必要な資格や学習の目的について、理解しておきましょう。大まかに概要を把握しておけば、自分が目指したい目標を明確に設定できるため、イメージがしやすく学習も捗ります。

動画編集では、必要となる資格もしくは取得すべき資格などはありません。動画編集を趣味として行うときはもとより、仕事として携わる場合でも、求められるものはスキルや知識です。

そのため動画編集について学ぶときも、基本的な知識やスキルの習得などを目的として学習を進めていきます。ちなみに、映像系の資格でいえばCGクリエイター検定がありますが、CGを使用しない動画もよくあるため、必ずしも必要な資格というわけではありません。

動画編集の学習をする際には、大きく分けて2つの方法があります。市販の本や教材を利用して独学で学ぶやり方と、専門のスクールを活用して学ぶやり方です。よく「どちらの学習方法が良いか」ということが取り上げられますが、一概にどちらが良いとはいえません。それぞれにメリットとデメリットがあり、自分に合った学習方法は人によって異なるためです。

スキルを効率よく習得するには、それぞれの特徴を把握し、自分に合った学習方法を見つけることが大切です。まずは、どういった形で学んでいくのかなど、学習の仕方や流れについて具体的に知っておきましょう。

動画編集を独学で学ぶ方法

動画編集を独学で学ぶ方法

動画編集を独学で学ぶにあたり、はじめに特徴を理解しておきましょう。学習方法として、独学は難しいと思われがちです。しかし、悪いことばかりではありません。コストを抑えることができたり、自分のペースで学習できたりと、メリットも存在します。また、人によっては、独学の方が勉強しやすいと感じる方もいます。

学習は、自分に合ったやり方で進めることがもっとも効率的です。いざ独学をしてみると、自分にマッチするかもしれません。自分に適した学習方法を探すために、独学についても理解しておくことが必要です。まずは、独学で学ぶ方法を知っておきましょう。

独学方法①:動画編集を本で学ぶ

独学で学習を進めるにあたり、最も身近で代表的な手法です。動画編集に関する本は、様々な種類のものが販売されており、書店やネットを通じて手軽に入手できます。手軽さに加えて、日本の学校においては基本的な学習方法であるため、馴染みがあり取り組みやすい手法です。また、内容が一冊にまとめて解説されているため、全体像のイメージがしやすく、初心者でも学習しやすい方法だといえるでしょう。

【厳選9選】動画編集・映像制作が学べるおすすめ本を9選紹介【みんな買う】動画編集・映像制作の勉強で人気のおすすめ本 9選

本による学習は、コストを抑えることができることが最大のメリットです。加えて、持ち運びがしやすく、通勤や通学の移動中など、手軽に場所を選ばずに学習できます。また、本は機械ではないので、インターネット環境も必要ありません。

本で学習するときは、本の選び方が重要です。自分が学びたい内容と違う本を買っても、必要なスキルは身に付きません。また、本選びをする際には、知っておきたい注意点があります。購入を検討するときには、以下の3つの点に気を付けましょう。

まず1つ目は、「情報は最新のものであるか」の確認が必要です。作業に使用するソフトなどは定期的にアップデートされるため、最新の情報でないと参考にならない場合があります。特に初心者の場合、本に載っている図解と実際の画面に違いがあると、混乱しやすく学習も捗りません。購入するときは、出版年度などを確認するようにしましょう。

「自分が作業をする予定のソフトに対応しているものか」も注意しておきたい点です。操作の仕方や編集方法は、使用するソフトによって異なります。そのため、作業予定のソフトとは違う内容の本を買って来ても、勉強にならず、買い直しなどの余計なコストも掛かってしまいます。どのソフトについて学習できる本なのか、購入前には必ず確認しましょう。

【2021年】動画編集・映像編集おすすめPCソフト有料・無料10選【みんな使う】動画編集・映像編集おすすめPCソフト有料・無料10選

「自分にとってわかりやすい内容であるか」も注意すべき点です。どれだけ売れ筋の本だとしても、自分にも分かりやすいとは限りません。自分が学習しやすい内容でないと、理解するまでに時間が掛かり、学習も捗らなくなってしまいます。本を購入するときには、できるだけ内容を確認して、自分にとって分かりやすいものを購入することが大切です。ページをめくって内容を確認したり、ネットであればサンプルを見たりして、きちんと内容を確認するようにしましょう。なお、図解が分かりやすい本だと、知識の浅い方でもイメージしやすいため、初心者の方にはおすすめです。

独学方法②:動画編集を学習サービスで学ぶ

学習サービスとは、オンラインを活用した学習方法のひとつで、おもに講師と受講者をマッチングするサービスのことです。講師は登録したサイトに講義動画などを提供します。受講者は利用したい学習サービスの中から、自分が希望するものを好きに選んで学習できます。動画編集の学習においては、YouTubeで公開されている解説動画、およびUdemyの学習用プラットフォームなどが、よく知られている学習サービスです。

学習サービスは、動画のため知識の浅い方でも、イメージしやすく分かりやすいことがメリットです。本は言い回しや使用される言葉によっては理解が難しいときがあります。図も動かないため、頭のなかだけでイメージしなければなりません。動画であれば、視覚として捉えることができ、イメージもしやすいため、理解もしやすくなります。

また、ほとんどの学習サービスが、PCやスマホで手軽に利用可能です。スマホを利用するのであれば、持ち運びがしやすく、場所を選ばずに学習できます。本と比べても、かさばりにくく、荷物にならないことも良い点です。

さらに、学習期限などが設定されていないサービスも多く、自分のペースで学習できることもメリットです。スクールなどでは、動画の視聴に期限が決められていることがあります。対して、学習サービスでは制限がありません。そのため、実践スタート後に困ったことがある場合にも、動画を見れば解決に役立てることができます。

学習サービスの種類も多くなっているため、自分に合ったサービスを探すと、勉強の効率にもつながります。比較サイトなどを活用して情報収集をしてみるもの良いでしょう。

独学方法③:動画編集スクールで学ぶ(実はスクールも基本独学)

スクールで学ぶこともおすすめの方法です。「独学なのにスクール?」と疑問に感じる方もいると思いますが、実際にはスクールも独学の要素を強く含んでいます。

【完全解説】動画編集スクール・教室おすすめ9選!未経験でも動画編集・映像制作スキルが身につくので転職や副業、独立に有利!【YouTubeで稼ぎたい方も必見】【おすすめ】動画編集スクール・講座比較ランキング17選|社会人でも通えるオンラインスクール・専門学校【料金・口コミ】

動画編集を専門としたスクールの場合、一般的な短大や専門学校などと違い、講義が頻繁に開かれません。特に受講がオンライン型のみというスクールだと、配信されている動画をもとに自分で学習に取り組みます。学習するなかで分からないことがあれば、メールやチャットで質問すると、講師が解説を返信してくれます。動画編集のスクールでは、このような形式で学習を進めることが一般的です。

カリキュラムなどはスクールが組んでくれますが、実際の細かな学習計画は自分で立てなければなりません。そのため、自分できちんと計画を立て積極的に行動しないと、勉強についていけず挫折してしまう可能性があります。実際に、独学の要素が強いことを理解しないままスクールに入学し、モチベーションが保てずに挫折する方は多くいます。そういった事態に陥らないためにも、スクールの特徴などはしっかりと理解しておきましょう。

一方で、スクールではプロが的確に指導してくれるため、レベルの高いスキルを習得できることがメリットです。動画編集に関わろうとする方のなかには、継続した収入を得られるようなクオリティの高い動画を目指す方もいるでしょう。質の高い動画を制作するには、ハイレベルな編集スキルが必要です。

しかし、本などによる学習だけでは、ハイレベルなスキルを身に付つけるのは難しいでしょう。対して、スクールでは講師が高度なスキルを丁寧に指導してくれます。学ぶ内容についても実践的なカリキュラムが組まれているため、仕事で即戦力として活躍できるようなレベルの高いスキルを習得することも可能です。

また、多くのスクールでは、受講者が質問しやすいように電話やメールなど、フォロー体制が充実しています。しかし、一部のスクールでは選択するコースによって質問に回数制限が設けられていることもあります。加えて、都合に合わせてカリキュラムを組んでくれるスクールも多く、働きながらでも学習が可能です。

通う際には、自分に合ったスクールを選ぶことが必要になります。趣味なのか、副業やフリーランスとして携わるのかなどで選ぶべきスクールが異なるからです。仕事として動画編集をしたい場合は、応募のときに重要となるポートフォリオの作成方法や動画広告の制作など実践的なスキルを学べるスクールがおすすめです。中には、求人など就職先や仕事を紹介してくれるスクールもあります。加えて、都合に合わせてカリキュラムを組んでくれるスクールも多く、働きながらでも学習が可能です。

独学したい方が動画編集をスクールで学ぶメリット

動画編集をスクールで学ぶメリット

本来、動画編集はプログラミングなどと違い、簡単な作業であれば独学でも学ぶことが可能です。「資格が必要ない」および「低コストで始められる」など、これまでは誰でも始めやすいことが魅力のひとつでした。

しかし、近年では動画に対する需要の増加に伴い、編集スキルに関しても高いレベルが求められています。このような現状において、独学でのスキルアップに限界を感じる方も多いようです。実際にネット上でも、「独学でも稼げると思いフリーランスになったが、思ったより稼げず独学の限界を感じた」といった意見があります。なかには稼げるスキルを身に付けるために、スクールを活用する方も少なくありません。

動画編集のスクールは年々増えており、特徴もスクールごとに様々です。例えば、従来のスクールにおける学習方法は、オンラインのみで講義が行われるやり方が主流でした。しかし、学習する方のなかには、従来の専門学校や塾のように、教室で学習したい方もいるでしょう。近年では、このような利用者のニーズに応えるべく、土日にオフラインで講義が行われる通学型のスクールも増えています。加えて、平日は仕事がある社会人の方でも参加がしやすく、気軽に動画編集を学べます。このように、開設されているスクールには様々な特徴があります。

なお、効率よく編集スキルを身に付けるためには、自分の目的などに適したスクール選びが重要です。動画編集に関しては、自分が目指すものや目的によって、学ぶべき内容が異なります。そのため、自分の目指す内容があまり学習できないスクールを利用しても、必要なスキルは身に付きません。スクール選びに失敗しないためにも、はじめにスクールで動画編集を学ぶメリットについて、理解しておきましょう。メリットを上手く活かすことができれば、効率よくスキルアップを目指せるだけでなく、スクール選びの目安にもできます。

動画編集を独学で学ぶ素材が豊富

スクールでは、素材が豊富に用意されていることが、メリットのひとつといえるでしょう。動画編集を行うにあたり、素材選びはとても重要な作業です。動画は使用する素材によって、完成度が大きく左右されます。クオリティーの高い動画を作成しようとすると、素材の量を確保しなければなりません。

素材が少ないと表現できることも限られてくるため、自分が満足のいく完成度を目指すことが難しくなります。当然、編集スキルの向上にもつながりません。動画編集スキルを磨くためには、素材探しおよび量の確保などが重要なポイントです。

スクールを利用しない独学の場合だと、自分で一から素材探しをしなければなりません。ネット上には、フリー素材と呼ばれる無料で活用できる素材があります。著作権がない素材もあり、提供しているサイトを通じて利用できます。フリー素材を活用すれば、独学でもある程度の素材集めが可能です。

しかし、仕事として活用できるハイレベルなスキルを目指す場合には、フリー素材だけでは限界があります。無料のサイトの場合、利用できる素材の個数に上限が設けられていることがあり、素材の量が確保できません。加えて、クオリティーの高い素材であれば有料の場合がほとんどです。そのため、質の高い素材をそれなりの量を確保するとなると、コストがかさんでしまい、独学のメリットが活かせなくなります。

対して、動画編集スクールでは多数の素材が提供されています。フリー素材よりも質が高いものが多く、カテゴリーも多岐にわたるため、自分の求める素材も見つけやすいです。もちろん、素材によって追加費用が掛かることもありません。素材の量もしっかりと確保できるため、クオリティーの高い動画を追及できます。結果的には、ハイレベルなスキルを身に付けることにもつながります。そのため、仕事として動画編集に関わりたいなど、本格的に編集スキルを学ぶときには、スクールの利用がおすすめです。

動画編集を最短で身に付けるカリキュラムがある

必要なスキルを最短で身に付けられることも、スクールで学ぶメリットです。独学からスクールに学習方法を切り替えた方の多くが、「短期間でスキルを身に付けられた」と感じているようです。独学の場合だと、全てを一から自分で調べなければならず、労力と時間を消費してしまいます。結果的には、スキルアップするにも時間が掛かることが大半です。

対してスクールでは、必要な情報やスキルをプロの講師が的確に教えてくれます。自分で調べる労力と時間も削減できるため、独学より多くのスキルを短時間で身に付けることが可能です。また、複雑な内容も分かりやすく解説してくれるため、理解がしやすく効率よく学習を進められます。さらには、講義の内容も日々アップデートされているので、最新の情報や技術を取り入れながら学習することが可能です。

ただし、スクール選びには注意が必要です。スクールでは、編集スキルを最短で身に付けられますが、カリキュラムの内容はスクールごとに異なります。より実践的なスキルを身に付けるには、自分の目的に沿ったカリキュラムで学ぶことが効率的です。

例えば、アニメーション動画の制作に携わりたい場合には、アニメーションに関する内容が充実しているカリキュラムがおすすめです。一方で、実写の動画にこだわりたい方は、実写動画のカリキュラムが充実しているスクールを探すと、効率的にスキルアップできるでしょう。

他にも、より短期間で動画編集を学べるスクールも存在します。おもには、すでに動画編集に携わる方などを対象としたカリキュラムです。編集ソフトの使用方法や基本スキルを、ピンポイントで重点的に学習できます。

なお、動画編集で稼ぎたいと考えている方には、企画から撮影まで学べるようなスクールがおすすめです。動画制作に関わる一連の工程を学ぶことができ、より稼げるスキルを身に付けることができます。実践的なスキルが身に付くと、動画編集だけでも収入を得ることは可能です。

しかし、企画や撮影から携わることができれば、更なる収入アップも期待できます。副業などで動画編集に携わる場合、編集だけでなく企画や撮影から受注すれば、単価が数倍になることがあるためです。単価が上がると収入アップにもつながります。そのため、フリーランスとして動画編集を目指す方には、適したスクールだといえるでしょう。

動画編集の独学で躓いても講師に聞きたい時に質問できる

学習で躓いたときにプロに質問できることも、スクールを利用するメリットです。独学で学習を進める場合、スケジュールや学習内容に関しても、すべて自分一人で決めなくてはなりません。しかし、初心者の場合だと、何をどう学べばいいのか分からず、抜けや誤った解釈をしてしまうことはよくあります。

また、作業中に疑問を感じると、作業を中断して解決策を調べなければなりません。いちいち作業を中断しなければならず、労力と時間が掛かります。思うように学習が進まないと、モチベーションの維持も難しくなり、挫折してしまう方もよくいます。

対してスクールであれば、講師が動画編集に必要なカリキュラムを組んでくれます。学習内容についても、動画編集に関するプロが的確な内容を提供してくれるため、抜けや誤って解釈するなどの恐れもありません。また、作業中に感じた疑問点や質問には、レスポンス良く解答してくれます。

すぐに問題を解決できるため、学習をスムーズに進めることが可能です。実際にスクール利用した方には、「講師の方へすぐに質問できる環境が整っているため、学習しやすい」といった声もあります。効率よく学習が進めば、モチベーションも維持しやすく、挫折する可能性も低くなるでしょう。

より実践的なスクールでは、独学だけでは学ぶことが難しい内容も講師に聞くことができます。業界内のマナーや稼ぐためのコツなどといった実践的な知識を学ぶことが可能です。これらは、仕事として動画編集に携わりたい方に、とても有益な情報です。動画編集の業界に関する裏話は、独学では耳にするきっかけが少ないため、スクールならではのメリットだといえます。実践的な知識について気になることがある場合にも、積極的に質問すると良いでしょう。

動画編集を独学で学ぶ際の注意点

動画編集を独学で学ぶ際の注意点

スキルを習得するには、どうしても一定の時間が掛かります。設定する目標が高ければ、より時間が必要となるでしょう。一定のスキルを自分のものにするためには、習得するまでの期間、モチベーションを維持する必要があります。ですが、モチベーションを保ち続けるのは、容易ではありません。動画編集に限らず、途中で学習を諦めてしまうおもな原因は、モチベーションの維持ができず、挫折してしまうからです。

独学の場合だと、モチベーションの維持がより重要となります。独学では人に頼る機会が少なく、全てを自分で管理しなければなりません。仲間がいれば助け合うことも可能ですが、独学の場合だと困ったときも、自分で解決策を見つける必要があります。学習に躓くことが頻繁に起きるなかで、モチベーションを保ち続けるのは非常に困難だといえます。

そのため、スキルを独学で学ぶときには、モチベーションを維持するための対策を立てる必要があります。モチベーション維持は、とても大変なことです。対策もなしに独学をしてしまうと、失敗する可能性が高いといえます。独学を成功させるためには、モチベーションの維持が重要です。これから動画編集を独学で学ぼうとしている方は、ぜひ参考にしてください。

独学の注意点①:継続できる工夫をする

独学で動画編集スキルを習得するためには、学習を継続できる工夫が必要になります。特に高度なスキルは短期間で身に付けることが難しいため、継続して学んでいくことが重要です。おすすめの工夫としては、細かく計画を立てることが挙げられます。

独学の場合は、自分で学習計画を立てる必要があります。きちんとした学習計画を立てないと、いつまでもスキルは身に付きません。また、大雑把に計画を立ててしまうと、進捗状況が分かりづらく、モチベーション維持も難しくなります。計画を立てるときは、「半年後までにカットのスキルを習得する」など明確な内容を意識することがポイントです。

計画を立てたら、スケジュール管理も取り入れたい工夫のひとつといえます。綿密な計画を立てても、スケジュール管理が甘いと、「明日からでいいか」など先延ばしになりがちです。するとせっかく立てた計画が狂いやすくなってしまいます。計画が狂い始めると、やる気が起きず、勉強することが面倒くさいと感じてしまう可能性があります。実際に、最初はやる気があって積極的に学習に取り組んでいても、モチベーションを保てず、学習を辞めてしまう方は多いです。自分に無理のない範囲で計画を立て、スケジュール管理をするとモチベーションを保ちやすいでしょう。

なお、継続して学習するためには、定期的に気分転換することも大切です。学習を進めていくと、上手くいかないこともあり、気分も落ち込みやすいでしょう。そういった場合は、思考が整理できず学習も捗らないケースがほとんどです。無理に学習を進めても、さらに上手くいかないという悪循環に陥ってしまいます。そういったときは、学習から離れてリフレッシュしてみるとよいでしょう。気分転換ができると、思考が整理でき、モチベーション維持にもつながります。結果的に学習も捗るようになります。特に、学習に躓いたときなどには取り入れるようにしましょう。

独学の注意点②:動画編集を学ぶ目的を明確にしておく

動画編集を独学で学ぶときは、目的を明確にさせておくことが大切です。学ぶ目的は明確に設定しておかないと目指すべき方向性を見失い、どのように学習してよいか分からなくなってしまいます。学習が捗らないと勉強する意欲も湧かず、途中で挫折することになりかねません。まずは学習を始める前に、学ぶ目的をきちんと設定することからはじめましょう。

目的を定めるときにもポイントがあります。はじめにおさえておきたいことが、目的の内容についてです。目的の内容次第で、学習に対する姿勢や気持ちに大きく影響を与えます。自分の将来へどのように活かしたいか、何のために動画編集を独学すると決めたのかなどを、明確にしておきましょう。また、生活に関わる事柄などを目的とすると、思い返しやすいためおすすめです。結果として、自然とモチベーション維持にもつながります。

目的を明確に定めたら、小目標を立てましょう。目的達成のためには、段階を追って学習に取り組むことも必要です。小目標を立てると進捗管理ができるため、モチベーションの維持もしやすくなります。目的という大きな枠の目標だけでは、目的にたどり着くための道のりがイメージしにくく、モチベーションの維持も困難です。小さな目標を立てることで、達成するごとに達成感を味わうことができ、モチベーションの低下を防げます。加えて、コツコツと目標をこなしていくことでスキルが身に付くため、更なる意欲の向上にもつながります。

小目標まで設定したあとは、普段からの意識づけも忘れずに行いましょう。せっかく目的などを設定しても、頭から抜けているようだと目的を明確にした意味がなくなってしまいます。日常生活のなかで、視界に入りやすい場所などに目的を貼りだしたり、周りに目標を周知させたりすると良いでしょう。意識づけをするためには、忘れないような環境を整えることが大切です。

独学の注意点③:独学なので自分で壁を乗り越える心構えが必要

独学をしようとするときは、自分の心構えが重要です。独学は誰かに頼る機会も少ないため、困ったときなども一人で立ち向かわなければなりません。独学には、「独学の壁」という言葉があるほど様々な課題が出てきます。目的を達成するには、この壁を自分で乗り超える力が必要です。しかし、壁を乗り越えるのは容易なことではありません。壁を乗り越えるためには、対策を立てるなどの準備が大切です。学習を進めていくなかで、自分の課題となりそうなことを予測しておき、立ち向かうための心構えを形成しておきましょう。

心構えを形成するには、知っておきたいコツがあります。心構えはきちんと形成しておかないと、壁を乗り越えることができず、挫折する可能性も高くなります。挫折することがないように、心構えはしっかりとしておきましょう。

まずは、メンタルを日ごろから鍛えておくことです。何事にも積極的にチャレンジしていき、壁にぶつかることに慣れておけば、独学で壁に直面したときも動じずに済みます。加えて、壁にぶつかるたびに解決策を探すことになるため、対応力も身に付きます。結果的には、自信を持って独学にチャレンジできるなど、心構えの形成にもつながります。

次に、周りの環境を変化させていくのも、心構えを形成するうえで大切なことです。独学は孤独を感じる機会も多く、継続するのが辛いと思うこともあるでしょう。こういった場合に、支えとなるものがあれば、踏ん張ることができるかもしれません。このように、周りの環境を整えることは、独学の壁を乗り越えるうえで重要だといえます。

環境を整えるおすすめの方法としては、仲間づくりがあります。なかでも、似たような環境に置かれた仲間がいるとベストです。競争心も芽生え、お互いに高め合える存在になれるでしょう。すると、自分の壁も乗り越えやすくなります。また、自分のことを理解してくれる仲間も大切です。壁を乗り越えるのは大変ですが、仲間の手を借りることによって、乗り越えられるかもしれません。加えて、「支えてくれた仲間のために頑張らなくては」など、モチベーションの維持にもなります。このように、周りの環境を整えていくことで、自然と心構えも形成されていきます。独学を始めるときは仲間探しなど周りの環境整備も、併せて行うようにしましょう。

独学で学びたい方におすすめしたい動画編集スクールまとめ

動画編集スクール
おすすめ人気ランキング
特長料金受講形態期間解説記事
studio US

studio US

公式サイト

当サイトから最も無料説明会の予約が多いスクール!
・未経験から始めるオンラインスクール
・自分の好きな時間に学習できる
・一生使える動画編集スキルが身につく
・講師がチャット対応で常時質問受付
・フリーランスとして独立を目指せる
・55,000円〜
※月4,584円〜
・オンライン型studio US
評判・口コミ
デジハク(総合動画クリエイターコース)<br /><noscript><img src=

注目デジハク
DIGITAL HACKS

公式サイト

注目相談予約が急増中!
・未経験者を対象にしたスクール
・24時間好きな時間に受講・学習
・基礎からしっかり学べる
・副業/独立サポート
・業界最安級のオンラインスクール
月々6,100円(税込)〜・オンライン型無制限デジハク
評判・口コミ
ヒューマンアカデミー 動画クリエイター講座

ヒューマンアカデミー
動画クリエイター講座

公式サイト

説明会予約が当サイトで最多!
・現役動画クリエイターが監修
・質問回数無制限、映像見放題
・オンラインでも通学でも受講可能
・未経験から動画業界へ転職したい方
・Premiere Pro/After Effects/Photoshop等
・月々8,000円~
・入学金11,000円
・オンライン型
・通学型
・6か月
・12ヶ月
ヒューマンアカデミー
動画クリエイター講座の
評判・口コミ
MOOCRES(ムークリ)

MOOCRES
(ムークリ)

公式サイト

・動画クリエイターへの最短ルート
・プロが教える動画編集スクール
・少人数の超実践型指導
・無制限オンラインサポート
・生徒は最大15人
・660,000円・オンライン型
・通学型
・5ヶ月MOOCRES(ムークリ)の
評判・口コミ
MOVA |フリーランスの動画クリエイターになれる学校

MOVA

公式サイト

・起業/独立・フリーランスに特化したスクール
・講師は第一線で活躍しているクリエイター
・課題動画制作やチームでの撮影中心
・オフライン✕少人数の授業
・ゴールは実案件の受注と制作
・660,000円
※月々26,800円〜
・オンライン型
・通学型
・12ヶ月MOVA(ムーバ)の
評判・口コミ
デジタルハリウッド STUDIO by LIG

デジハリ STUDIO
by LIG

公式サイト

・3ヶ月で映像の基礎がすべて身につく
・トレーナーは映像業界の現役
・企画やシナリオ作りなどの技術も習得
・就職や転職までサポート
・月に一度行われるLIVE授業
・66,000円
※動画エディター講座
・オンライン型
・通学型
・1ヶ月〜デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの
評判・口コミ
TechAcademy 動画編集コース

TechAcademy
動画編集コース

公式サイト

・Premiere Proで動画編集スキル習得
・週2回のマンツーマンメンタリング
・毎日のチャットサポート
・回数無制限の課題レビュー
・現役動画クリエイターがメンター
・4週間 174,900円
・8週間 229,900円
・12週間 284,900円
※月々約7,288円〜
・オンライン型・4週間
・8週間
・12週間
TechAcademy
動画編集コースの
評判・口コミ
セカジョブ

セカジョブ

公式サイト

・動画編集で副業を目指すスクール
・講師は、実際に動画編集で稼いでいる人
・動画編集スキルで、副業を始めたい方
・オンラインで受講完結
・挫折させないサポート体制
・3ヶ月 250,800円
※月々10,450円
・6ヶ月 283,800円
※月々11,825円
・オンライン型・3か月
・6ヶ月
セカジョブの
評判・口コミ
YouTubeに特化した動画編集講座MovieHacks(ムービーハックス)

MovieHacks

公式サイト

・YouTube特化型の動画編集講座
・短期間で動画編集スキルが身につく
・LINE@で無制限で質問可能
・受講後、案件紹介してもらえる
・Adobe premiere Proが学べる
・69,800円・オンライン型Movie Hacksの評判・口コミ
レバレッジエディット

レバレッジエディット

公式サイト

・ガンガン仕事が舞い込む動画編集者へ
・プロの編集を完全再現のカリキュラム
・徹底した高単価の案件獲得サポート
・講座受講生は会員限定グループへ参加可能
・編集、エフェクト素材、プロの添削等あり
・59,980円・オンライン型レバレッジエディットの
評判・口コミ
クリエイターズジャパン

クリエイターズジャパン
プレミアプロ講座

公式サイト

・初心者目線の分かりやすい動画講義
・1日1時間で学習できるスキマレッスン
・ロジックで実践するカリキュラム
・豊富なオリジナルテンプレート
・動画編集スキルで稼ぐ方法も解説
・79,800円・オンライン型・無制限クリエイターズジャパンの
評判・口コミ
ヒューマンアカデミー たのまな

ヒューマンアカデミー
たのまな

公式サイト

・映像制作のプロフェッショナルを目指す!
・副業を始めてさらにお金を稼ぎたい方
・PremierePro/After Effectsが学べる
・メールで無制限に質問可能
・Adobe Creative Cloudライセンス付き
・150,400円・オンライン型・6か月準備中
KAIZEN School

KAIZEN School

公式サイト

・実戦から生まれたオンラインスクール
・3ヶ月でプロの動画クリエイターを目指す
・現役動画クリエイターが講師
・Premiere Pro/After Effectsが学べる
・「KAIZEN Ad」のナレッジが手に入る
・264,000円オンライン型・・3ヶ月KAIZEN Schoolの
評判・口コミ
OneSe Personal

OneSe Personal

公式サイト

・実際に講座を通して1本の動画を制作
・カリキュラムはオーダーメイド
・講師は受講生専属のプロ映像クリエイター
・最短・約2ヶ月で動画制作が学べる
・受講生の専用チャットでオペレーター対応
・220,000円・オンライン型・2ヶ月〜準備中
OneSe Personal

Udemy
映像制作コース

公式サイト

・セール対象の場合90%OFFあり
・30日返金保証
・無制限に動画閲覧可能
・お得な価格で動画編集、映像制作が学べる
・他の受講生のレビューが見れる
動画による・オンライン型・ーUdemy 映像制作コースの
評判・口コミ
MOOV SCHOOL

MOOV SCHOOL

公式サイト

・最短でプロの技術を習得
・1講習(60分)6,000円で受講可能
・受講日時の自由
・完全オリジナルのカリキュラム
・バラエティ豊かな講師陣がマンツーマンで指導
・6,000円~・オンライン型・1ヵ月~準備中
MOOV SCHOOL

Winスクール

公式サイト

・プロ並みの映像編集スキルを習得
・CM映像やWeb映像の技術を習得
・クリエイター認定試験の一発合格率93%
・働きながら通いやすい受講形態
・1週間に何回でも受講可能
・118,800円・オンライン型
・教室型
・20時間準備中

動画編集コラム
動画編集の需要や将来性
動画編集で稼げる人の特徴を徹底解説
動画編集の楽しい点や魅力、やりがい
動画編集は簡単!難しい理由と克服する方法
動画編集を独学で学ぶ具体的方法
動画編集案件の探し方・取り方【案件獲得のコツ&未経験OK】
動画編集の副業の始め方と収入を得る具体的方法【未経験・初心者向け】
動画編集・映像制作で人気のおすすめ本 9選
大阪でおすすめの動画編集スクール5選

【関連記事】